1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 相手の心をほどく何気ない会話:松下幸之助のエピソード

相手の心をほどく何気ない会話:松下幸之助のエピソード

ビジネス格言

2,560

20180408_word_top

一ついえることは、人間の心というものは、どのようにも動く、ということである。

——松下幸之助

人と人とのコミュニケーションは、必ずしもマニュアル通りにいかないものです。そこが難しいところでもあり、同時に面白いところでもあります。

パナソニック創業者の松下幸之助氏は、ヨーロッパの会社の人たちと交渉している時にそのことを実感したと著書に書き記しています。

午前中は双方の意見がなかなか合わず、机を叩くほどの大激論に。「これでは埒が明かない」ということで、お昼休憩を挟んでから話し合いを再開することになったそうです。その休憩中、ふと松下氏は世界平和についての持論を語りました。

仕事とはまったく関係のないことについて個人的な見解を述べただけだったのですが、午後の話し合いは驚くほど穏やかなムードの中で進み、松下氏側の提案はほとんど受け入れられたということです。

何気なく発した言葉やささやかな行為が、意外な形で人の心を大きく動かすこともあるようです。

[松下幸之助著『人を活かす経営』(PHPビジネス新書)]

Image via Getty Images

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 利用者がライザップに支払うのは「ジムの利用料」ではない? 新しいアイデアのヒントが集結

    6. 博学多才タイプ

    7. スウェットまで洒落て見えるブランドは?

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 博学多才タイプ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    相手の心をほどく何気ない会話:松下幸之助のエピソード

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      松下幸之助道をひらく言葉―ともに困難を超えてこそ

      仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?