1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「早く乾く」だけじゃなかったダイソンの最新ドライヤー[MASHING UP]

「早く乾く」だけじゃなかったダイソンの最新ドライヤー[MASHING UP]

MASHING UP/マッシングアップ

20180307_mu_dyson_exbn_7

2018年2月22〜23日にトランクホテルで開催されたビジネスカンファレンス「MASHING UP」。Unleash Yourself (自分自身を解き放とう)のテーマの下、多彩なセッションやワークショップが繰り広げられました。カフェグローブはイベントに密着取材、パワフルな現場の様子をレポートします!

筆者のまわりでも愛用者が増えてきて、いい評判しか聞かないダイソンのヘアードライヤーSupersonic™(スーパーソニック)。実力のほどを試してみたい! そんな好奇心を叶えてくれるエキシビションを見てきました。

約5000万ポンドを投資して開発したドライヤー

20180307_mu_dyson_exbn_2

まず目に飛び込んできた装置は、濡れた髪を1分間「スーパーソニック」で乾かすデモンストレーション。ドーナツ型のヘッドから吹き出す大風量は、吸い込む空気の量を3倍に増幅し、高速で高圧な気流を生み出すことで生まれるとのこと。 開始前に比べ、髪の毛の重量が減少していたことにビックリ。このデモによって、髪の毛を乾かすときには適度な温度に加えてしっかりとした風量が大切だということを視覚化されていました。

「毎秒20回、髪の温度をICチップでモニタリングしながら自動調節しているので、ずっと風を当て続けても過度に髪が熱くなることはありません。スーパーソニックは、科学者とエンジニアが毛髪科学に基づき4年もテストを繰り返し、 約5000万ポンド(日本円にして約73億円、1ポンド=146円換算) を投資して開発したドライヤー。なぜこんなドライヤーが誕生し、それが私たちの髪とどう関わっているのかを、楽しみながら理解していただけるようにエキシビションを企画しました」と語るのは、ダイソンのコミュニケーションズマネージャーである山崎 史さん。

20180307_mu_dyson_exbn_6

ダイソン コミュニケーションズマネージャー 山崎 史さん

「ドライヤーを使っていると、よく髪が『アチッ』ってなりませんか? 同じ場所にあて続けていると熱がこもってしまうんです。 過度な熱は髪の毛に大きなダメージを与えます。過度な熱を防ぎながら乾かすことが、 髪のダメージを防ぎ、そしてきれいな髪を育むコツなんです」(山崎さん)

20180307_mu_dyson_exbn_4

あたえる熱の温度によって髪の毛がどのような状態になるかということを知るためのコーナーもあり、その質感の違いにびっくり。これまでドライヤー後に髪のゴワつきを感じることはありましたが、「まあそんなものか」とあきらめていました。「スーパーソニック」後のツヤツヤでしなやかな髪の質感は、ちょっとしたカルチャーショックですらあります。

「きちんと髪の毛の層の外側を風圧で閉じてあげることで、髪の表面が光を反射して、ツヤを出してくれる」という山崎さんの言葉に、納得しきりです。

シャンプーできない朝もサラサラの髪に

20180307_mu_dyson_exbn_1

お隣は、頭皮チェックと「スーパーソニック」によるスタイリングを体験できるコーナー。筆者も頭皮チェックを体験したところ、出がけに髪を洗ってきたにもかかわらず、落としきれなかった毛穴詰まりがちらほら。どうやら髪のダメージを気にするあまり、洗い方も乾かし方も不十分だったようです。そこにスタイリング剤をつけることで、ベタッとボリューム感のないヘアスタイルに……。

山崎さんいわく「ヘアードライはスキンケアと同じくらい、きちんと行うべき」。しっかり乾かさないと雑菌が繁殖してしまうし、乾かしすぎると髪が乾燥してしまいます。 適切な温度と風量・風圧のバランスでしっかり乾かしていくことが大切なのだそう。

説明を聞きながら今すぐ髪を洗い直したくなりましたが、ここで「スーパーソニック」が威力を発揮! すばらしい風量で頭皮に直接シャワーのように風を当てるだけで、頭皮環境が整いサラッとした髪にスタイリングし直すことができました。朝、時間がなくてシャンプーできないときにも使える、「スーパーソニック」ならではのテクニックです。

20180307_mu_dyson_exbn_3

さらにドライヤーのアタッチメントを変え、風量2・温度3の設定で、髪を挟むように風を当てていくと、まるでヘアアイロンをかけたようにつややかな仕上がりに。別のアタッチメントで風量1・温度3の設定にすれば、パーマを崩さずスタイリングすることもできます。アタッチメントはマグネット式で取り外しはワンタッチ。手ぐしとドライヤーだけで簡単に仕上げられるから、忙しい朝には大助かりです。

楽してキレイを叶えるテクノロジー

20180307_mu_dyson_exbn_5

ほぼ毎日使う道具なのに、1度買うと壊れるまでアップデートを忘れがちなヘアードライヤー。「スーパーソニック」の風量のすごさや、瞬く間に髪が乾くという噂は聞いていましたが、それ以上に髪の健康を考え抜いた繊細なテクノロジーに驚かされました。

「人の見た目の印象に、髪は大きな役割を果たしています。ドライヤーは単に乾かすものではなく、スタイリングの土台を作るもの。しっかり髪の毛を乾かすと、翌日の朝のスタイリングもすごく楽になりますよ」(山崎さん)

ヘアードライの時短を叶えるだけでなく、髪の毛のダメージを賢く防ぎ、美しい髪を育ててくれる「スーパーソニック」。日進月歩するテクノロジーの恩恵は、想像以上に身近なところにありました。

撮影/YUKO CHIBA、取材・文/田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今度は、ほぼチワワ。でも、吸引力に自信あり!

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    7. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    8. 働くひとの幸福を考えると、おのずと企業や社会が成長する理由

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 思わずため息。時を忘れるパール展

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    6. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    10. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    「早く乾く」だけじゃなかったダイソンの最新ドライヤー[MASHING UP]

    FBからも最新情報をお届けします。