1. Home
  2. コミュニケーション
  3. “積ん読”はムダじゃなかった! 「アンチライブラリー」という考え方

“積ん読”はムダじゃなかった! 「アンチライブラリー」という考え方

1,346

20180310_library

読みたいと思って買った本。忙しい毎日では「積ん読」のままでなかなか読めずに罪悪感を感じた経験は、誰にでもあると思います。そして読まなかった本を手放すときも新たな罪悪感を感じてしまったり。

目からウロコの「アンチライブラリー」発想

「Inc.」の記事に、そんな罪悪感を一掃する発想が紹介されていました。

『反脆弱性』『ブラック・スワン』などの著作があるナシーム・ニコラス・タレブによると、読んでいない本がたくさんあってもかまわないそうです。彼はウンベルト・エーコが自宅に3万冊の本を持っていた例を挙げて、読んでいない本は自分が知らないことをリマインドしてくれる「antilibrary(アンチライブラリー)」だと呼んでいます。なんだかソクラテスの無知の知みたいですね。

そう考えてみると、本棚や電子ブックリーダーに未読の本がたくさんあっても罪悪感を感じる必要はなし。読んでいない本にも意味がある。まだ知らないことがあると教えてくれ、好奇心を刺激してくれるのです。

自分のアンチライブラリーを作る

20180310_library_1

この発想、気に入りました。とはいえ、「積ん読」のための予算もスペースも無限ではない。また、ミニマル派で最小限しか本を持たない人もいます。わたしは、週に1度は行っている公立図書館をアンチライブラリーに任命しました。足を運んだことのないセクションをのぞいて、気になった本はどんどん借りてみることにします。デジタルリストにも読むか読まないかにかかわらず気になる本を手当たりしだいに入れてみたり、電子ブックリーダーにダウンロードしてみたりと、場所をとらずに自分のアンチライブラリーを作ることはそんなに難しいことではありません。

「最近本を読む時間がとれないから」「まだ読んでない本がたくさんあるから」と、気になる新刊を先送りにしがちでしたが、これからはアンチライブラリーの発想で迷わず手にとってみることにします。

Inc.
photo by Getty Images

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    2. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    5. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    6. これからは「生き方が働き方」に。好きなことを仕事にしていくヒント

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「直感に従えば、必ず答えが見つかる」理由

    10. 雨だけど「髪、まとまってる! 」って歓喜したい

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    3. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    4. もしも部下が発達障害だったら?

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    7. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    8. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    8. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    9. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    10. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    “積ん読”はムダじゃなかった! 「アンチライブラリー」という考え方

    FBからも最新情報をお届けします。