1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ジョギングから旅行まで。ニューバランスから「これ一足でOK」スニーカー

ジョギングから旅行まで。ニューバランスから「これ一足でOK」スニーカー

5,195

「ニューバランス」から、すべての女性に向けたニューモデル「NERGIZE」が登場しました。最大の特徴は、このシューズがスポーツだけでなく、ファッションに、旅行にと多目的に使える汎用性

「エクササイズシューズを買いに来たものの、何を買ったらいいのかわからない……というお客様の声をよくお聞きします。そこでわたしたちが目指したのは、『とりあえずこれ1足持っていれば間違いありません!』と、ショップスタッフが自信を持って薦められるシューズでした」(ニューバランスPR 金子鼓さん)

20180406_newbalance_2

「FUEL CORE NERGIZE W」全6色展開 各7,900円(税別)。軽量性と反発性を実現させたミッドソール、トレーニングとジョギングの動作解析から設計されたアウトソールが、日常使いにも運動ニーズにも対応。大きな履き口と細身のシルエットがスタイルアップをかなえ、さらにスリッポン構造が着脱をしやすくしてくれる。

運動に使えるし、運動をやめても使える

そこで、ジムワークからジョギングまで、幅広いエクササイズに対応できるジムトレーニング用に開発されたソールを採用。一方で、万が一、エクササイズをやめてしまったとしても、「エクササイズシューズだからもう履けない……」ではなく、普段履きとして使えるシューズの可能性を広げてきたのだそう。

「その結果が、1つのシューズでジョギング、ウォーキング、フィットネス、カジュアル使い、旅行使いとさまざまな使い道をかなえるNERGIZEでした」(金子さん)

20180406_newbalance_3

女性を元気にするシューズであるために

NERGIZEとは「ENERGIZE(活気づける、エネルギーを与える、高める)」からの造語。これからスポーツを始めたいと思っている女性たちのモチベーションを上げることができるようなモデルとなるよう願いを込めた名前なのだとか。よって、同モデルの企画からデザイン、設計、MD、マーケティングに至るまで、プロジェクトに関わるチームメンバーは全員、女性。女性ならではのチームワークがいかされ、生の女性の声や要望が随所に盛り込まれています

たとえばスリッポン構造を採用した点について。社内の女性からは脱ぎ履きのしやすさを求める声が多く寄せられたものの、一般的にスリッポン構造だと足の入れやすさと引き換えにフィッティングがルーズになりがち。それをテクノロジー面で工夫を凝らし、通常のシューレースのトレーニングシューズと遜色ないフィット感に。こんなに楽に履けるのに!? という、履きやすさとフィッティングを同時に高次元で実現させています。

20180406_newbalance_4

また、履いた時に脚が綺麗に見えるという、機能面だけではないファッション面にもこだわっているとのこと。

「さっそくお試しくださったかたがたは、シューズの軽さ履き心地のよさ、可愛いカラーリングに驚いていらっしゃいました。カラーバリエーションをそろえたい、母の日にプレゼントしたいなど、嬉しいお声をいただいています」(金子さん)

ニューバランス

電話:0120-85-0997(ニューバランス ジャパンお客様相談室)

ニューバランス

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    ジョギングから旅行まで。ニューバランスから「これ一足でOK」スニーカー

    FBからも最新情報をお届けします。