1. Home
  2. ライフスタイル
  3. スキンケア発想で髪&頭皮をいたわって、ヘアスタイルをもっと自由に

スキンケア発想で髪&頭皮をいたわって、ヘアスタイルをもっと自由に

春の到来に合わせてヘアスタイルに変化をつけたく、髪の内側にブリーチを施しました(アップにするとちらりと明るい色がのぞくのって素敵、と思って)。やってみた結果、とても気に入っていて、気分も一新! 唯一、頭皮がダメージを受けたこと以外は……。

髪を洗うたびに頭皮に摩擦が生じ、より傷みが増しているように思いました。とはいえ、洗わないわけにはいかない。どうしたものか。

悩む筆者が出した答えは、地肌をいたわるヘア用クレンジング ミルクの導入です。

泡立てすぎず、摩擦を減らして洗えるミルク

20180305_shuuemura_1

スキンケアの発想から生まれた、頭皮と髪のケアアイテム「エッセンス アブソリュ クレンジング ミルク」250ml 2,800円(税別)。シリコーン、サルフェート不使用。※2018年3月7日(水)発売

植村秀さんの哲学を具現化し、2017年に誕生した「シュウ ウエムラ アート オブ ヘア」から登場する「エッセンス アブソリュ クレンジング ミルク」は、カラー後のデリケートな頭皮と髪をいたわりながら洗い、染めたての髪色をキープしてくれます。

通常のシャンプーでは泡立てる際の摩擦が頭皮と髪へのダメージとなり、このダメージはさらにヘアカラーの色落ちリスクへとつながります。

一方、クレンジング ミルクは、ブランド独自の処方と両性界面活性剤を組み合わせたクレンジング剤が、髪表面をコーティング。従来のシャンプーより泡立ちが少ないため、摩擦を軽減しながらしっかりと洗い上げることが可能です。また高保湿力を誇るカメリアオイルが、潤いとツヤのある仕上がりへと導きます。

色持ちには、14日間が勝負

シャンプーによるヘアカラーの色落ちは、施術直後から始まります。その後、14日間はシャンプーのたびに色落ちが加速。よって、カラー直後からクレンジング ミルクでケアすることが、染めたての色を長く楽しむポイントです。

ということは、残念ながら筆者の髪色はすでに退色が進んでいるということになりますが、いまからでもやらないよりマシですし、今後、またカラーリングをする際の味方ができたと思えば心強い。

髪のダメージを最小限にしたいと、黒髪をキープしてきました。が、ヘアスタイルの変化は、気持ちに大きな変化をもたらしてくれるものだと、久々にカラーリングして改めて気がつきました。より自由なスタイルを実現していくために、こういったサポートアイテムをどんどん駆使していきたいですね。

シュウ ウエムラ アート オブ ヘア

電話:03-6911-8337(月〜金9:30〜12:00、13:00〜17:00)

シュウ ウエムラ アート オブ ヘア

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    スキンケア発想で髪&頭皮をいたわって、ヘアスタイルをもっと自由に

    FBからも最新情報をお届けします。