1. Home
  2. キャリア
  3. 失敗したから、次が見えた。「ポジティブ失敗論」 [MASHING UP]

失敗したから、次が見えた。「ポジティブ失敗論」 [MASHING UP]

MASHING UP/マッシングアップ

1,436

20180315_mu_failure_top

2018年2月22〜23日にトランクホテルで開催されたビジネスカンファレンス「MASHING UP」。Unleash Yourself (自分自身を解き放とう)のテーマの下、多彩なセッションやワークショップが繰り広げられました。カフェグローブはイベントに密着取材、パワフルな現場の様子をレポートします!

かのトーマス・エジソンは、電球を発明するまでの「失敗つづき」とも思える道のりに関して、「失敗したのではない。うまくいかない1万通りの方法を見つけただけだ」と語ったといいます。

今回のセッションテーマはずばり「失敗」。パワフルに活躍する4人の女性をゲストに迎え、「人生の折れ線グラフ」とともに、過去の失敗体験やスランプについて語っていただきました。華々しいキャリアを積み、失敗なんて言葉とは一見無縁に思えるゲストたち。失敗をどのように捉え、乗り越えてきたのでしょうか。

「地獄の日々」を乗り越えたから、なんでも乗り越えられる

まずは、法律事務所エクラうめだの代表弁護士を務める亀石倫子さん。文学部に所属していた大学時代はしたいこともなく、将来の理想像も描けず、停滞した4年間だったと語ります。卒業後、地元の北海道へ帰って就職するも、まもなく自分が企業の一員として働くのは、まったく性に合わないと気づきます。「協調性がなく、配属された部署の全員で行うラジオ体操も、女性だけが着なきゃいけない制服もとにかく苦痛で。毎日泣きながらバスに乗っていました」。

20180315_mu_failure_kameishi

法律事務所エクラうめだの亀石倫子さん

転機は26歳のとき。今の夫と出会って運命を感じ、出会って3日で逆プロポーズ。会社を辞め、心機一転、夫の住む大阪へ転居します。新しい土地で次のキャリアプランを考えたときに、なんと「直感で」司法試験の受験を決意。8年間の猛勉強の末、34歳で司法試験に合格しました。「机にかじりついて1日10時間も勉強する日々は、孤独で先が見えず、地獄のようでした。それでも、自分で決めた道だったからどこか前向きでいられた。それに、あの日々を乗り越えたから、どんなことでも乗り越えられるんだって自信になりました 」と笑顔で振り返りました。

専業主婦から編集長へ、大病も経験

株式会社リクルートホールディングスサステナビリティ推進室室長の伊藤綾さんは、新卒で入った出版社を1年で寿退社。晴れて「憧れの専業主婦」になるものの、まもなく「私の生き方は、本当にこれで自分に合っているの?」と悶々とした日々を送ります。悩んだ末、社会と再び接点を持つべく、27歳で契約社員としてリクルートに入社。ゼクシィ編集部に配属され、なんと5年半で編集長の座まで昇りつめました

生活者目線を大事にしたさまざまな企画をヒットさせ、「庶民派編集長」などと呼ばれるようになった伊藤さんでしたが、35歳での出産時、産じょく性心不全という大病に倒れます。病の床で苦しみつつも「もう一度元気になって働きたい」と痛感したといい、その後、奇跡的な復活をとげてふたたび編集長の職に戻りました。

20180315_mu_failure_ito

株式会社リクルートホールディングスの伊藤綾さん

「心配ごとなんて、常にたくさんある。でもいつでも、これはツイてるんだ、って自分に言いきかせるようにしています。失敗とリセットは、ストーリーテラーとなる最大のチャンス。脳内で自分らしいストーリーを導いて、人生に前向きでいられたら」 と語りました。

失敗は、挑戦をしたからこそ得た「勲章」

株式会社オウチーノ代表取締役社長 の堀口育代さんも、伊藤さんと同じく、大学卒業時は「結婚して寿退社をすることが夢だった」そうで、就職活動時にも「いい結婚ができそうなところ」という視点も持っていたとのこと。リクルートに入社し、結婚。その後、興味のあった編集の仕事をするべく「ぴあ」へ転職。しばらく経験を積んだあと、生活情報誌「サンキュ!」の副編集長として誘われ、ベネッセへ。慣れない職場で「当時は、突き上げられていると感じて精神的にしんどく、気づけば泣いているという時期もありました」。またこの時期、仕事に夢中になりすぎて、離婚も経験。「仕事をやりすぎていく私の姿に、自分も含めてよくわからなくなっていたかも」

201803_mu_failure_horiguchi

株式会社オウチーノの堀口育代さん

それでも一つの仕事が次の仕事を呼び、さらに次の仕事を呼んで、と数々の事業やサービスを成功させてきた堀口さん。ヤフーやクックパッドを経て、今は、不動産のポータルサイト事業に携わっています。「人生、生きているだけで丸儲け。私も数々の失敗もしていますが、サラリーマンの場合は、大きな失敗をしたということは、それだけ大きな挑戦をしたということ。だから、失敗は勲章とも言えます」と締めくくりました。

失敗をして、もがく中で見えた道

最後は、テキパキとした語り口でモデレーター役を務めた株式会社 ほぼ日CFOの 篠田真貴子さん。大学受験、留学、結婚、就職……と、20代までは何もかもが思いどおりの、順風満帆な人生だったと語ります。しかし、31歳で入社したマッキンゼーで3年半が経ったころ、「あなたは、成長が止まっています。もう会社にあなたを育てる余力はありません」と「退職勧告」を言い渡されてしまいます。その後、大手製薬会社のノバルティスに転職するも、「マッキンゼーに捨てられた、ダメな私」という自己イメージから、なかなか自分を認めることができず、もがく日々。そんな折、ほぼ日から声がかかり、まったく業種の異なるユニークな会社の中に、居場所とやりがいを見出していきます。

「人生には、突然リセットボタンを勝手に押されてしまうときもある。でも、大きな失敗を経験し、このつらい状況からなんとか脱出したい、ともがく中で次が見えるということもあるんですよね」と振り返りました。

20180315_mu_failure_shinoda

株式会社 ほぼ日の篠田真貴子さん

登壇した4人に共通するのは、大きな失敗やスランプを何度か経験していること。でも、4人とも柔軟に、人生のリセットボタンを押して方向転換をしたり、泣きながらでももがいて這い上がったり。当時は辛かったであろう失敗談を、時には笑い話にして明るく語る姿が印象的でした。

失敗は、どうしたって怖いもの。でも、失敗したということは、挑戦したという証。一見マイナスに見えるようなできごとも、次の飛躍のための大事なステップなのかも。「あの失敗があったから、今がある」。そう語る4人のエジソンたちに、そっと背中を押されたような50分間でした。

20180315_mu_failure_end

成功者とは「たくさん失敗をした人」⁉︎ ポジティブ失敗論

MASHING UP 2018年2月22日 18:10〜19:00 @トランクホテル 1F
伊藤綾(リクルートホールディングス)、堀口育代(オウチーノ)、篠田真貴子(ほぼ日)、亀石倫子(法律事務所エクラうめだ

撮影/野澤朋代、取材・文/中村茉莉花(cafeglobe編集部)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    2. ドライヤー、めんどくさい? アヴェダから最強時短アイテムが出たよ

    3. 「このまま今の会社で仕事を続けるのは難しい」と考えている人に提案したいこと

    4. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    7. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. ビットコインと思っていたら、ビットコインキャッシュだった!という話

    10. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    1. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    2. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. いくつあてはまる? 仕事もプライベートも充実しているリーダーが持つ5つの要素

    7. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「このまま今の会社で仕事を続けるのは難しい」と考えている人に提案したいこと

    10. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    4. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    7. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    8. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    9. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    10. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    失敗したから、次が見えた。「ポジティブ失敗論」 [MASHING UP]

    FBからも最新情報をお届けします。