1. Home
  2. せきぐちゆう
  3. ビジネスTips
  4. つい「すみません」と言ってません? 謝りすぎる習慣をなおすコツ

つい「すみません」と言ってません? 謝りすぎる習慣をなおすコツ

12,918

20180413_apologize

不都合を感じたとき、無意識に「すみません」と口にしていませんか?

謝ることが習慣化してしまうと、周りを不快にさせてしまったり、自分自身も必要以上に落ち込んでしまったりする可能性があります。

ゴメンと言う代わりに感謝をしてみようという記事が「FAST COMPANY」に紹介されています。著者のカット・ボガード氏は、 SNS に投稿されていった文章との出会いをきっかけに、すぐに謝罪してしまうクセをやめて、ありがとうと言うようにしたそうです。すると、謝っていたころに感じていた罪悪感が減り、自分を責めていた時間も短くなったと言っています。

謝りグセを克服する3ステップ

ニューヨーク市立大学で行動心理学を教えているメロディー・ワイルディング氏は、「Forbes」に掲載された記事で、すぐに謝ってしまう習慣を変えるための3つのステップを紹介しています。

自分の幼少期をふり返り、謝りすぎてしまう傾向の原因を考える

どんな場面で自分が謝っているのか、確認する

謝っていただけの言葉を適切なコミュニケーション表現に置き換える

——「Forbes」より翻訳引用

まず、誤りすぎる傾向を探ります。小さいころの記憶をたどって、自分の意見が拒否された場面や理解されなかったことを思い出し、そのときに出たリアクションを思い出してみます。すると、いつ頃から自分がすぐに謝ってしまう習慣がついたのか気づけるでしょう。

次に、最近の謝ってしまった出来事を思い返してみましょう。そのときになぜ自分が謝ったのか思い出してみます。謝った相手が威圧的な態度であったのか、雰囲気で何となく謝ってしまったのかなどを思い返してみましょう。謝ってしまいやすい状況を把握することが大切です。

記事の中でワイルディング氏は、こんな例え話を紹介しています。

何か楽しい約束をキャンセルしなくてはいけなくなったとしましょう。そんなとき、思わず謝ってしまいそうになるでしょう。謝りそうな気持ちをこらえて、「なんていうか、わかってくれてありがとう。締め切りが迫っていておかしくなりそうな1週間だから。予定の変更を受け入れてくれてありがとう」と言ってみるのはどうでしょうか。

——「Forbes」より翻訳引用

このように、つい誤ってしまいそうになったら、適切なコミュニケーション表現に置き換えてみることが大事です。

やみくもに謝罪することは自分だけではなく、周りの人も損をしてしまうかもしれません。3つのステップで謝罪ぐせの原因を見つけて、少しずつ違う表現にも挑戦してみてください。

FAST COMPANY, Forbes

Image via Getty Images

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    2. 質問の仕方次第で、あなたの人生はガラッと変わる

    3. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    4. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    8. たった一冊の本が、あなたの問題解決の糸口になる

    9. Netflix元人事責任者がするフィードバックの納得感がすごい

    10. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    1. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    2. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    3. お年寄りが、苦労の多い時期を「幸せだった」と語る理由

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. お金を貯める方法。定期預金? それとも投資? #ホンネ調査

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 1分間あれば、あなたも強く賢いリーダーになれるよ

    8. 部下を生かし、幸せにするコミュニケーション/山田ズーニーさん[伝わる言葉の方程式 #2]

    9. Netflix元人事責任者がするフィードバックの納得感がすごい

    10. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    1. 「充電しすぎはスマホのバッテリーをダメにする」は本当?

    2. 90%の人は、自分が糖尿病予備群だと気づいていない? 見過ごせないサイン7つ

    3. 私、嫌われてる? と思ったら試したい「0.1秒で好かれる方法」

    4. 面接で「あなたの弱点は?」と聞かれた時のベストな対処法

    5. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. レモンにはたくさんの効果があるという説は本当なのか。2週間試してみた

    8. その仕事、ムダだらけかも......。『すべての仕事は10分で終わる』

    9. 知らないと恥ずかしい漢字の読み。あなたは何問解ける? #ホンネ調査

    10. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    つい「すみません」と言ってません? 謝りすぎる習慣をなおすコツ

    FBからも最新情報をお届けします。