1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 身軽な旅のワードローブ、NY人気スタイリストが教えます! [The New York Times]

身軽な旅のワードローブ、NY人気スタイリストが教えます! [The New York Times]

The New York Times

1,595

ファッション性を気にしなくてもいいとしても、旅行とはいろいろたいへんなもの。でも、ニューヨークを拠点に、女優のマーゴット・ロビーやミシェル・ウィリアムズらのスタイリストを務めるケイト・ヤング(Kate Young)さんに言わせれば、旅行中でもスタイリッシュに見せるのはそれほど難しくないんです。

「旅行中でも誰だっておしゃれに見せることができますよ。お金をかけなくても、たくさん服を持っていかなくてもだいじょうぶ」とヤングさんは言います。旅することの多い彼女ですが、荷物を預けることはめったにないそうです。荷物を軽く、しかもスタイリッシュなワードローブを詰めるテク5つを伝授してもらいました。

1. 色は組み合わせられる3色を選ぶ

20180415_nyt_trip

Lars Leetaru/The New York Times

ワードローブを選ぶときには、コーディネートできる3色に絞ります。アイテムを組み合わせて毎日違うスタイルが可能になります。色は目的地によって選ぶといいでしょう。

例えば、パリのような都会へ行くなら、黒、白、ネイビー、チャーコールグレーからの3色の組み合わせがいいでしょう。ビーチやアウトドア系の旅には、カーキ、オフホワイト(または白)に明るい色を加えます。白いリネンがとくにお気に入りというヤングさんですが、それは暖かい気候では涼しく、日中にも夜の外出にも着られるという理由から。持っていくべきアイテムについては、ジーンズ、パンツ、ストライプのシャツ、ブレザー、着心地のよいTシャツを1点ずつがおすすめです。

2. 靴は最小限に

ヤングさんいわく、どんな旅行でも3足以上靴を持っていく必要はありません。スポーツシューズ、履きやすいローファー、ローブーツかサンダル、夜の外出用にはヒールのあるサンダルがいいでしょう。

男性は、スニーカーとローファーの2足で足りることがほとんどです。スポーツメーカーのスニーカーは軽くて折り曲げられるものが多いので、男女ともにお勧めです。

20180415_nyt_trip_3

Image via Getty Images

3. ワークアウトウェアで飛ぶ

ワークアウトウェアはどんどんスタイリッシュになっています。とくに長時間のフライトにはワークアウトウェアを選ぶととても快適です。気楽にたたんでどんなバッグにも入れることができますしね。

ヤングさんのお勧めは、女性なら着圧レギンスにコットンの長袖トップスと上着。男性なら、下はトラックパンツ、上はトラックジャケットかパーカーの組み合わせ。

4. アクセサリーでアクセントをつける

アクセサリーは、つけるだけでスタイルを一変させてくれるものをいくつか持っていきましょう。ヤングさんの旅のお供は、コスチュームジュエリーです。そして、イブニングバッグとしても使える美しいポーチにメーク類を収めます。ジュエリーをつけない人や男性は、楽しいデザインの靴下を。シンプルなワードローブに加えれば自分らしさを演出できます。

5. ドレッシーな服は1点に絞る

旅行中にフォーマルな夜の外出やイベントを予定しているなら、かさばるタイプのドレスやかっちりしたスーツやジャケットは避けましょう。

ヤングさんのお勧めは、女性ならスリップドレスにハイヒールのサンダル、大胆なデザインのイヤリングの組み合わせ。男性は、どんなTPOにでも使えるブレザーにパリッとした白いシャツ、ドレスパンツにローファーで完成です。

© 2018 New York Times News Service[原文:5 Tips to Travel Light and Dress Well at the Same Time / 執筆:Shivani Vora](翻訳:ぬえよしこ)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 収入アップを狙うなら、3つの見地から考えよう

    6. 長子はIQが高い? きょうだいの生まれ順が、あなたの性格に与える影響

    7. これから訪れる人生の危機を予習できるアラフォー必読小説

    8. 上司より先に帰りづらい問題。若手社員が先輩に提案するのは「ポジティブな帰り方」

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 博学多才タイプ

    1. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 若手社員に「仕事の断り方」を聞いてみたら回答が斜め上を行っていた

    8. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    9. 博学多才タイプ

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    9. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    10. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    身軽な旅のワードローブ、NY人気スタイリストが教えます! [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。