1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. haruの恋占い 5月のあなたの物語(12月生まれ)

haruの恋占い 5月のあなたの物語(12月生まれ)

1,259

12_01

「このままで幸せ」と思っていたあることに、今月突然「欲」が出てしまいそう。どうしても白黒はっきりとした決着をつけたくてしかたがなくなってしまうのです。一度思いつたら、なかなかその考えを切り替えることが難しいのが12月生まれの特徴なのですが、今月は踏ん張って「白黒つけない方向」でしのいでください

いまはそのタイミングではないので、あなたが望んでいるものとは正反対の結末になってしまいます。駆け引きもしてはダメ。相手の言葉の行間を読みすぎて過剰に反応してしまう傾向も出てくるので、せっかく「ちょうどいいバランス」だったものを自ら崩してしまうことになるかも。とくに文字だけのやりとりには気をつけてくださいね。

もし、感情が抑えられないときは、言葉ではなく、スタンプをポンと送るだけにして。あなたのキャラにはない選択かもしれませんが、スタンプや絵文字が今月のあなたの暴走を止めるクッションとなりますから、ぜひ駆使してください。

美女の粉

声のトーンを意識してみましょう。高めの人はやや低く、低めの人はやや高く。いつもと異なるトーンで発声してみるのです。誰かの視界のなかで、あなたの輪廓がくっきりと浮かび上がる魔法となりますよ。

カフェグローブのほかの占いも見る

>>haruの恋占い:2018年の年間占い
>>逢坂杏の12星座占い
>>吉野まゆのインド占星術


haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    haruの恋占い 5月のあなたの物語(12月生まれ)

    FBからも最新情報をお届けします。