1. Home
  2. ライフスタイル
  3. #14 紫外線の季節に。才色兼備の愛用コスメ【青木貴子のワードローブ】

#14 紫外線の季節に。才色兼備の愛用コスメ【青木貴子のワードローブ】

青木貴子のワードローブ

1,116

20180405_takako_3

あんなに極寒な日が続いていたのに、急転しての春爛漫。今年は例年より桜の開花は1週間以上も早くなり、季節の移り変わりはいつものことではあるけれど予測不能。兎にも角にも春がやってきて暖かくなったのは嬉しいかぎり。

さて、気候が良くなったら気になり始めるのが紫外線。言わずもがな、なことだが、これがお肌の大敵。紫外線は目に見えないから本当にやっかい。目視できないがゆえにしっかりと自覚して十分にケアすることが必要である。

これからの季節に重要なのはUV対策と保湿

実はもっともぶって紫外線対策の重要性を説く資格は私にはないかもしれない。40歳になるまできちんと紫外線ケアをしてこなかったのだから(笑)。

その姿勢が変わってきたのはサーフィンを始めてから。海水、潮風、紫外線をすべて浴びっぱなし。肌や髪、美容にとって悪い事だらけの環境下で半日近くを過ごす美容によってはリスキーなスポーツ。しかしリラクゼーションとわき起こるアドレナリンという相反する刺激を一度に感じられるこの上なく魅力的なアクティビティ。開放感と集中する感覚、心にはとってもとっても心地良いスポーツなのだけれど。

紫外線を浴びた結果炎症を起こすと、シミやくすみの原因になるメラニン色素が過剰に成形される。陽にあたって乾燥が進むと肌のバリア機能が低下、代謝がキチンと行われなくなるとメラニンを含んだ角質がうまくはがれ落ちずにそのまま沈着……! 恐ろしいことにそれがシミになるというメカニズム。UV対策と保湿がこれからの季節はさらに重要になってくる。

ボディバームの“衣替え”

20180405_takako_1

私はここ数年、ボディバームは浮気なくイソップ。質感(使用感)、香り、パッケージ、そのどれもが秀逸だから。

ボディバームは数種類あり、少しずつ保湿力が異なる。冬は重めのものを、春から夏は軽めのものにシフト。ボディバームの香りが変わると季節の移り変わりも感じ新鮮な気分になれる。さながらボディバームの衣替えといった具合だ。ちなみにイソップはギフトとしてもとても喜ばれるのでそういった用途にもおすすめしたい。

あっという間にプルプル唇がカムバック

そしてもうひとつ、こちらも浮気せず使い続けているのがクレ・ド・ポーのリップクリーム

20180405_takako_2

こちらの保湿力は驚くほど! ちょっと気を抜いて塗り忘れてしまって少し唇がガサついたとする。でも、あわててリップを日に数度塗れば、あっという間にプルプルな質感に戻してくれる。近年UVカット力も高まりさらに美容効能がアップ。綺麗な口元を保ちたいひとはぜひ一度このリップを試してほしい。

いよいよ紫外線が猛威をふるう季節がやってきた。日々のちょっとしたお手入れが対策に有効。冬よりさらにこまめな保湿を心がけようと思っている今日この頃である。

撮影/柳原久子

青木貴子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    9. できれば避けたい「気分の浮き沈み」。原因と対策について編集部座談会で考えてみた

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    7. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    #14 紫外線の季節に。才色兼備の愛用コスメ【青木貴子のワードローブ】

    FBからも最新情報をお届けします。