1. Home
  2. コミュニケーション
  3. セックスのタブーをソーシャルの力で打ち破る。シンディ・ギャロップ[MASHING UP]

セックスのタブーをソーシャルの力で打ち破る。シンディ・ギャロップ[MASHING UP]

MASHING UP/マッシングアップ

2,662

20180305_mu_gallop_1

2018年2月22〜23日にトランクホテルで開催されたビジネスカンファレンス「MASHING UP」。Unleash Yourself (自分自身を解き放とう)のテーマの下、多彩なセッションやワークショップが繰り広げられました。カフェグローブはイベントに密着取材、パワフルな現場の様子をレポートします!

「SNSでパリのエッフェル塔の下でロマンチックなデートをしたことをシェアするのと同じように、その夜、ホテルでロマンチックなセックスをしたことをシェアできるようにしたい」

「セックスをオープンに話せるようになれば、自分をより愛し、性に対する自尊心を形成できる。カップルは今までになかった会話ができ、新しい、よりよい関係性を築くことができる」

こんな未来を示してくれたのは、Make Love Not Porn(以下MLNP)の創始者、シンディ・ギャロップ(Cindy Gallop)さん。ギャロップさんは、米国の広告業界の第一線を30年以上も走り続けているカリスマ起業家。2003年にはAdvertising Woman of the Yearに選ばれ、今ではTwitterの「広告業界でフォローすべき人物30名」の1位になるほど絶大な影響力をもつ人物です。

広告業界を熟知するギャロップさんが立ち上げたのがMLNP。これは、ポルノ俳優による演技のセックスではなく、一般の人々による台本なしのリアルなセックスだけ扱う動画共有サイトです。

間違ったセックスを教えるポルノはいらない

20180305_mu_gallop_3

Make Love Not Porn シンディ・ギャロップさん

「相手を喜ばせたいと言う気持ちはあるのに、セックスの最中に何か言葉を発したら相手を傷つけるのではないか、冷めてしまうのでは? 関係が壊れてしまうのでは? と思う気持ちがある」

セックスについて話すことも教えることもない社会のなかで、若者がもっぱら教科書がわりに使うものといえば、簡単にアクセスできるポルノサイトでしょう。しかしそこには、リアルとは異なる、ある種の“神秘的な”セックスがあります。多くの人々はセックスの本当の価値を知らず、ポルノから間違ったマナーを身につけてしまい、それに気づく機会もない。ギャロップさんはそんな社会を「自分のセックスをオープンに話せる社会へ変えたい」とソーシャルセックス革命を提唱。セックスを取り巻くタブーを鮮やかに打ち破り、私たちが誰にも打ち明けられずにいたモヤモヤをガラリと変えようとしています。

MLNPの立ち上げには、大きな困難もあったといいます。例えば銀行の融資、決済システム、ビデオストリーミングのプラットフォーム、どれを使うにも「アダルトコンテンツお断わり」の壁が立ちはだかりました。しかし現在、MLNPにはグローバルに50万人の視聴者がいて、また「Make Love Not Pornstars」と呼ばれる、リアルなセックスをシェアする投稿者も200人を超えます

各国でセックスアイデンティティの確立を

20180305_mu_gallop_2

シンディ・ギャロップさんはTED 2009のゲストスピーカーとして登壇した

ギャロップさんは、セックスは均質化されたものではなく、文化や伝統、社会の影響を受けるものだと考えています。だからこそ、それぞれの国のセックスアイデンティティを確立していく必要がある、と。彼女は会場の女性にこう呼びかけました。

「セックステックベンチャーを立ち上げましょう! MLNP JAPANを起業しましょう!」

セックスに関するマーケットで女性のニーズを叶え、経済的にも成功を収め、結果的には男性も満足する。その準備はもうできている、と彼女は力強く断言しました。

この日、ギャロップさんがまいた日本におけるセックス革命の種。それが芽吹き、成長するまでにきっとそう長くはかからない。そんな予感に満ちたセッションでした。

20180305_mu_gallop

SPOTLIGHT TALK - 自由でパワフル。ビジネスアイディアに年齢制限はない -

MASHING UP 2018年2月23日 10:10 - 10:40 @トランクホテル 1F
シンディ・ギャロップ(MakeLoveNotPorn

撮影/YUKO CHIBA、取材・文/浦上藍子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    セックスのタブーをソーシャルの力で打ち破る。シンディ・ギャロップ[MASHING UP]

    FBからも最新情報をお届けします。