1. Home
  2. キャリア
  3. 相手から話を引き出すコツは意外にも……ミスター聞き上手、池上彰の教え

相手から話を引き出すコツは意外にも……ミスター聞き上手、池上彰の教え

1,725

20180513_book_good_listener

どんな相手と話すときでも、情報を引き出そうと思ったら「はじめて聞きました」という初々しさが大事ですよね。

——池上彰

NHKの記者を経て、現在はジャーナリストやテレビ司会者として幅広く活躍されている池上彰さん

初対面の相手から情報を引き出すスキルは記者時代に磨いたそうですが、現在の仕事にも非常に役立っていると著書の中で語っています。

記者やテレビ司会者に限らず、どんな仕事でも聞き上手は重宝されます。年齢を重ね経験を積むと、何でも分かったような気持ちになってしまいがち。でも、そのような慢心やプライドがうっすらと透けて見えると、心を開いてもらえないかもしれません。

いつでも、“初心忘れるべからず”。池上さんの言うとおり、何でも興味を持って聞き、心底感心した様子を見せれば、相手も快く応えてくれるはずです。

[池上彰・佐藤優『僕らが毎日やっている最強の読み方』(東洋経済新報社)]

Image via Getty Images

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    2. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    3. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    7. ダルさや肌荒れは大好きな食べもののせい? 遅延性アレルギーを調べてみた/AVIの「工夫美容」#07

    8. リッチなアジア人増えてきた気がするけど、本当にそうなの?

    9. 嘘みたいに優秀!? 6人の賢者が教えるオイル美容のワザ

    10. 「いいね」「できる」で記憶は変わる。がんばりたくない人むけ自己改善法

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    3. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    4. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. ヘアケアだって印象管理。大人の品は艶髪でつくろう

    10. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    8. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    9. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    相手から話を引き出すコツは意外にも……ミスター聞き上手、池上彰の教え

    FBからも最新情報をお届けします。