1. Home
  2. ライフスタイル
  3. レンズ越しに見つめた「時の儚さ」。世界が注目するサラ ムーンの写真展

レンズ越しに見つめた「時の儚さ」。世界が注目するサラ ムーンの写真展

企画展の発表があってから、会期スタートをどれほど待ちわびたことか。写真家・サラ ムーンの個展「D’un jour à l’autre 巡りゆく日々」「シャネル・ネクサス・ホール」にて始まります。

20180330_sarahmoon_1

La main gelée, 2000 © Sarah Moon

サラ ムーンは、パリ写真大賞などを受賞した、現代でもっとも注目される写真家の一人。1960年代にはモデルとして活躍し、趣味としてモデル仲間を撮影し始めました。70年代にはファッションや広告分野でプロとしてキャリアを認められ、シャネルなどトップメゾンの仕事に携わるように。

20180330_sarahmoon_2

Femme voilée © Sarah Moon

彼女の作品の特徴は、やわらかな光と、女性や少女の被写体が多いこと。印象派や象徴主義から影響を受けており、ピントが浅いような、やや滲んだような仕上がりゆえ、絵画のような幻想的な美しさをたたえています。

20180330_sarahmoon_3

Anonyme © Sarah Moon

たとえば、女性のポートレート。サラ ムーンが写真に収めると、ちょっぴり憂いを帯びた雰囲気が醸し出されて見えます。女性が立っているという目の前の事実だけではなく、女性の心中まで映し出されているかのよう。

「わたしが写真に表現できるのは、対象がなんであれ、それを見るという経験を通して自分が感じるエコー(こだま)だけなのです。だから、実際の現実とは違っています。自分の人生を語り始めたら、それはもうフィクションであるように、ものごとはいったん語られてしまえば、別の物語に変容してしまうもの。それは写真も同じなのです」(サラ ムーン)

20180330_sarahmoon_4

Adrienne sous la neige © Sarah Moon

本展はサラ ムーン自身が構成を手がけ、日本初公開作を中心に、新作も含む約100点が出展される予定。展覧会タイトルが示すように、作品構成のテーマは「時の流れ」なのですが、実はこれ、サラ ムーンが作家人生を通じて追求してきた主要な関心ごとの1つにあたります。美しさは一瞬、一瞬で移ろい、変化していくもの。だからこそ、美しさは儚い。会場では、時の流れを捉えた、瞬間の美しさの数々を見ることができるでしょう。

優雅な佇まいのモデルや、鳥やゾウなどの動物たち、自然の風景など。時の儚さを示唆する独自の世界観の作品に、追憶やノスタルジーが喚起されるはずです。

D’un jour à l’autre 巡りゆく日々

会期:2018年4月4日(水)〜5月4日(金)12:00〜19:30 / 無休 / 会場:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4階「シャネル・ネクサス・ホール」 / 入場料:無料

シャネル・ネクサス・ホール

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    7. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    8. 最高の指導法は、教えないこと? 部下の能力を最大限に発揮させるには

    9. 40代女性が目指す理想の女性は誰ですか?/AVIの「工夫美容」#11

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    3. 最高の指導法は、教えないこと? 部下の能力を最大限に発揮させるには

    4. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

    7. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    8. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    1. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    7. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    8. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    9. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    10. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    レンズ越しに見つめた「時の儚さ」。世界が注目するサラ ムーンの写真展

    FBからも最新情報をお届けします。