1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 潤っているのに、さらり。混合肌をバランス肌へと導くスキンケア

潤っているのに、さらり。混合肌をバランス肌へと導くスキンケア

肌状態は環境から大いに影響を受けています。四季がある日本でもっとも多い肌質といえば、混合肌

乾燥しているパーツは保湿を、ベタつくパーツは皮脂ケアを、と、本来ならケア内容をパーツごとに検討すべきですし、昨今ではマルチマスキングといったパーツごとに塗り分けるマスクも登場しています。が、1本で両方の悩みに対応してくれるアイテムがあるのなら、ケアの手間的にもお財布的にも、それに越したことはないのが本音です。

そんなコンビネーション肌の悩みにフォーカスしたのが、「イソップ」から誕生する新ライン「トゥーマインズ」

20180403_aesop_1

刺激に反応しやすいコンビネーション肌に着目

「コンビネーション肌は一般的にTゾーンや額はオイリー肌、頬などは乾燥あるいは超乾燥肌で、刺激に非常に反応しやすい特徴があります。わたしたちは過去10年の研究をとおし、特に暖かい時期にコンビネーション肌が増え、多くのかたがそのケア法や刺激に反応しやすいことに悩んでいるのを見てきました。この悩みに応え、コンビネーション肌が持つ多面的な性質にフォーカスし、デリケートな肌に潤いを与えて整えることを目的としたスキンケアの開発を目指したのです」(「イソップ」イノベーション&リサーチ マネージャー レベッカ・ワトキンソン博士)

すっきりと洗浄し、ベタつきを抑え、肌への負担が少ない使い心地で潤いを与えられる製品。この難題をクリアするために要した月日は、なんと3年。クレンザー、トナー、ハイドレーターと、3種の力作が生まれました。

肌をいたわりつつ、汚れを落とす。クレンジングの重要性

20180403_aesop_2

整肌成分・ウィッチヘーゼルや、潤いを守りながら肌を清浄するローズマリーのほか、洗い上がりにしなやかな感触を与えるラベンダーなどを配合した「トゥーマインズ フェイシャル クレンザー」100ml 3,348円、200ml 5,292円(ともに税込)。

「もっとも注力したのはクレンザーです。コンビネーション肌のお手入れにおいてクレンジングは重要なステップ。肌の油分を取りすぎない、マイルドなクレンザーを使うことが大切です。トゥーマインズのクレンザーは、ジェルベースの柔らかな使い心地と、負担を減らした形での余分な皮脂の除去を両立させることに成功しました」(ワトキンソン博士)

20180403_aesop_3

左から、肌をすっきり整えるナイアシンアミドなど整肌成分を配合した「トゥーマインズ フェイシャル トナー」100ml 3,672円、200ml 6,480円、アンディローバオイルやエーデルワイス、ブルーカモミールで肌を整え、柔軟性を与える「トゥーマインズ フェイシャル ハイドレーター」60ml 6,156円(すべて税込)。

クレンジング後は、老廃物などに働きかけながら肌を清浄し、モイスチャーバランスを整えてくれるトナーで整肌し、マットな肌に仕上げる軽いテクスチャーのハイドレーターでマッサージ

十分潤っているのに、さらり。顔のどのパーツを触ってもそう思えるバランスのとれた肌へと導いてくれます。

イソップ

電話:03-6434-7737(イソップ・ジャパン)

イソップ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    潤っているのに、さらり。混合肌をバランス肌へと導くスキンケア

    FBからも最新情報をお届けします。