1. Home
  2. キャリア
  3. 居場所をなくした私が、夢を叶えるまで。冒険家を生んだマインドセット・チェンジ

居場所をなくした私が、夢を叶えるまで。冒険家を生んだマインドセット・チェンジ

近年ビジネスの世界でも、「マインドセット」という言葉を耳にすることが増えてきました。マインドセットとは、“思い込み”や思考回路のクセのようなもの。壁にぶつかったとき「自分には変えられない」「女性だから」「この歳だから」と簡単にあきらめてしまうのも、ある種のマインドセットです。

2018年3月8日に開催された「HeForSheセミナー2018」では、「マインドセット・チェンジ」をテーマに有識者が登壇。20歳の時、世界最年少で北極点と南極点、世界7大陸最高峰すべて制覇する「エクスプローラーズ・グランドスラム」を達成した南谷真鈴(みなみや・まりん)さんが基調講演を行いました。

「HeForSheセミナー2018」に南谷さんが登壇

20180315_heforshe_minamiya

冒険家の南谷真鈴さん

「HeForShe」は、国連機関「UN Women」によるジェンダー平等のための連帯キャンペーン。「HeForShe」に賛同するユニリーバ・ジャパン、PwC Japanグループ、文京区およびUN Women日本事務所が共催する日本でのイベントは、今年で2回目になります。

南谷さんは、登壇者のひとりであるユニリーバ・ジャパン取締役・島田由香さんのラブコールに応じ、久しぶりに南アフリカから帰国。夢を叶えるためにどんな「マインドセット・チェンジ」が必要だったのかを真摯に語ってくれました。

自分の心の山を乗り越えたい

1996年生まれの南谷さんは、両親の仕事のため1歳半からアジア各地を転々。家では日本語、外では中国語、学校では英語という生活を送るうちに、自分の居場所とアイデンティティを見失ってしまったと話します。

「転機は13歳のとき。学校のプログラムでヒマラヤ山脈のアンナプルナに行き、自然によって自分が人間に戻ったような、初めての感覚をおぼえました。目の前には壮大なエベレスト。こんなに高い山に登ったら、自分のどんな心の山も乗り越えて、きっと自分を見つけられる……そう思ったんです」(南谷さん)

20180315_heforshe_minamiya_top

17歳で帰国後、エベレスト登頂の夢を叶えようと動き出した南谷さん。両親が離婚し、家族からの資金援助は望めないなか、学生寮から1日100通ペースで企業に支援を求めるメールを送り続けたそう。

「そのときのマインドセット・チェンジを振り返ると……当時は本当に、えんえんと続く真っ暗なトンネルにいるような気持ち。エベレストに登ったアルピニストの方にも会いに行きましたが、彼には『17歳の女子高生がエベレストに登れるわけがない、何を考えているんだ』と面とむかって言われました。

でも誰がなんと言おうと、資金がなかろうと、この夢だけは絶対にあきらめたくない。エベレストは私にとって“チケット”なんだと。そう決めたんです」(南谷さん)

考えは言葉になり、やがて運命になる

やがて少しずつ支援者が増え、集まった資金で登頂計画を進めていた矢先、日本でのトレーニング中に思わぬ事故が

「ちょうど3年前、2015年の3月7日でした。冬山で下山中、チームリーダーが『危ないから気をつけろ。足もとを見て、滑るかもしれないから』と言ったんです。私は不安を感じて下を見て、その瞬間……滑り落ちました」(南谷さん)

250メートル滑落し、死ぬかもしれないと感じたと南谷さん。30秒が30分に思えるようなスローモーションの時間のなか、なにかにすがるような気持ちで「ここは私が死ぬ場所じゃない!と叫んだ瞬間、ピタッと滑落が止まったのだそう。

20180315_heforshe_minamiya-1

「リーダーが悪いわけではないけれど、やはりあの言葉が滑落のきっかけとなり、『死なない』と叫んだことで生き延びられたと感じています。

マーガレット・サッチャーは『考えは言葉となり、言葉は行動となり、行動は習慣となり、習慣は人格となり、人格は運命となる』と言いましたが、本当にそう。自分の可能性は無限だと思い続けなければ今の私はいないし、資金を集めるときも自分のパッションが伝わらなければ、ドミノ倒しのように夢が実現されることはなかった。

マインドセット・チェンジは考えるところからはじまる。もっと自分を肯定する『できる』というニュアンスのある言葉を使ってほしいです」(南谷さん)

20180315_heforshe_minamiya1

モチベーションは上げるのではなく上がるもの

基調講演の半ばから、南谷さんの呼びかけで舞台に上がり、その言葉を引き出していた島田さん。もっとポジティブな言葉を使うべきという南谷さんの言葉に、大きく頷いていました。

「忘れがちだけど、自分が発する言葉や書いていることは、思った以上に自分に入ってきています。それが愚痴なら、ぜんぶ自分で取り込んでいることになる。リーダーならば、チームに語りかけるときは『ミスをするな』ではなく、やりたい・成し遂げたいことを目標にしていきたいですね」(島田さん)

20180315_uniliva_shimada1

ユニリーバ・ジャパン取締役の島田由香さん

島田さんが人事総務本部長をつとめるユニリーバ・ジャパンは、外資系でもあり、ジェンダーを問わず、自分らしい人生やキャリアを選ぶことを応援するという風土。「UN Women」がトップからジェンダー平等に向けて変革を起こすため、各国首脳10名・世界的企業のCEO10名・大学学長10名を「IMPACT10x10x10(インパクトテンバイテンバイテン)」として選出した際には、ユニリーバのグローバルCEO ポール・ポールマンも選ばれました。

「私も人事としていろいろなことをやるけれど、チームの見方と私の見方が違うこともある。みんなの意見を聞き、私自身も問いかけを受けるなかで、自分のなかにまだこんな思い込みがあったのかと、いつも気づかされています

みんな思い込みに気づかないで、ブレーキを踏んでいる。枠を決めちゃってるんですよね。自分にはやれないとか、こんなことをしたら失礼じゃないかとか……全然そんなことない。モチベーションは、上げるのではなく上がるもの。やりたかったら、やっちゃえばいいんです!」(島田さん)

20180315_heforshe_shimada1

始まったばかりの「HeForShe」でも、ほとんど手作りでイベントの企画・開催にコミットしているという島田さん。スタッフ全員で参加者に配る資料を組みながら、去年をはるかに超える1000人もの参加者を迎える喜びを実感したと話してくれました。

参加者ひとりひとりに、確かな手応えを残した「HeForShe」のメッセージ。まずは自分の心から変えてみよう、そう思わせてくれました。

20180315_heforshe_minamiya_shimada

HeForShe

Sponsored by ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社

撮影/中山実華(5、6枚目) 取材・文/田邉愛理

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今度は、ほぼチワワ。でも、吸引力に自信あり!

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    7. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    8. 働くひとの幸福を考えると、おのずと企業や社会が成長する理由

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 思わずため息。時を忘れるパール展

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    6. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    10. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    居場所をなくした私が、夢を叶えるまで。冒険家を生んだマインドセット・チェンジ

    FBからも最新情報をお届けします。