1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 痛みを共有できる時代に。20代で困難を乗り越えるには? [MASHING UP]

痛みを共有できる時代に。20代で困難を乗り越えるには? [MASHING UP]

MASHING UP

201803_mu_difficulty_top

2018年2月22〜23日にトランクホテルで開催されたビジネスカンファレンス「MASHING UP」。Unleash Yourself (自分自身を解き放とう)のテーマの下、多彩なセッションやワークショップが繰り広げられました。カフェグローブはイベントに密着取材、パワフルな現場の様子をレポートします!

仕事、病気、育児など、降りかかる困難は人それぞれです。突如、自分の身に降りかかった大きな逆境に立ち向かい、乗り越えることは容易なことではありません。

20代で命と向き合って

壇上に並ぶ二人の登壇者。米良はるかさんは日本初のクラウドファンディングサービス「Readyfor」の創業者で代表取締役CEO。鈴木美穂さんは、日本テレビの記者(兼)キャスター、そして認定NPO法人マギーズ東京の共同代表理事です。エネルギーに満ちた晴れやかなお二人の共通点は、20代で命と向き合う経験をしたこと。お二人の経験から、医療分野に詳しいジャーナリストの古川雅子さんが引き出したのは、「大きな病気を経験して、どういう価値転換が起こったのか」でした。

201803_mu_difficulty_furukawa

ジャーナリストの古川雅子さん

米良さんが悪性リンパ腫と診断されたのは、29歳のとき。告知された時はステージがわからず、会社の経営からいったん離れる決意をしました。自分で下した決断とはいえ、「仕事から引き離されたときに、自分のアイデンティティを取られたと思った」そうです。

「本当にのめりこんでいた仕事がぱっとなくなったときに、不安になりました。苦しかったのが、朝、病院に向かうとき。通勤で歩いている人たちを見ながら、ビジネスからはまったく違う世界にきちゃったなと。しんどかったです。そこから病気が治るとしても、どういうふうに今後の人生を送ればいいのかと考えました」

幸いステージ1で標準治療がよく効くことがわかり、半年間という療養期間を成長のいい機会にしよう、と気持ちを切り替えることができたといいます。

201803_mu_difficulty_meraJPG

READYFOR株式会社の米良はるかさん

「療養中は、インプットの時間にしようと本ばかり読んでいました。リーダーの思想、歴史や哲学、経済の仕組みなど。いまがどういう時代で、私たちはどうしていかなくてはいけないのかというのがよくわかって、むしろその時間があってよかったと思えました」

その経験が、将来レールをはずれ、想像する未来を送れなかったとしても、自分なりに喜びを見つけて人生を楽しんでいけると思わせてくれた、と言います。

毎日死ぬ夢ばかり見ていた

201803_mu_difficulty_suzuki

日本テレビ、認定NPO法人マギーズ東京の鈴木美穂さん

いっぽう、鈴木さんは大学卒業後に日本テレビに入社し、天職と思うほど記者の仕事にのめりこんでいました。しかし入社3年目を迎えた24歳のある日、シャワーを浴びた後に胸のしこりに気づきます。病院に行ってみると、進行したステージ3の乳がんと診断されました。3日間徹夜しても大丈夫という体力の持ち主で、努力すればなんでもできると信じていた自分が、25歳も迎えられないかもしれない。大きな衝撃でした。

「治療中はうつ状態で、毎日死ぬ夢を見ました。海の中に歩いていくと、パーティーをやっていて、おばあちゃんにも会える。天国に行けば、新たな世界にいけるんだと。夢からさめると、髪の毛がない、歩けない、吐く。もう天国へ飛び降りたい、そう思っていました

でも、どん底を見たからこそ、世の中には様々な困難があるということに気づけた、と鈴木さんは振り返ります。

「社会復帰できたとしたら、そういった困難を助けられるような生き方をするので、助けてくださいと神様にお祈りしていました」

201803_mu_difficulty_3

そんな折に出会ったひとりの女性が、鈴木さんの価値観を大きく変えます。やはり乳がんを9年前に経験した女性。マンションの一室で、可愛い帽子やカツラのセレクトショップを開いていました。「ロールモデルを見つけたと思いました。私も9年後、こうやって同じように辛い思いをしている人たちの希望になれたらと」

将来のことを考えられる。このことが鈴木さんの心の立ち直りを大きく後押ししてくれました。そして、いまはクラウドファンディングを通じて、英国発祥の「マギーズセンター」を東京に立ち上げ、がんを経験している人や家族が誰でも訪れ、気軽に医療者に相談もできる場を運営しています。「自分が弱い立場になるのは大事なことで、世界中にある様々な悲しみを、あの原体験がなければ想像しきれなかったし、どうにかしたいとも思わなかった。あの経験が人生をつくっていると思います」

人生100年といわれるいま。誰もがなにかしら困難を抱えていく時代でもあり、痛みを共有できる時代にならなければならない。そして、どんなことがあっても、わたしたちはひとりではない。米良さんや鈴木さんの思いは、そこにあります。

201803_mu_difficulty_last

20代で困難を乗り越えるには?

MASHING UP 2018年2月22日 18:35-19:05 @トランクホテル 3F
米良はるか(READYFOR株式会社)、鈴木美穂(日本テレビ放送網株式会社認定NPO法人マギーズ東京)、古川雅子

撮影/YUKO CHIBA、取材・文/Kikuko Yano

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    2. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    5. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    6. これからは「生き方が働き方」に。好きなことを仕事にしていくヒント

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「直感に従えば、必ず答えが見つかる」理由

    10. 雨だけど「髪、まとまってる! 」って歓喜したい

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    3. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    4. もしも部下が発達障害だったら?

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    7. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    8. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    8. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    9. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    10. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    痛みを共有できる時代に。20代で困難を乗り越えるには? [MASHING UP]

    FBからも最新情報をお届けします。