1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ノンワイヤーなのにバストメイクもできる。ブラ設計の概念が覆った

ノンワイヤーなのにバストメイクもできる。ブラ設計の概念が覆った

1,043

バストの形を美しく保つうえで重要な組織であるクーパー靭帯。バストを支えるこの靭帯はとても繊細な組織ゆえ、バストの揺れによって組織が切れたり伸びたりすると、元には戻らないのだとか。だからこそ、身体にフィットするブラジャーをつけてバストを支えることが、美ボディを保つ秘訣となります。

20180307_wacoal_1

つけ心地がラクなのがいいけれど……にわかに募っていた不満

そう、わかってはいるものの、締めつけられることが苦手ゆえ、昨今はもっぱらノンワイヤーブラのお世話になってきました。ただノンワイヤーブラは、サポート力はあっても、ボディラインの補正力に乏しく、ラインが出る服装の時にはどうしてもワイヤーブラに頼らざるをえない……と、ノンワイヤーブラに対してほんのり不満を抱いていたのも事実。

この悩み、筆者だけのものではなく、2016年に「ワコール」が実施した調査によると、調査対象者の約半数がノンワイヤーブラを着用している一方、スタイルをキメたい時や人前に立つ時には、約60%近くの女性がワイヤーブラを着用していることがわかりました。

ブラの超理想形「SUHADA ONE」誕生

バストの安定感をキープし、高いメイク力を発揮しつつも、つけ心地がやさしくて快適。

これはブラとしての超理想形ではありますが、実現のためには、ブラジャー設計の理論上、真逆の構造を採用する必要があります。また、人間の身体は体型もサイズもさまざま。すべての女性が満足を実感できる素材や形状を追求しなければなりません。よって、この超理想形ブラは、かなりの難題と考えられてきたのだそう。

20180307_wacoal_2

ブラの中心部に入れた樹脂フレームで柔らかにデコルテメイク&バストアップする「SUHADA ONE」全7色 各5,600円※D・E・Fカップは6,100円(ともに税別、希望小売価格)※一部カラーは2018年5月発売

これを叶えたのが2018年2月に登場した「SUHADA ONE(スハダ ワン)」です。

マイクロフレームという小さな樹脂フレームをブラ中心部に採用し、バストの真ん中の密着性を高め、バストを立体的に造形し、ふっくらとしたデコルテに。また、カップサイドは身体に馴染むフラット設計で、脇をすっきり整えます。これらにより、サポート力、メイク力、快適さのすべてを兼ね備えたブラジャーとなりました。

繊細なレースをあしらった美しいルックスで、おしゃれ心まで満たしてくれる逸品ブラです。

SUHADA ONE

電話:0120-307-056(ワコール お客様センター、平日9:30〜17:00)

SUHADA ONE

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    ノンワイヤーなのにバストメイクもできる。ブラ設計の概念が覆った

    FBからも最新情報をお届けします。