1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 最終兵器、登場。できてしまった肌老化をなかったことに!?

最終兵器、登場。できてしまった肌老化をなかったことに!?

「ビオロジック ルシェルシュ」から、画期的なクリームが登場しました。「グランデクリーム」と言います。

20180419_biologiquerecherche_1

「グランデクリーム」50ml 104,000円(税別)。すでに表皮に発現しているシミやシワなどのエイジングサインを軽減させるだけでなく、それらの予防やハリアップ、リフトアップなどをサポート。ビオロジック ルシェルシュのラボの備品からインスパイアされたというメタルのスパチュラ付き。

ビオロジック ルシェルシュは主にスパなどで使用・販売されている製品なので、ご存じないかたのために簡単にご説明を。

生化学研究者、理学療法士、医師らをブランド創始者とし、医学的アプローチを基礎とした美容ケア製品の開発、トリートメント提供を行っているブランドです。現在の開発責任者もドクターで、DNAや遺伝子レベルでエイジングケアにアプローチしていくことに着目してきました。

最新知見を基に開発された画期的な新成分

新製品のポイントとなるのが「エピジェナクティブ©」2017年に発見されたばかりの知見「エピジェナクティブ現象」を基に生まれた有効成分です。以後、話が長くなるので先に効果をお伝えしておきます。シミやシワなど、できてしまった肌老化をなかったことに!? そんなクリームです。

それでは、改めまして詳細を。

まず、エピジェナクティブ現象とは何か。遺伝子は、大気汚染や精神的ストレス、食生活などの外的要因によって変化するといわれています。ここでいう「変化」とは、DNAの塩基配列自体が変わってしまったことではなく、遺伝子を取り巻く周りの状況が変化したことを指します。この周辺状況の変化は、未来永劫、変化したままなわけではなく、元の状態に戻すことができるのだそう。このように復元化されることを、エピジェナクティブ現象と言います。よって肌においては、細胞を活性化させ、ダメージを受けた細胞やDNAの若返りをサポートし、さらには細胞のネガティブサインや肌老化の修復にも期待できるのです。

20180419_biologiquerecherche_2

エピジェナクティブ©の形状からインスパイアされたパッケージ。

エピジェナクティブ©は、細胞組織の再構築と劣化したタンパク質をリサイクルするのに欠かせない、カプセル化したペプチド。言い換えるならば、肌の再活性化を促すことで、すでにできてしまったシミや深いシワ(=遺伝子が変化していた)を軽減することにつながる、ということ。バリア機能も強化されるので、シミ・シワ予防やハリアップにも効果を発揮します。

老化してしまった肌に、遺伝子レベルからアプローチ。そんな夢のような有効成分などがブランド至上最大数配合されたクリームなので、そのお値段もため息ものなのですが、化学の世界の最新知見を手に入れると思えば納得です(よね?)。

ビオロジック ルシェルシュ

電話:06-6227-8086(BRJAPON)

ビオロジック ルシェルシュ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    最終兵器、登場。できてしまった肌老化をなかったことに!?

    FBからも最新情報をお届けします。