1. Home
  2. ライフスタイル
  3. サウジでポップコンサート解禁。でも観客が踊るのはNG [The New York Times]

サウジでポップコンサート解禁。でも観客が踊るのはNG [The New York Times]

The New York Times

イスラム教国のなかでもとりわけ保守的とされ、つい最近までポップミュージックのコンサートが認められていなかったサウジアラビアで、エジプト生まれの人気男性シンガー、ターメル・ホスニーのコンサートが開かれることになった。

だが、チケットを手にいれた人々は愕然とした。そこにはっきりと書かれていたのは「コンサートの最中に踊ることを厳禁とする」の文字。さらには「身体を揺らすこと」も固く禁じられていたからだ。

ツイッターには皮肉の声

20180328_nyt_1

アラブの人気歌手ターメル・ホスニー。2014年11月、アラブ首長国連邦のアブダビで行われたコンサート風景 (Photo by Cedric Ribeiro/Getty Images)

ターメル・ホスニーの曲の歌詞には、セクシャルなほのめかしや隠語もときどき見受けられる。ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が推進する改革にのっとり、政府機関は彼のコンサートを認可する代わりに、観客に対してさまざまな禁止事項を設けることで“公序良俗”を守ろうとしているのだろう

しかし、サウジアラビア本国や中東のSNSには、批判やあざけりの声がとびかった。

「ダンスも身体を揺らすのもダメって、行く意味があるのかい? ミュージックコンサートだよ?」とあるツイッターは嘆く。また別なツイッターでは「ターメル・ホスニーのコンサートに行く人たちへ。踊らないで、揺れないで、ひたすら預言者に祈るんだよ」とか、「観客は沐浴でお清めをしてからコンサートに行くべきかもね。終わったらすぐに夕べの祈りを捧げられるから(主催者も満足だろう)」など、皮肉たっぷりのコメントが並んだ。

ムハンマド皇太子の急速な改革路線

コンサートでの細かな規制は、保守的で厳格なサウジアラビア社会に異国の文化を導入させる手法の一例といえるかもしれない。

32歳のムハンマド皇太子は2017年の就任以来、性急かつ過激なまでに改革を進めており、中東の覇権を争うライバルであるイランと真っ向から対決する姿勢を打ち出すほか、汚職撲滅と称して王族や富豪を一斉に拘束、聖職者の影響力の抑制も図っている。

20180328_nyt_2

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子 (Photo by Dan Kitwood /Getty Images)

2017年9月には女性に自動車の運転を認めることを発表。ギリシャ人シンセサイザー奏者のヤニーなど、コンサートはすでにいくつか開催されているし、娯楽施設である映画館を35年ぶりに開館する予定だ。皇太子の改革には、国家財政の原油への依存を減らし、観光産業をおこしたい目算も含まれている。

不満をつのらせる保守派

逮捕を恐れて、あからさまには言わないものの、サウジアラビアの保守派は皇太子の改革に強い不快感をおぼえている。ターメル・ホスニーのコンサートに関する投稿は、実はその多くがコンサートの開催自体を非難するものだ。

「ターメル・ホスニーにツバを吐きかけてやる。コンサートを認めた奴らにもツバを吐きかけてやる」とするツイッターのほか、「サウジアラビア政府よ、あなたがたがコーランに従うなら忠誠を誓おう」と書かれたツイッターは続けて、政府機関がムスリムの掟に違反する行為に固執するなら、サウジ国民から政府として認められることはないと警告している。

ただし、こうした抵抗を、目下のところムハンマド皇太子を歯牙にもかけないようだ。3月には首都リヤドでファッションショーも開かれる。

絶対王政をしくサウジアラビアは、1932年の建国からこのかた、イスラムの法の忠実な体現者として国家を運営してきた。そして、イスラム教徒が最もあがめる聖地メッカもこの国にある。

©2018 The New York Times News Service [原文:No Dancing, No Swaying: Saudi Pop Concert Comes With Warning/執筆: Nour Youssef](翻訳:十河亜矢子)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今度は、ほぼチワワ。でも、吸引力に自信あり!

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    7. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    8. 働くひとの幸福を考えると、おのずと企業や社会が成長する理由

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 思わずため息。時を忘れるパール展

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    6. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    10. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    サウジでポップコンサート解禁。でも観客が踊るのはNG [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。