1. Home
  2. ライフスタイル
  3. モンスターを解き放て。強く自分らしくなれる香り

モンスターを解き放て。強く自分らしくなれる香り

「ニナ リッチ」のフレングランスで象徴的なアイテムの1つに、リンゴを象ったボトルの「ニナ」があります。2017年、このニナシリーズに加わったのが「ルナ ブロッサム」でした。

ニナとルナ ブロッサム、性格は違うのに仲がいい、2人の女性に見立てた香りのシリーズとなったのです。この2人の物語に、新しいページが加わることに。

20180307_ninaricci_1

左から「ニナ モンスター オーデトワレ」、「ルナ ブロッサム モンスター オーデトワレ」ともに50ml 8,800円(税別)※限定発売

キュートなボトルが、新作ではさらにパワーアップ。アナ・ストランフグト・ヘケーナという2人のブラジル人アーティストとコラボレートした新ボトルには、愛らしいフェイスと大きなポンポンが配されました。

20180307_ninaricci_2

「わたしたちはみんな、心にモンスターを抱えている」をテーマに、ニナとルナ ブロッサムの中にひそむそれぞれのモンスターを解放。こうして表に飛び出してきた可愛い悪魔たちの顔なのです。

「ニナ モンスター」はスパークリングペアを包み込んだ綿あめ、「ルナ ブロッサム モンスター」はオレンジブロッサムを感じさせるお餅の香り。どちらも人を魅了するような、そそる、甘やかで陽気な香りです。

ちなみにニナ リッチといえば、言わずと知れた人気のファッションブランド。2018年の春夏コレクションで象徴的だったのが、ショルダーを強調したアウターでした。フェミニンなブランドだと思っていたので、このパワーショルダーがとても新鮮に感じられたのです。

20180309_ninaricci_3

20180309_ninaricci_4

クリエイティブ ディレクターを務めるギョーム・アンリが本コレクションで表現したのは、独創的で自信にあふれた女性像。いろいろなことが起こる大変な時代だからこそ、フェミニンで繊細であるだけでなく、強さも持ち合わせる姿を打ち出しました。

モンスターとは、異物のこと。わたしたちが心の中に抱えているモンスターとは、人とは違う自分らしさ、つまりは個性のことなのでは? となると、モンスターを解放するというのは、自分らしく強く自由に生きることなのかも。

そんな風に考えてみると、新作フレグランスもファッションの春夏コレクションも、ブランドからの明確なメッセージなのではないかと、一人合点したのでした。

ルックスは今まで以上に可愛らしい本作。でも実は、自分の軸をしっかりと持つ女性にこそ似合うアイテムだと思っています。

ニナ リッチ

電話:0120-000-599(インターモード川辺 フレグランス本部)

インターモード川辺 フレグランス本部

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    モンスターを解き放て。強く自分らしくなれる香り

    FBからも最新情報をお届けします。