1. Home
  2. 神田朝子
  3. 好奇心がとまらない! ニューヨークで全米最大デザインの祭典

好奇心がとまらない! ニューヨークで全米最大デザインの祭典

20180408_nycdesign_1

2018年も「NYC x DESIGN 2018」ウィークが、5月11日から23日の期間で開催されます。毎年5月にニューヨーク市で開催される、恒例のこのイベント。ミュージアム、ギャラリーやアートスクールのみならず、ストリートが最新デザインに溢れるスペシャルなニューヨークに期待大です。

5万人以上のデザイナーが集結。全米最大規模のデザインの祭典

「NYC x DESIGN 」ウィークには、7,700以上のデザイン事務所と、約52,500名のデザイナーが集結し、デザイン業界においては全米最大の規模。毎年規模を拡大し、昨年は前年比11万人増となる約35万人が訪れており、本年はさらなる来場者が見込まれているとか。

20180408_nycdesign_2

インテリア、建築、ファッション、アート、グラフィックデザイン、テクノロジーなど、幅広い分野における才能溢れるクリエイターが世界中から集結します。分野を超えて、最新デザインに触れられる貴重なチャンス。頭を柔らかく、感性を研ぎ澄ませて挑めば、あらゆる角度から刺激をくれそうです。

ハイライトはインテリアデザイン。ゴルチエデザインの家具も

今年のハイライトのひとつは、インテリアデザインの国際見本市「ニューヨーク国際家具見本市(ICFF)」。今年で開催30周年を迎える、北米最大級のインテリアデザインの国際見本市で、フランスで注目されているデザインが多く出展される予定です。

フィリップ・スタルクなど有名なプロダクト・デザイナーのほか、ジャンポール・ゴルチエの家具やインテリアも出展予定で、どんなアヴァンギャルドなデザインに触れられるのか、個人的にも注目しています。

ニューヨークの観光名所であるタイムズスクエアには「デザイン・パビリオン・イン・タイムズスクエア 」が設置され、無料でデザイン関連のイベントやパフォーマンスを楽しむことができます。

そのほか、ブルックリン発のデザイナーの作品を紹介するなど若い才能を発掘するプログラムや、今年3回目となる「NYC x DESIGN」アワード、デザイン・ディストリクトと呼ばれるソーホーやトライベッカでも展示やイベントなども。期間中は文字通り、ニューヨークの街をあげたイベントの盛り上がりに、もはやどこから手をつけたら良いのか目移りしてしまいそうです。

センス磨きは宿泊先でも。デザイン優先で選びたいホテル

ストリートで受けた刺激と興奮をそのまま宿泊先でも。最近ホテルのニューオープンが相次ぎ、宿泊先のチョイスもよりどりみどりのニューヨークですが、中でもこのイベントのパートナーホテルを選べば、デザインの世界に浸って過ごすことができそうです。

ミッドタウンの「ザ・ウィットビー・ホテル(The Whitby Hotel)」やロウアー・マンハッタンの「イレブン・ハワード(11 Howard)」などは「NYC x DESIGN」のスペシャルなレート(※)で宿泊することができます。

そもそもニューヨークといえば、日常を離れ、感性を磨きに訪れるひとも多いはず。世界三大美術館の一つ、メトロポリタン美術館を始め、幾つもある個性的なミュージアムでお気に入りの作品との再会を楽しむのも贅沢な楽しみですが、このウィークに訪れればプラスアルファ、まだ見ぬ感性に触れることができます。最新デザインの美しさ、可能性は、いつも感度高く過ごしたい大人にたくさんのインスピレーションをくれそうです。

ホテルスペシャルレートについて
NYC x DESIGN 2018, ニューヨーク市観光局

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    6. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    9. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    10. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    8. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    好奇心がとまらない! ニューヨークで全米最大デザインの祭典

    FBからも最新情報をお届けします。