1. Home
  2. キャリア
  3. 「私って実はダメな人」に贈る、タイプ別お仕事TIPSまとめ

「私って実はダメな人」に贈る、タイプ別お仕事TIPSまとめ

20180430_dame_matome_top-1

仕事をしていると、「私ってほんとダメだな……」と自分にがっかりすることがあります。上司や部下、同僚とうまくコミュニケーションがとれなかったり、小さなことにイライラしたり、そもそも働きたくない(!)、なんて日も。

でも、大丈夫。

まわりを見回してみてください。意外と、みんなどこかは“ダメな人”。注意深く観察してみると、多くの人が自分のダメとうまく付き合いながら、日々の仕事を回していることがわかります。

“ダメ”タイプ別に、対処法や改善法をまとめました。簡単に実行できるものばかり。少しでも克服できれば儲けもの、くらいの気持ちでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

すべきことを先のばしにする「夏休みの宿題は最終日」タイプ

20180430_dame_matome_01

気乗りしない仕事をどうしても先のばしにしてしまう人は多いもの。ギリギリに着手して何とか期日までに終わらせる、ということが常態化しまっている人もいます。

でも、期日ギリギリのせいで、タスクの方向転換をしたくてもできなかったり、締め切り直前に予想を超えるハードワークを強いられたり。また、常に心のどこかに「やらなきゃ……」という不安な気持ちがあったり。

早めに着手するには、「タスクをきっちり完遂した自分の姿」を想像するといいそう。具体的なイメージの仕方はこちらからどうぞ。

ギリギリまで先のばしする悪癖をきれいサッパリやめるには

片付けなんて大嫌い!「デスクが汚いずぼらさん」タイプ

171222_id_desk_top

はい、片付け、めんどくさいです。そして、書類がよく行方不明になります。ときどき書類ケースから、自分で書いたはずなのに何のことだかわからないメモも発掘されます。

同類の方はこちらの記事をぜひ。

書類は無理に整理しようとしないほうがいいんだそうです!
ただ積むだけ! とってもズボラなのに効率的な書類整理のコツ

なんだか効率悪い?「さぼってないのに進みません」タイプ

20180430_dame_matome_03

すごく頑張っているのになかなか仕事がはかどらないこと、ありますよね? そんなときはまず、はかどらない原因を探ることから始めましょう。

「夜にならないと集中できない」「急な仕事にふりまわされる」「複数の仕事に意識が分散している」など、原因を見つけて、即対処を!

あなたの生産性を下げる「悪い習慣」チェックリスト

私がやららなきゃ誰がやる?「背負ってしまう頑張り屋」タイプ

20180430_dame_matome_005

「世の中は『残業は悪』の風潮。でも、私が頑張らなきゃ!」と何だかいろいろ背負ってしまって、働きすぎてしまうタイプの人は要注意。心や体を壊してしまったら、それこそ自分で自分に“ダメな人”の烙印を押してしまいそう。

残業しているそのタスク、本当にあなたがやるべき?こちらの記事で、上手な「タスクの捨て方」について考えてみてください。

今年も残りわずか。残業しないために時間を上手に使うには?

もう、仕事したくない……。「モチベーションが迷子」タイプ

20180430_dame_matome_08

どうしても仕事がしたくないとき、あります。そんなときは、心と頭がうだうだと「だってやりたくないんだもの」と、自分の「やりたくない気持ち」にフォーカスしがち。

「やりたくない、やりたくない」とぐるぐる考えていても、やりたくなるはずがありません。

そんなときは、こちらのモチベーションアップ術を、上から順にやってみる、というのはいかがでしょうか?

落ち込む原因は自分の中に? モチベーションをあげるには

あの人、ほんとイライラする。「苛立つ自分を止められません」タイプ

20180430_dame_matome_08

ちょっと会話をしただけで「あ、この人とはムリかも」と思ったり、しばらく付き合ってみたら、その人の言動に逐一イライラするようになったり。

でも、「小さなことでイライラする私はほんとダメ」、なんて思う必要はりません。

そんな人と出会ったら、「合わない人はいる」と割り切るのが良策。割り切り方やイライラの抑え方はこちらでどうぞ。理屈じゃなく、相性の悪い人っているんです。

人の言動でイライラするのは時間の無駄。苦手な人との接し方

私って実はダメな人かも……と密かに不安に思っている人は、言い換えれば、きちんと自分と仕事に向き合っている真面目な人、ではないでしょうか? そんな人の毎日をちょっと楽にしてくれるTIPS、参考にしていただけたら幸いです。

Image via Getty Images, Image via Shutterstock

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    「私って実はダメな人」に贈る、タイプ別お仕事TIPSまとめ

    FBからも最新情報をお届けします。