1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 視線を奪う口元へ。アジア人の肌になじむ、失敗のないNARS自信色

視線を奪う口元へ。アジア人の肌になじむ、失敗のないNARS自信色

1,030

7年前の研究結果にはなりますが、マンチェスター大学で行われたメイクに関する研究において、男性は女性を前にした時、女性の目よりも口元に注目しており、ヌードよりピンク、ピンクより赤と、リップカラーが鮮明だと、より注目度が高いことが示されました。

これは唇の厚みには関係がなく、たとえ薄い唇であっても、リップを塗ることによって魅力を倍増させることが可能だと研究者は話しています。よって、欧米人と比較すると唇のボリュームが少ないアジア人でも、唇を魅力的に見せることはできる、ということ。

「明るさ」が好まれるアジアに向けた「NARS」の新色

20180417_nars_1

「NARS オーデイシャスリップスティック」3,996円(税込)。ボリューム感と濃密カラーながら、軽いつけごこちと滑らかさを兼ね備える人気シリーズから、春らしいコーラル、ピンク、オレンジのポップシェード6色が登場※2018年4月20日(金)発売

必ずしもこの結果を表しているわけではないとは思いますが、明るいリップカラーが好まれる傾向は、実際、アジアマーケットで顕著なよう。「NARS」から発売となる新作リップはアジア限定色なのですが、明るくポップなシェードやコーラルカラーに対するアジアでの需要が高いことから発売が決まったのだとか。

気になる新色は、オレンジレッド系の「2856(ブライトマンダリンレッド)」や朱に近い「2857(ビビッドオレンジ)」などハッとする色からヌード系まで全6色。ワンストロークでフルカバレッジかつ高発色を実現しつつも、薄膜でベタつきの少ないセミマットタイプで人気の「オーデイシャス ポップコレクション」から登場するため、ヌード系カラーであってもリップを施している感はバッチリ。

大胆不敵という自信を手に入れて

20180417_nars_2

シリーズ名の「オーデイシャス」とは、日本語で「大胆不敵」の意。これは12色のリップスティックからブランドの歴史が始まったNARSにとって、リップスティックは特別なアイテムであり、「塗ることによって、その人が楽しくなり、自信を持つことができるようなリップスティックを作りたい!」というフランソワ・ナーズの想いを表現した名前です。

そもそも、大胆不敵とは、恐れ知らずで、度胸がすわっており、向かうところ敵なしの様子を指します。つまり、オーデイシャス ポップコレクションとは、冒険色ということではなく、つけていると自信を持つことができ、失敗もないアイテムのこと。特に本作はイエローベースに馴染みやすいカラーレンジなので、普段はナチュラルなリップを選んでいる人にこそ、試してみてもらいたい一本です!

NARS

電話:0120-356-686(NARS JAPAN)

NARS

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    2. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    3. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    7. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    8. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    9. 人はなぜ学ぶ? 本当になりたい自分への第一歩

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    2. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    3. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    4. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    6. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    7. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    視線を奪う口元へ。アジア人の肌になじむ、失敗のないNARS自信色

    FBからも最新情報をお届けします。