1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 目の下「クマ」マネジメント術を米専門医が答えます![The New York Times]

目の下「クマ」マネジメント術を米専門医が答えます![The New York Times]

The New York Times

顔全体の印象アップに直結する目の周り。しかし、寝不足やストレス、加齢による影響が「クマ」となって表れやすい場所でもあります。目の下にクマができていると、不健康そうで疲れたイメージを相手に与えてしまいます。クマのマネジメントについて、米国の専門医たちのアドバイスを聞いてみましょう。(以下、ニューヨーク・タイムズ記事の翻訳)

20180320_nyt_eye_1

photo by Shutterstock

Q. 目の下のクマを消すよい方法はありませんか?

クマを消す方法はクマができた原因によります、と答えるのはエール大学医学部皮膚科のリサ・ドノフリオ臨床准教授。目の下のクマは、アレルギーが原因のアザや、血液の流れに障害が起こり、うっ血している場合など様々です。寝不足でも、もちろんクマが出ます。

冷やした布やティーバッグで血流促進

ジョージタウン大学医療センターの美容整形外科医マイケル・ライリー博士いわく、目の周りが腫れぼったい場合には、アレルギーを治療する、十分に睡眠をとる、メイクでカバーするの3つがベストな対処法ですが、目の下が黒ずむクマの場合はメイクでのカバーがまずオススメ。

さらに冷やした布を当てる、または冷たい紅茶のティーバッグを当てるのも効果があるそう。目の下の血管の収縮が促され、その部分の色味が明るくなるからです。紅茶を使えばさらにタンニン酸の収歛(しゅうれん)作用が加わります。これは目の下の部分の皮膚が特に薄く、筋肉の赤紫色が透けて見えてしまっている人にも効果があります。

ステロイド系クリームは逆効果

一方、ステロイド系のクリームを使うのは良くない、とライリー博士は言います。皮膚がよけいに薄くなってしまい、クマがいっそうできやすくなってしまうからです。ドノフリオ準教授は、皮膚が薄い人には話題のレチノイド製剤を使った治療が役立つかもしれないけれど、皮膚が薄いこと自体を「原因ごと治療するのは一般的に難しい」と言います。

色素沈着にはブライトニングクリームやビタミンクリーム

まれなケースで、皮膚の自然な色素沈着、あるいは毛細血管から漏れ出た血液によって、目の下の皮膚にシミが出る場合があります。ドノフリオ準教授いわくこの場合、話題のブライトニングクリームやビタミンクリームが効果的。さらに色素斑をターゲットにしたレーザー治療は高い効果が見込めます。

脂肪やたるみには、美容整形術の選択肢も

20180320_nyt_eye_2

photo by Shutterstock

目の下のクマは、下まぶたにたまった余分な脂肪が原因のこともあります。この脂肪沈着は「眼瞼形成術」という手術で取り除くことができます。

逆に加齢によってよく起こることですが、脂肪が少なすぎると今度は目の下にたるみができてしまいます。ニューヨーク大学ランゴンメディカルセンター美顔整形術センター所長のアレクシス・ヘイゼン博士は、加齢による目の下のたるみはレスチレンやジュビダーム、パーレーンといったヒアルロン酸注入術で治療できるものの、1回の施術に700~800ドル(7万5000~8万5000円)ほどかかることに加え、効果は1年ともたないと言います。もっと半永久的な解決法としては、数千ドルかかる施術ですが、腹部の脂肪を少量、目の下のたるみ部分に移植する方法もあります。

米形成外科学会のスコット・グラスバーグ会長いわく、肌のハリを保つためにとにかく大事なのはスキンケアをちゃんとして、加齢によって生じるクマを最小限にとどめること。喫煙しない、十分な睡眠をとる、ストレスを減らす、日焼けによるダメージを制限するなど「正しいことを早く始めれば始めるほど、長期的により良い状態が望めます」。

© 2015 The New York Times News Service[原文:Ask Well: Fighting Bags Under the Eyes/執筆:Tara Parker Pope](抄訳:Tomoko.A)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    目の下「クマ」マネジメント術を米専門医が答えます![The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。