1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 視線を奪う口元へ。アジア人の肌になじむ、失敗のないNARS自信色

視線を奪う口元へ。アジア人の肌になじむ、失敗のないNARS自信色

1,139

7年前の研究結果にはなりますが、マンチェスター大学で行われたメイクに関する研究において、男性は女性を前にした時、女性の目よりも口元に注目しており、ヌードよりピンク、ピンクより赤と、リップカラーが鮮明だと、より注目度が高いことが示されました。

これは唇の厚みには関係がなく、たとえ薄い唇であっても、リップを塗ることによって魅力を倍増させることが可能だと研究者は話しています。よって、欧米人と比較すると唇のボリュームが少ないアジア人でも、唇を魅力的に見せることはできる、ということ。

「明るさ」が好まれるアジアに向けた「NARS」の新色

20180417_nars_1

「NARS オーデイシャスリップスティック」3,996円(税込)。ボリューム感と濃密カラーながら、軽いつけごこちと滑らかさを兼ね備える人気シリーズから、春らしいコーラル、ピンク、オレンジのポップシェード6色が登場※2018年4月20日(金)発売

必ずしもこの結果を表しているわけではないとは思いますが、明るいリップカラーが好まれる傾向は、実際、アジアマーケットで顕著なよう。「NARS」から発売となる新作リップはアジア限定色なのですが、明るくポップなシェードやコーラルカラーに対するアジアでの需要が高いことから発売が決まったのだとか。

気になる新色は、オレンジレッド系の「2856(ブライトマンダリンレッド)」や朱に近い「2857(ビビッドオレンジ)」などハッとする色からヌード系まで全6色。ワンストロークでフルカバレッジかつ高発色を実現しつつも、薄膜でベタつきの少ないセミマットタイプで人気の「オーデイシャス ポップコレクション」から登場するため、ヌード系カラーであってもリップを施している感はバッチリ。

大胆不敵という自信を手に入れて

20180417_nars_2

シリーズ名の「オーデイシャス」とは、日本語で「大胆不敵」の意。これは12色のリップスティックからブランドの歴史が始まったNARSにとって、リップスティックは特別なアイテムであり、「塗ることによって、その人が楽しくなり、自信を持つことができるようなリップスティックを作りたい!」というフランソワ・ナーズの想いを表現した名前です。

そもそも、大胆不敵とは、恐れ知らずで、度胸がすわっており、向かうところ敵なしの様子を指します。つまり、オーデイシャス ポップコレクションとは、冒険色ということではなく、つけていると自信を持つことができ、失敗もないアイテムのこと。特に本作はイエローベースに馴染みやすいカラーレンジなので、普段はナチュラルなリップを選んでいる人にこそ、試してみてもらいたい一本です!

NARS

電話:0120-356-686(NARS JAPAN)

NARS

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    視線を奪う口元へ。アジア人の肌になじむ、失敗のないNARS自信色

    FBからも最新情報をお届けします。