1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 日本が舞台のウェス・アンダーソン『犬ヶ島』プレミアに招待されたのは、ワンコ! [The New York Times]

日本が舞台のウェス・アンダーソン『犬ヶ島』プレミアに招待されたのは、ワンコ! [The New York Times]

The New York Times

20180401_nyt_dog_1

Peter Prato/The New York Times

米サンフランシスコの歴史ある映画館ロキシー・シアターに先日、小さな「観客」が集まった。犬たちだ。ウェス・アンダーソン監督の最新作『Isle of Dogs(犬ヶ島)(日本公開は2018年5月25日)の試写会が「犬同伴OK」で開かれたのだ。

全234席のチケットは完売の盛況ぶりで、上映前にはレッドカーペットで犬たちの撮影会も行われた。ロキシーの作品編成ディレクター、イザベル・フォンデヴィラ氏は「犬たちはシートに座ることもできます。上映後のために粘着クリーナーも用意しています」と話した。

落ち着きなく座席に挟まるワンコも

20180401_nyt_dog_4

Peter Prato/The New York Times

しかし満席の場内では、一部の犬たちが座席に四苦八苦していた。チャウチャウとコッカースパニエルのミックスでピンクと赤のストライプの服を着た7か月のレイラは落ち着かない様子で、目にするあらゆるものに気を取られていた。座席の後ろの匂いを嗅ごうと体をひねると、座席がバタンと開いて間に挟まってしまった。飼い主のエミリー・ハッペさん(21)は、「この子は小さすぎね」と言って、レイラを膝に乗せた。

ヨークシャテリアのミックス犬で7歳のスカウトは、興奮しすぎてまったく座らず、床の匂いをかぎまわっていた。この日のためにスカウトを義理の父から借りてきたというダニエラ・ホバートさん(30)は、「この子は田舎暮らしで、羊を追い回すのが好きなの」と話した。「すべてが新しい経験ね」

ウェス・アンダーソン監督最新作は、近未来の日本が舞台

20180401_nyt_dog_2

Peter Prato/The New York Times

イベントを企画したのは『犬ヶ島』の宣伝を手がけるアライド・インテグレイテッド・マーケティングのシニア・アカウント・エグゼクティブ、アンドレア・ベルトリーニ氏。同作品は、近未来の日本が舞台のストップモーションアニメで、すべての犬たちが「犬ヶ島」に隔離されている。

ベルトリーニ氏は、予告編を見てすぐに犬が参加できる上映会を思いついたという。

これに賛同したのがロキシー・シアターだった。ロキシーはこの2年、ニューヨーク・ドッグ・フィルム・フェスティバルの会場となっており、犬同伴の観客を受け入れてきた

「私たちは犬を愛しています」と、フォンデヴィラ氏は力強く語った。

動物病院だと思っている?

20180401_nyt_dog_3

Peter Prato/The New York Times

とはいえ、場内の犬たちが楽しんでいるかはわからない。9歳の柴犬イコを膝に乗せていたショーン・ハットフィールドさん(44)は、「彼はここが動物病院なのか見極めようとしているんだと思います。たくさんの人と犬がいるから。注射を打たれると思っているんじゃないかな」と話した。

ビションとシーズーのミックス、パイレートの飼い主グレッグ・マクウェイドさん(48)は、「彼は気難しい老人みたいなんだ。楽しい騒ぎは嫌いだから、ウェス・アンダーソンの作品がベストな選択かどうか」と漏らした。

前から2列目の席では、18か月のコッカースパニエルのミックス、ウィンストンが行儀よく座りながら、ハーハー言っている。

そして座席に興奮して疲れ果てたレイラは、上映が始まる前に飼い主のハッペさんの膝の上で眠ってしまっていた。

20180401_nyt_dog_5

Peter Prato/The New York Times

©2018 The New York Times News Service[原文:Aisles of Dogs/執筆:Peter Prato and Sonner Kehrt](抄訳:Masako. M)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    2. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    3. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    7. ダルさや肌荒れは大好きな食べもののせい? 遅延性アレルギーを調べてみた/AVIの「工夫美容」#07

    8. リッチなアジア人増えてきた気がするけど、本当にそうなの?

    9. 嘘みたいに優秀!? 6人の賢者が教えるオイル美容のワザ

    10. 「いいね」「できる」で記憶は変わる。がんばりたくない人むけ自己改善法

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    3. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    4. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. ヘアケアだって印象管理。大人の品は艶髪でつくろう

    10. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    8. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    9. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    日本が舞台のウェス・アンダーソン『犬ヶ島』プレミアに招待されたのは、ワンコ! [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。