1. Home
  2. キャリア
  3. 私たちが、より自分らしく働くためにできること[MASHING UP]

私たちが、より自分らしく働くためにできること[MASHING UP]

MASHING UP

20180309_mu_yahoo_6

2018年2月22〜23日にトランクホテルで開催されたビジネスカンファレンス「MASHING UP」。Unleash Yourself (自分自身を解き放とう)のテーマの下、多彩なセッションやワークショップが繰り広げられました。カフェグローブはイベントに密着取材、パワフルな現場の様子をレポートします!

「自分らしく働く」ってどういうこと?

奥田浩美さんとともにワークショップ参加者が向き合ったのは、わかるようでわからないこのフレーズ。自分のなかの不安こそが希望の種であり、「自分らしく働く」の鍵なのだと、参加者ひとりひとりが発見した貴重な時間となりました。

未来の視点で「自分らしく」を考える

20180309_mu_yahoo_5

株式会社ウィズグループ、株式会社たからのやま代表取締役 奥田浩美さん

「初めまして、奥田浩美です。未来から来ました」

笑顔で壇上にあらわれたのは、1990年代から最先端のIT技術を世の中に広めてきた奥田浩美さん(株式会社ウィズグループ、株式会社たからのやま代表取締役)。名だたる技術系イベントを300以上取り仕切り、のべ動員数は10万人以上、数億円規模のイベントをいくつも成功に導いてきた奥田さんは、その実績から「IT業界の女帝」とも呼ばれます。

「未来から来た」——これは、奥田さんが自己紹介するときの決まり文句。

「まだらにではあるけれど、未来はもう始まっています。ロボットと一緒に暮らし、IT技術を使いながら鹿児島に住む両親を遠距離介護し、社長であると同時に母親でもある私は、未来の働き方をすでに実践している。それをみなさんにシェアしたいんです」(奥田さん)

今回のワークショップのテーマは「自分らしく働く」。どこかフワフワしたこの言葉に、以前から疑問を抱いていたヤフー株式会社の大内礼子さんが、奥田さんの力を借りたいと直談判。奥田さんは「『自分らしく働く』が見えるアンケートを100人にとってくれるなら」と条件を出し、今回のセッションが実現したといいます。

「自分らしく働く」とは? 100人にアンケート

大内さんが社内で募ったアンケートの質問は、次の3つ。

1.あなたにとって「自分らしく働く」とはなんですか。
2.そのために自分がアップデートしたいことはなんですか。
3.そのアップデートを後押しするものはなんですか。

会場に映し出されるスライドには、「自分らしい働き方」の上位として「プライベートの充実」や「時間・場所の裁量」、そのためにアップデートしたいものとして「マインド」や「価値観」といった言葉が並びました。この回答を見た奥田さんは、「働き方と生き方が一緒になっている私には違和感がある」といぶかしげです。

しかし「アップデートを後押しするもの」の上位として「上司・同僚の理解」という言葉が出ると、「わかった!」と明るい表情に。

「『自分らしく働く』ためには、自分の外側の世界の後押しが必要というイメージがあるんですね。だったら、その外側に自分がなればいい。自分も誰かの同僚であり、上司なのだから。自分が変われば、世界は変わります」と語りかけます。

まずは「不安」を目の前に出してみる

20180309_mu_yahoo_7

左より、大内礼子さん(ヤフー株式会社)、奥田浩美さん(株式会社ウィズグループ、株式会社たからのやま)、後藤真理絵さん(ヤフー株式会社)、塚田陽さん(株式会社GYAO)

続いて登場したゲストは、アンケートに答えた2人。ヤフー株式会社のマーケティング&コミュニケーション本部でデータ分析や調査をしている後藤真理絵さんと、株式会社GYAOで映像制作チームのリーダーをつとめる塚田陽さんです。

さっそく2人の回答をチェック。後藤さんが思う自分らしい働き方は「真理の探究」。調査結果を社内でもっと活用してもらえるように「自分の視点」をアップデートしたいといいます。

いっぽう塚田さんが思う自分らしい働き方は「いいチームを作ること」。アップデートしたいのは「インプット」、やりたいことをやるにはインプットが欠かせないと語りました。

20180309_mu_yahoo_4

株式会社GYAOで映像制作チームのリーダーをつとめる塚田陽さん

ここで奥田さんから提案が。

「アップデートという言葉ではなく、まずは自分が持っている不安を目の前に出してみませんか?」

セッションを続けるうちに、後藤さんの不安は「自分の研究が理解されない」こと。アーティスト出身の塚田さんは「会社員としての知識とスキルが足りない」というコンプレックスがあることが自己開示されていきます。けれど「この不安は希望でもある」——と奥田さん。

「後藤さんが持つ『理解されない不安』は、『仲間とわかち合いたい』という価値観の裏返し。塚田さんの価値観は、間違いなく『好奇心』。これからもずっと新しいことに挑戦し、不安を感じ続けるはず(笑)。でもそれは、希望に変えることができる不安です」

不安は自分の価値観の表れという奥田さん。今度は会場の参加者も加わって、不安を希望に変えるグループワークを行うことになりました。

自分のなかの不安は希望の源

20180309_mu_yahoo_8

まずは仕事やプライベートで、自分が「いちばん大事にしている価値観」を書き、同じテーブルの参加者とシェア。続いて、「○○の不安を○○の希望に変える」と書かれた用紙に、いま自分が抱えている不安を言語化し、それを「こうなりたい」希望として書き換えるワークを行います。

参加者のひとりである森本さんの価値観は、「それはワクワクできる選択なのか」。「停滞する不安を、ずっとワクワクを生産できる希望に変えたい」と書いた紙を見つめながら、「ワクワク=自分だと感じた」と、これからの働き方の指針を見つけたようでした。

20180309_mu_yahoo_3

いっぽう隣のテーブルの田中さんは、不安の欄が空白。「現状で解決できないものはないと思ったので、書かなかった。それを見せたらみんなに面白がられて……」とコメント。

田中さんの答えを見て、なんだか嬉しそうな様子の奥田さん。参加者それぞれが正直に自分と向き合う場を作れたことに、手応えを感じた様子でした。

20180309_mu_yahoo_2

世界の変化に、あなた自身がなりなさい

最後に奥田さんがシェアしてくれたのは、「あなたが見たいと思う世界の変化に、あなた自身がなりなさい( Be the change you want to see in the world .)」というガンジーの言葉

「私も、女性が働くということ、育児や介護と仕事を両立することを、いちばんありたい姿を考えながら挑戦してきました。自分のなかの不安は希望の源。不安を感じたとき、世界を変えたいと思ったときは、皆さん自身が『変化』になってもらえればと思います」

短い時間のなかで、参加者が「自分の言葉」を持ち帰ることができたセッション。「自分らしく働く」最初の一歩を、多くの人が踏み出しました。

20180309_mu_yahoo_1

私たちが、より自分らしく働くために出来ること

MASHING UP 2018年2月23日 12:40 - 13:30 @トランクホテル 3F
奥田 浩美(株式会社ウィズグループ

[Yahoo! JAPAN]

Sponsored by ヤフー株式会社

撮影/野澤朋代、取材・文/田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 28%の離職率を4%に変えた、サイボウズ流チームワークとは

    9. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    10. 家でバリスタのコーヒーを。IoTコーヒーメーカーで好みの味を再現

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    9. 習慣をデザインすれば人生が変わる。スタンフォード大教授の「デザイン思考」

    10. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    10. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    私たちが、より自分らしく働くためにできること[MASHING UP]

    FBからも最新情報をお届けします。