1. Home
  2. キャリア
  3. ついやりがちな間違い習慣。あなたはいくつありますか?

ついやりがちな間違い習慣。あなたはいくつありますか?

2,703

毎日何気なくやっている小さな行為は、たとえあまり良くないことであっても軽視しがち。しかし、それが積み重なると長期的に生産性を下げることになりかねません。

「Business Insider Japan」の記事では、無意識でやってしまう間違いをリストアップ。この中に、当てはまるものはいくつありますか? いまのうちにチェックして、来週明けに改善してみましょう。

生産性を下げる“間違い”

20180503_1

仕事をしながらメールを並行してチェックするのは、一見効率的に見えるけれど、実は、生産性はあがっていない。太字の項目にあてはまるなら、次の改善策にトライして。

簡単なタスクから手をつける —— 大変なタスクから片付けていこう

メールを頻繁にチェックする —— 生産性が下がるので、1つのことを始めたらそれに集中しよう

職場で、デスクに携帯電話を置く —— 認知能力に支障が出るため、携帯電話はどこか別の場所に置いておく方が良い

Business Insider Japan」より引用

覚悟を決めてひとつの仕事に集中し、嫌な仕事から片付けてしまった方が晴れやかな気分で過ごせる時間が長くなりそうです。

不健康につながる“間違い”

20180503_2

仕事に集中するのは大切ですが、適度に休憩することも忘れてはいけません。座りっぱなしの健康リスクはすでに様々なメディアで大々的に報じられています。中には、「喫煙と同じくらい不健康」という表現を用いる記事も。デスクワークをしている方は、とくに気をつけましょう。

1日中座りっぱなし —— 若くして死亡する確率が高まる

何時間もスクリーンを見続ける —— 乾き目やかすみ目につながるので、20分ごとに20フィート(約6メートル)先を20秒間ながめてみよう

夕方まで、休憩を取らない —— 疲れ切ってからではなく、早めに取る方が有効。何か好きなことをしよう

Business Insider Japan」より引用

仕事に集中しすぎて休むのを忘れないように、あらかじめ休憩時間を決めてタイマーなどをセットしておくのも有効です。

心を疲弊させる“間違い”

20180503_3

ソーシャルメディアは今や私たちの生活になくてはならないツールです。気軽に人と繋がることができたり、最新の情報がリアルタイムで更新されるので見ていて楽しいもの。

しかし、疲れている時は要注意です。

ソーシャルメディアでは、他人の情報を受け取ってばかりいる —— 他人の生活をうらやましく思ってばかりいると、精神的に良くない。自分でも投稿したり、友達にメッセージやコメントをしてみよう

デート・アプリでマッチングだけ何十人もして、メッセージを送らない —— 選択肢が多すぎると、脳は処理しきれない

夜更かしをし過ぎる —— あまりに短い睡眠時間は、喫煙と同じくらい健康に悪い

Business Insider Japan」より引用

自分で投稿する気力がないほど弱っている時は、無理せずしばらく距離を置いてみてはいかがでしょう。とくに疲れていたり精神的に不安定な時ほど、“隣の芝生は青く見える”ものです。また、選択肢が多すぎて決断疲れしてしまうのは、デートアプリに限りません。自分にとって優先順位の低い項目については、“定番”を決めておくとよいでしょう。

このように日々のささやかな習慣を見直すことで、人生が長期的により良い方向に向かうということがあるかもしれません。他の項目について気になる方は、「Business Insider Japan」をチェックしてくださいね!

Business Insider Japan

Image via Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    ついやりがちな間違い習慣。あなたはいくつありますか?

    FBからも最新情報をお届けします。