1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 中国の女性専用車両、座っているのは男性ばかり [The New York Times]

中国の女性専用車両、座っているのは男性ばかり [The New York Times]

The New York Times

1,548

男性も乗る「女性専用車両」

中国南部の大都市、広州を走る地下鉄の女性専用車両には大勢の男性が乗っている

世界で最も利用者の多い路線のひとつとしては、仕方のないことかもしれない。ラッシュアワーに電車に乗り込めば、顔が男性の背中に押し付けられ、膝に誰かのカバンがぶつかり、出稼ぎ労働者の建設用道具が入った袋におなかを突かれるだろう。

20180313_nyt_top

中国・広州市の地下鉄の女性専用車両に乗る女性たち。2018年2月5日撮影。(Giulia Marchi/The New York Times)

痴漢行為などを懸念する女性乗客のために広州市当局が女性専用車両を導入すると、車両は満員になった。でも想定していた乗客ばかりではなかった。

地下鉄1号線のホームで電車を待っていた銀行勤務のルー・リリさん(28)は、「基本的に男性はみんな(女性専用車両に)無理やり入ってくる」と話す。実際、ホームで女性専用車両が止まる位置に並んでいる人の多くは男性だ

以前は鉄道職員らが男性たちに注意を促していたが、効果は見られないとルーさんは言う。「男性たちは本当にがさつ」

「女性限定」ではない

20180313_nyt_01

中国・広州市の地下鉄の女性専用車両に乗る人々。2018年2月5日撮影。(Giulia Marchi/The New York Times)

女性専用車両はさまざまな意味で中国という国を象徴している。この国にはたくさんの法律があるが、実施されていないものが少なくない。政府は性差別を禁止しているが、性差別が何を指すのか定義をしていない。苦情を申し立てれば罰せられる恐れもあるため、女性たちはセクシュアルハラスメントを受けても、警察に届け出ることはまれだ。

女性専用車両は、中国共産党の諮問機関のメンバーからの提案に基づき、「女性への思いやりと敬意」を推し進める目的で導入された。

20180313_nyt_02

中国・広州市の地下鉄の女性専用車両に乗る女性たち。2018年2月5日撮影。(Giulia Marchi/The New York Times)

ただ広州市の地下鉄の広報担当者は、車両には女性用と書かれているが、「女性限定」ではないと強調し、強制的に乗客を分ける法的根拠はないと話した。

車両は平日の朝と夕方のラッシュアワーに後方の2両が女性専用になる。車両のドアにはピンク色の中国語で「女性車両」と書かれ、花のイラストが添えられている。

女性の半数が公共交通で痴漢被害

20180313_nyt_03

中国・広州市の地下鉄の女性専用車両に乗る女性たち。2018年2月5日撮影。(Giulia Marchi/The New York Times)

女性専用車両に対しては、地下鉄内の男性の態度についての真の問題から目をそらせているとの批判がある。

女性たちは長い間、混雑した電車内での痴漢行為に耐えてきた。国営紙の中国青年報の2015年の調査では、回答した女性の半数以上が国内の公共交通で「不適切な接触」の被害に遭ったと答えている。

公共交通におけるセクハラ問題に対する意識を高めようと、市内の若いフェミニストらの団体は昨年、広告キャンペーンのために6000ドル(約64万円)以上の資金を集めた。

ところが、団体の共同創設者のひとり、シャオ・メイリさんによると、市民の間に混乱を生じさせるとして当局はキャンペーンを認めなかった。

シャオさんは女性専用車両について、「本当にばかげている」と言う。「表面的には女性を守るためのように見えるけれど、セクハラを避けるには女性はひとつの場所にとどまっていなければならないと言われているということ」と批判する。

世界で4番目に多い利用客

20180313_nyt_04

中国・広州市の地下鉄のホームで女性専用車両の列に並ぶ人々。2018年2月5日撮影。(Giulia Marchi/The New York Times)

混雑の問題もある。世界の都市の交通システムの分析を行っている非営利サイト「Metrobits」によると、広州の地下鉄網は上海、北京、ロンドンに次いで世界で4番目に利用客が多い。当局によると、1日の利用客は約800万人に上る。

女性専用車両に乗っている男性の多くは、それを支持しており、誤って乗ってしまったのだと主張する。

「男性は女性に譲り、女性に対する思いやりを示すべきだ」と、銀行員のチアン・ホイさん(25)は言う。そう言いながらも彼は、女性専用車両に並ぶ列の近くを離れずにいた。「女性の体は男性の体よりも弱いのだから」

©2018 The New York Times News Service[原文:China’s Women-Only Subway Cars, Where Men Rush In/執筆:Sui-Lee Wee and Giulia Marchi](翻訳:Masako. M)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. シンギュラリティの足音は聞こえている/林信行さん[前編]

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. メンターと呼べる存在、いる? NOなら、ここで出会えるかも

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 63歳でビキニ姿のクリスティ・ブリンクリーは、ビリー・ジョエルのアップタウン・ガールだった #TBT

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 人生に行き詰った時、抜け道を見つけるヒントは意外と身近にあります

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    5. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    8. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    9. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    10. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    中国の女性専用車両、座っているのは男性ばかり [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。