1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 人生後半に強いカラダをつくるには。 究極の持久力がカギに

人生後半に強いカラダをつくるには。 究極の持久力がカギに

仕事の本棚

1,090

年齢を重ねるごとに進む体力や持久力の衰えに、もう仕方ないと諦めの境地になることがあります。年齢に負けない強さを、どのようにしたら手に入れることができるのでしょうか。鏑木毅著『日常をポジティブに変える 究極の持久力』 より、持久力の鍛え方についてご紹介します。

20180507_book_1

持久力のカギは「抗酸化」「低糖」「食事改善」

しかし一方で、これまで培ってきた知識や経験から、私にはひとつ確信していることがあります。それは、筋力や瞬発力の衰えは避けられなくても、「持久力は何歳になっても向上できる」ということです。中略

なお、ここでいうところの「持久力」とは、単に心肺機能を指す言葉ではなく、できるだけ長く動き続けることができる能力のこと。それはつまり、体脂肪を効率的にエネルギーに変えられる、脂肪燃焼率を意味しています。

1~2・26ページより引用

本書を執筆している間に49歳の誕生日を迎えた著者は、今でも現役のトレイルランナーとして100マイル(160キロ)の道を走りぬいています。そんな著者には、よく、どうしてその年齢まで体力が衰えないのかといった質問が投げかけるといいます。年齢とともに筋力や瞬発力は衰えていくのが自然ですが、持久力は年齢に打ち勝っていくことができるようです。そして、疲れない身体とアタマを保ち続けるカギは、「抗酸化」「低糖」「食事改善」にあるのだとか。

40代に突入して走る絶頂期を取り戻した著者は、タイム以外にも変貌が表れてきたといいます。それは体脂肪率。それまで、12~13%をキープしていた体脂肪率は、5%にまで抑えられていったのだとか。それは、身にまとう脂肪をそのままエネルギーとして使うことができていることの証であり、トレーニングと抗酸化、食事の改善に取り組むことで、体脂肪の燃焼効率を著しく向上させていたといいます。アスリートで無かったとしても、それは非常に興味深い話です。

炭水化物を抑えることが低糖生活の第一歩

shutterstock_7544605

持久力を司るエネルギーには、大まかに糖と脂肪の2通りがあります。たいていの人は、糖を優先的に使う体質に偏りがちですが、前章でも述べたように、効果的に持久力をアップさせるには、エネルギー源を脂肪に求めるのが理想。そこで本章では、「低糖」というキーワードから食事法にアプローチしていきます。中略

エネルギー源を糖に頼らない体質をつくるための近道は、毎日の食事内容を見直すことです。端的にいえば、血糖値を上げる原因になる、炭水化物の摂取を抑えることが大切なのです。

56・60ページより引用

私たちの食生活は、多くの炭水化物で溢れています。白米にパスタ、うどん、野菜の中でも芋やれんこん、にんじんなどの根菜類、パン粉にも多くの炭水化物が含まれています。極端にいえば、栄養バランスを一切無視して、炭水化物の含有が少ない肉類や魚類、野菜やきのこ、豆腐やチーズといった食品だけを食べて白米を一切とらなければ、低糖は実現します。しかし、ある日突然に食生活を変えてしまうことは、やはり簡単なことではありません。まずは、白米を玄米に、パン食の人は全粒粉の商品に変えれば、今までよりも糖質を抑えることは大いに可能でしょう。

著者自身も、そうした無理のない低糖生活を始めてから、10日ほどで明らかな効果を感じるようになったのだとか。具体的には、白米をがっつりと食べていたときより食事量は減っていても、トレーニングの際にしっかりと力が出るようになり、エネルギーを体の中に蓄えられている感覚を持つようになったといいます。さらに、疲れにくい体質に変わっていったのだとか。それは、糖ではなく、脂肪をエネルギーとして有効に使えるようになってきたことだといえるようです。毎日のちょっとした食事改善は、持久力の改善に向けておろそかにはできなさそうです。

フィジカルと心の持久力は両輪

shutterstock_633064178

辛さや苦しみを伴うジャンルほど、心にも持久力にが必要です。過去に挫折した経験、虐げられてきた経験を持つ人であれば、それを反骨心に変えることで、原動力にすることができます。何かをやり遂げ、成し遂げられる心のスタミナを、私は「持久脳」と呼んでいます。これはまさに、過去の経験を肥やしに成長するものといえるでしょう。オセロゲームにたとえれば、もし盤上が、一時的に相手の色に染まっていたとしても、きっかけや戦略ひとつで、パタパタと一気に自分の色に変えることは可能です。その意味で、人生で直面するアンラッキーとはむしろラッキーの始まりであり、その視点を持つことが持久脳を養う一歩です。

104~105ページより引用

持久力は何もフィジカルに偏ったことではなく、やはり心とも連動しているようです。もし、仮に、これまでの人生でろくなことがなかったと感じたり、会社で嫌なことがあったときには、それも決して無駄な経験ではないことを知ってほしいと著者はいいます。

著者自身は、これまでの日々、最初からずっと王道の花形ランナーであったわけではないようです。もし、高校時代から華々しく活躍していたら、大学時代においてストイックにトレーニングを積むことは無かったし、箱根駅伝を目指すことも無かったであろうといいます。そうなると、大学卒業と同時に、どこかの企業に勤めて現状に満足してしまい、新たな生きがいを見いだすことも無かったかもしれない。ときに上司や家族の愚痴をこぼしながら、毎日を送っていたであろうと予想しています。それを考えると、50歳を目前にして、いまだに挑戦し続ける人生があることは、まんざらではないことだと著者はいいます。学生時代の数々の挫折があったからこそ、今こうして走っていられるのだと感じるのだとか。

さらに著者は、フィジカルと脳・心の持久力アップに心がけることで、「後半に強い身体」になっていくと断言します。体と心、両方から訴えかける不断の努力こそが、年齢を超越した持久力を手に入れられるポイントのようです。

日常をポジティブに変える 究極の持久力

著者:鏑木毅
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,500円(税別)

Image via Shutterstock

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    2. SHIHOやアンミカも実践ずみ。ほっそりの秘密は「ひねるだけ」

    3. もう痛み止めはいらないかも?耳栓と頭痛の意外な関係性

    4. AYAさん監修!高タンパク・低カロリー・脂肪燃焼効果メニューをビールとともに

    5. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    6. できるだけラクしたい人向け「目標達成メソッド」

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. これからの転職面接は 「何をした」より「何ができる」の時代へ

    10. わたしは何を勉強すればいい?「大人の学び」の見つけ方

    1. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    2. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    3. もう痛み止めはいらないかも?耳栓と頭痛の意外な関係性

    4. スニーカー通勤? アリです! ニューヨーカーたちはどうしてる?

    5. 部下がいる人、いない人。決定的な違いは毎日のアレ

    6. わたしは何を勉強すればいい?「大人の学び」の見つけ方

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 大人の歯磨き、基本のき。歯垢をしっかり取り除く方法

    10. SHIHOやアンミカも実践ずみ。ほっそりの秘密は「ひねるだけ」

    1. 寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンクワースト7

    2. スマホはケースなしで使いたい。落としても割れにくくする秘策

    3. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    4. 糖尿病を引き起こす、実はキケンな6つの習慣

    5. 「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

    6. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    7. これ、実はヘルシーです。美味しくがっつり食べられるバーガーが上陸!

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. ゴールデンウィークにやっておきたい、普段できない3つのこと/まとめ

    10. もう痛み止めはいらないかも?耳栓と頭痛の意外な関係性

    人生後半に強いカラダをつくるには。 究極の持久力がカギに

    FBからも最新情報をお届けします。