1. Home
  2. プレゼント
  3. 髪もボディも元気になる「ドライヤー×美顔器」で全身ケア【プレゼント】

髪もボディも元気になる「ドライヤー×美顔器」で全身ケア【プレゼント】

21,185

640_480_hazelthompson_02-1

仕事が忙しくても、髪や肌が元気だとモチベーションが上がります。でも、毎日のお手入れはなるべく簡単にすませたい。そんな人におすすめなのが、ヘイゼル・トンプソンから発売された「エレクトロン(復元)ドライヤー HH-1128。髪だけでなく全身ケアが可能で、顔やボディにも使えるハイブリッドなドライヤーです。

ドライヤーの吹き出し口には、特殊な2枚のセラミックフィルターを搭載。赤外線とマイナスイオンが放射され、髪を乾かしながらケアすることができます。このフィルターには、赤外線の放射率を98%まで高める独自原料「シンセティック・ルビーパウダー」が練り込まれ、高い効果を感じられる設計に

さらに、プロ仕様のパワフルな風量を備え、低温で素早く乾かしてくれます。そのため、従来のドライヤーのように、高温の熱風が髪を傷める原因に、なんてことが起きません。左右に振らずに風をまっすぐ髪に当てるだけで、キューティクルを整え、潤いとツヤのある髪に仕上がります

640_420_hazelthompson-1

もちろん、顔やボディのケアにも抜群の効果を発揮。ボディケアとして使用するときは、電源スイッチを「LOW」に合わせ、体から約10~15cmほど離して風を当てます。ドライヤーを離しすぎないように、しっかり風を当てるのがポイントです。熱くなりそうで心配になるかもしれませんが、肌を傷めない低温なので安心。フェイスラインやボディラインにそって往復させ、気持ちのいい温風でじっくり肌をあたためましょう。

筆者も実際に試してみましたが、使用後は顔がきゅっと引き締まり、二の腕はスッキリした印象がありました。なにより、温熱効果で血行が促進され、顔のむくみや肩こりが軽く感じられたのが嬉しかったです。

640_480_hazelthompson_image-1

顔や二の腕のほかにも、首・デコルテ・バスト・ひじ・ひざ・太ももなど、全身のケアが可能。ドライヤーひとつでこれほど多機能に使えるなんて驚きです。入浴やシャワーの後、髪を乾かすついでに簡単にボディケアできるので、忙しい女性のライフスタイルにもぴったりですね。薄着になる季節に向けて、フル活躍させたい逸品です。

今回は、この「エレクトロン(復元)ドライヤー HH-1128」を2名様にプレゼントします。

プレゼント詳細

商品詳細

  • 商品名:エレクトロン(復元)ドライヤー HH-1128
  • サイズ:W228×D101×H181mm/715g
  • 価格:17,900円(税別)

↓応募はこちら↓

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    髪もボディも元気になる「ドライヤー×美顔器」で全身ケア【プレゼント】

    FBからも最新情報をお届けします。