1. Home
  2. キャリア
  3. 「外見は一番外側の中身」。仕事中、おしゃれ賢者は何着てる?

「外見は一番外側の中身」。仕事中、おしゃれ賢者は何着てる?

20180425_farfetch_144_top

ファッションはビジネスツールのひとつ。もしかしたら言葉よりも資料のデキよりも、その人を物語るものかもしれません。とはいえ、せっかくなら自分らしさを表現しながら装うことを楽しみたいというのも本音。ファッションの達人は服についてどのように考えているのでしょうか。

今回お話をうかがうのは、日本屈指のクリエイティブ・ディレクター佐藤可士和さん率いる「SAMURAI」マネージャーの佐藤悦子さん。公私ともに可士和さんを支える名プロデューサーである佐藤さんに、装いや服選びにおいて、大切にしていることを教えていただきました。

外見は内面を表す。「外見と人柄はつながっている」と考えて

どんなアイテムでも自在に着こなし、ファッションを自由に楽しむ悦子さん。

「ファッションは趣味のひとつというぐらい、服が好きなんです。ファッションの醍醐味は“その時代の空気をまとえること”だと思います。今シーズンは“赤”を着たい気分なのですが、同じ赤でも今年らしいトーンがあったり、今年らしい小物を合わせたり。新しい気分をまとえることがすごく楽しいですね」

20180425_farfetch_144_3

忙しい海外出張の合間を縫って、買い物の時間を捻出するという悦子さん。バッグはバルセロナ出張の際に購入したロエベのもの。コーディネートの主役も張れる存在感のあるシューズはジミー チュウ(左)とシャネル(右)。(すべて悦子さん私物)

悦子さんの座右の銘は「外見は一番外側の中身」。夫婦で親交のあったコラムニストの故・天野祐吉さんの言葉で、実際はファッションについて語られたものではなかったものの、「私のファッションの師匠は天野さん」と断言するほど、悦子さんの心に響いたのだとか。

「外見と内面は分けて語られること多いですし、『外見だけで判断しないで』みたいな言葉もよく聞かれます。でも、服もメイクも髪型も、すべて自分で決めていることなんですよね。外見と内面を切り離すことはできないんです」

働く女性に必要なのは「自分を理解して、表現すること」

「外見は一番外側の中身」を座右の銘に掲げて十数年。働く女性として意識しているのが、「セルフプロデュース」のためのファッション。自分を理解して表現することが、働く大人の装いには必要だと語ります。

「オンとオフを分けるだけでなく、オンにもさまざまなシーンがあります。私の場合はプレゼンや役員会といった固めのシーンから、海外のクライアント主催のフォーマルなパーティ、そしてカジュアルな打ち合わせまで本当にさまざま。私が表に出るのか、夫を立てるのかといった立ち位置も違ってきます。そういった自分のあり方を理解しつつ、アイデンティティを表現する、そんな着こなしができたらと思っています」

そこで、悦子さんが実際にビジネスシーンで着ている服を見せていただきました。

ビジネス関係のパーティに用意した「きちんと+華やか」な一着

20180425_farfetch_144_6

今シーズン惹かれるという鮮やかな赤のワンピース。ドレスコードが「ビジネス」というパーティで着る服を探していたところ、たまたま見かけて「これだ!」と即決。トラッドできちんとした印象もありながら、タイトなシルエットとボタンに使われたパールが女性らしさをプラスします。(グッチ/悦子さん私物)

プレゼンもスーツではなく「ベーシックな色味のワンピース」で

20180425_farfetch_144_7

服が悪目立ちしないように、色はベーシックにおさえて、フレアなどのディテールで女性らしさを演出するのが悦子さん流。プレゼンなどでもあえてスーツは選ばず、ワンピースを着ることが多いそうです。ジャージー素材で動きやすくシワになりにくい点もビジネスにぴったり。(ルイ・ヴィトン※/悦子さん私物)

ルーティンワークの日は「遊び心あるスカート」で気分をあげる

20180425_farfetch_144_8

悦子さんがパリでひと目惚れしたのは、絞り染めの生地にブラックのレースがアクセントになったスカート。歩くたびにレースが美しく揺れて、仕事中の気分もあげてくれそうです。(スカート:セリーヌ、シューズ:ジミー チュウ/悦子さん私物)

「今日は何を着ようか」と慌てることがないように、悦子さんは仕事の予定にあわせて着る服&髪型のスケジュールも立てているそう。さすがですね。

忙しい女性はもっとECサイトも活用を

20180425_farfetch_144_4

忙しくても「ファッションと仕事は切り離せない」と、雑誌を見たりウェブサイトを活用したりして情報のアップデートを欠かさないという悦子さん。時間が限られた海外出張中も、現地のお店をチェックする時間は作るようにしています。

そして、豊富な品揃えと便利さに驚くというのがECサイト。この日、悦子さんは「FARFETCH(ファーフェッチ)」のウェブサイトでフェンディのお気に入りのバッグにつけるストラップを発見。

FARFETCH」は、世界190か国で展開するラグジュアリーファッションに特化したECサイトで、グッチをはじめ有名ラグジュアリーブランドから、新進気鋭のデザイナーズブランド、またヴィンテージアイテムまで、2000を超えるブランドが一堂に会しています。新作はもちろん、別シーズンのものや日本未入荷のものまで扱っているので「狙っていたのに買い逃した」「日本では売っていなかった」という人にもおすすめ。

充実したラインアップと読み物で、情報もアップデート

20180425_farfetch_144_5

注文した商品は、早ければ3日で現地ショップから手元に到着。購入金額が18,000円以上なら、送料は一律1,500円(2018年4月現在)です。一度に何点注文しても、送料が加算されることはありません。また、商品受領日から14日以内なら返品も無料。閲覧履歴によってその人の好みをAIが学び、アイテムを紹介する“レコメンド機能”があるので、見れば見るほどより早く確実に好みのアイテムに近づけるようになるのも忙しい女性にはうれしいですね。

「私が海外で買ったものもいろいろ載っていて、すごいと思いました。わざわざ海外で買わなくても、ここで買えばよかったですね(笑)。カテゴリーやブランドだけでなく、色やシルエット、ネックラインといった細かなディテールで検索できるのも便利。初夏はイエローを着たい気分なので、さっそく色で検索します!」

さらに、トレンドをおさえた読み物が充実しているのも魅力のひとつで、「お買い物もできて、情報収集までできるサイトは、忙しい女性が日常的にチェックするにもピッタリです」と悦子さんも興奮気味に話してくれました。

無難にまとめていればとりあえず安心という気持ちがあるのも確か。でも、働く女性にとってファッションはアイデンティティであり、自分をプレゼンテーションする効果的な方法。FARFETCHが“一番外側の中身”である外見を磨く近道になってくれそうです。
※FARFETCHでは、ルイ・ヴィトンの取り扱いはしておりません。


佐藤悦子(さとう・えつこ)さん

早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂を経て、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーに。2001年よりアートディレクター佐藤可士和氏のオフィス「SAMURAI」のマネージャーとして、アートディレクションのプロジェクトに多数携わる。一児の母。『子どもに体験させたい20のこと』(筑摩書房)などの著書をもつ。

FARFETCH

撮影/久保田育男(OWL) 取材・文/大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    2. SHIHOやアンミカも実践ずみ。ほっそりの秘密は「ひねるだけ」

    3. もう痛み止めはいらないかも?耳栓と頭痛の意外な関係性

    4. AYAさん監修!高タンパク・低カロリー・脂肪燃焼効果メニューをビールとともに

    5. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    6. できるだけラクしたい人向け「目標達成メソッド」

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. これからの転職面接は 「何をした」より「何ができる」の時代へ

    10. わたしは何を勉強すればいい?「大人の学び」の見つけ方

    1. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    2. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    3. もう痛み止めはいらないかも?耳栓と頭痛の意外な関係性

    4. スニーカー通勤? アリです! ニューヨーカーたちはどうしてる?

    5. 部下がいる人、いない人。決定的な違いは毎日のアレ

    6. わたしは何を勉強すればいい?「大人の学び」の見つけ方

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 大人の歯磨き、基本のき。歯垢をしっかり取り除く方法

    10. SHIHOやアンミカも実践ずみ。ほっそりの秘密は「ひねるだけ」

    1. 寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンクワースト7

    2. スマホはケースなしで使いたい。落としても割れにくくする秘策

    3. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    4. 糖尿病を引き起こす、実はキケンな6つの習慣

    5. 「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

    6. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    7. これ、実はヘルシーです。美味しくがっつり食べられるバーガーが上陸!

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. ゴールデンウィークにやっておきたい、普段できない3つのこと/まとめ

    10. もう痛み止めはいらないかも?耳栓と頭痛の意外な関係性

    「外見は一番外側の中身」。仕事中、おしゃれ賢者は何着てる?

    FBからも最新情報をお届けします。