1. Home
  2. せきぐちゆう
  3. ビジネスTips
  4. つい「すみません」と言ってません? 謝りすぎる習慣をなおすコツ

つい「すみません」と言ってません? 謝りすぎる習慣をなおすコツ

13,697

20180413_apologize

不都合を感じたとき、無意識に「すみません」と口にしていませんか?

謝ることが習慣化してしまうと、周りを不快にさせてしまったり、自分自身も必要以上に落ち込んでしまったりする可能性があります。

ゴメンと言う代わりに感謝をしてみようという記事が「FAST COMPANY」に紹介されています。著者のカット・ボガード氏は、 SNS に投稿されていった文章との出会いをきっかけに、すぐに謝罪してしまうクセをやめて、ありがとうと言うようにしたそうです。すると、謝っていたころに感じていた罪悪感が減り、自分を責めていた時間も短くなったと言っています。

謝りグセを克服する3ステップ

ニューヨーク市立大学で行動心理学を教えているメロディー・ワイルディング氏は、「Forbes」に掲載された記事で、すぐに謝ってしまう習慣を変えるための3つのステップを紹介しています。

自分の幼少期をふり返り、謝りすぎてしまう傾向の原因を考える

どんな場面で自分が謝っているのか、確認する

謝っていただけの言葉を適切なコミュニケーション表現に置き換える

——「Forbes」より翻訳引用

まず、誤りすぎる傾向を探ります。小さいころの記憶をたどって、自分の意見が拒否された場面や理解されなかったことを思い出し、そのときに出たリアクションを思い出してみます。すると、いつ頃から自分がすぐに謝ってしまう習慣がついたのか気づけるでしょう。

次に、最近の謝ってしまった出来事を思い返してみましょう。そのときになぜ自分が謝ったのか思い出してみます。謝った相手が威圧的な態度であったのか、雰囲気で何となく謝ってしまったのかなどを思い返してみましょう。謝ってしまいやすい状況を把握することが大切です。

記事の中でワイルディング氏は、こんな例え話を紹介しています。

何か楽しい約束をキャンセルしなくてはいけなくなったとしましょう。そんなとき、思わず謝ってしまいそうになるでしょう。謝りそうな気持ちをこらえて、「なんていうか、わかってくれてありがとう。締め切りが迫っていておかしくなりそうな1週間だから。予定の変更を受け入れてくれてありがとう」と言ってみるのはどうでしょうか。

——「Forbes」より翻訳引用

このように、つい誤ってしまいそうになったら、適切なコミュニケーション表現に置き換えてみることが大事です。

やみくもに謝罪することは自分だけではなく、周りの人も損をしてしまうかもしれません。3つのステップで謝罪ぐせの原因を見つけて、少しずつ違う表現にも挑戦してみてください。

FAST COMPANY, Forbes

Image via Getty Images

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    つい「すみません」と言ってません? 謝りすぎる習慣をなおすコツ

    FBからも最新情報をお届けします。