1. Home
  2. ライフスタイル
  3. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

2,120

年を重ねるにつれ、自分が思うセルフイメージと鏡に映る自分の顔のずれを感じることが増えた気がします。鏡の中の自分の顔にありえない(はずの)影やたるみを見つけては「え、もしかして私老けた!?」とドキッとすることも。

反面、全然変わらずに見える人も存在します。

20180418_eye_care_4

例えば、女優の天海祐希さん。美容外科「東京イセアクリニック」が行った「素敵な年の重ね方をしている憧れの女性有名人・タレント」という世代別調査でも、40代では断トツの1位。あの年齢を感じさせない若々しさの秘密はどこにあるのでしょう?

「目元」が印象を左右する

女性の見た目年齢を左右するパーツといえば、やはり「目元」ではないでしょうか? 同じく美容外科「東京イセアクリニック」が行った「世代別/女性が気になる『自分/他人が老けたと感じる顔の部分・悩み』」アンケートでも、「自分の顔」で老い(年齢)を感じる部分について、

1位:目元(56.7%)
2位:ほうれい線(53.2%)
3位:輪郭(28.6%)

「目元」が半数を超える結果に。

次に「他人の顔」で老い(年齢)を感じる部分はどこかを聞いたところ、

1位:目元(69.2%)
2位:ほうれい線(67.9%)
3位:口元(40.2%)

と、ほぼ同じような結果になっています。

つまり「目元」や「ほうれい線」で自分や他人の老いを感じるケースが多いということになります。確かに、特殊メイクなどでも老いを表現するパーツは目元と口元だと言われます。逆にここさえハリがあれば、老いを感じさせなくて済むわけです。

気になるのに、何もケアしない矛盾

20180418_eye_care_7

そんな目元を気にする人が多い中で、日ごろの「目元ケア」について聞いてみたところ、「とくに特別な目元ケアはしていない」(55.8%)が1位と、半分以上の人が特になにもしていないという結果に。2位の「目元専用のアイクリームや美容液を使用している」(16.3%)でさえ2割にも満たないのですから、これは天海さんを目指す以前の話です。

20180418_eye_care_3

東京イセアクリニック吉種総院長によると、人はまず「他人の目元」を見るのだそうです。つまり、顔の印象を決定している最も重要なパーツは、“目元”。

目元は、他の部分と比較すると皮膚が薄いうえ、シワやシミ、たるみなどが人目につきやすく老けた印象を与えやすいパーツ。そう考えると、少しでも鏡をのぞいた時のショックを減らしたいのであれば、日頃からきちんと目元ケアを心掛けたり、目に負担をかけないようにしたいものです。

逆に考えると、忙しくても目元のケアだけは忘れないように心掛ければ、若々しさも数ランクアップ、するかもしれませんね。

美容外科『東京イセアクリニック』/医療法人社団心紲会
Images via Getty Images, Shutterstock

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 利用者がライザップに支払うのは「ジムの利用料」ではない? 新しいアイデアのヒントが集結

    6. 博学多才タイプ

    7. スウェットまで洒落て見えるブランドは?

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 博学多才タイプ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    FBからも最新情報をお届けします。