1. Home
  2. ライフスタイル
  3. カリフォルニアワインが変わった!ソムリエたちによる新ムーブメント

カリフォルニアワインが変わった!ソムリエたちによる新ムーブメント

20180512_carifolnia_wine_top

テラスでのブランチや、ピクニックランチが心地よい新緑の季節。アウトドアでの食事に合わせるなら、今、おすすめしたいのは「ニュー・カリフォルニアワイン」です。

ニュー・カリフォルニアワインって?

カリフォルニア州は、ワインの生産量世界第4位を誇るアメリカの約9割を産出する一大産地。以前はカリフォルニアワイン=果実味あふれる濃厚な味、というイメージでしたが、昨今は地産地消など食文化の変化に伴い、新しいスタイルのカリフォルニアワインが誕生しています。

そんな、ニュー・カリフォルニアワインのコンセプトは、

1.濃厚な風味のワインではなく、低アルコールでエレガント、長期熟成可能なワイン
2.1960〜70年代にカリフォルニアで造られていたクラシック・スタイルへの回帰
3.国際品種のみならず、多様なブドウ品種の可能性へのチャレンジ
4.旧世界の技術を尊重しつつもヨーロッパの模造品でない個性的なスタイル
5.テロワールの重要性に敬意を払い、カリフォルニアらしい太陽の恵みを感じさせるワイン
6.少量生産だが一般の愛好家にも手の出る価格帯

といったもので、最近のカリフォルニアワインは、原点回帰をしながらも、時代のニーズに沿った進化を続けているのです。

カリフォルニアワインを変えたソムリエたち

ニュー・カリフォルニアワインのムーブメントには、人気レストランのソムリエたちの影響も大きいといいます。

また、ソムリエ自身がワインメーカーになったケースも。ワイナリーのレオ・スティーンでは、デンマークの星付きレストランの元ソムリエ、レオ・ハンセンによって造られた、辛口のフードフレンドリーなシュナン・ブランのワインが人気。野生酵母によって発酵するなど、より自然に近い手造りのスタイルです。

こちらはアルコール感もマイルドで、アウトドアダイニングにもぴったりです。

20180512_california_wine-1

レオ・スティーン醸造家のレオ・ハンセン

また、若手の活躍も目ざましく、マイクロ・ワイナリーであるボドキン・ワインズのクリストファー・クリステンセンは、20代の若さで醸造家として活躍。フードフレンドリーでエレガント(上品)なスタイルのソーヴィニヨン・ブランを産み出しています。

彼の手がけるアメリカ初のソーヴィニヨン・ブランを使ったスパークリング、「NV ボドキン キュヴェ・アジャンクール ブラン・ド・ブラン」ドライで華やか。サラダやサンドイッチのようなカフェメニューから懐石料理のような和食にも幅広くマッチしそうです。

また、ラベルのデザインもおしゃれ。若い人や女性も手に取りやすく、ダイニングを彩るよいインテリアになりそうです。

20180512_california_wine-3

ボドキンワインズ醸造家のクリス・クリステンセン

ニュー・カリフォルニアワインは、特別な席で開けるだけなく、生活の一部として、日々の食卓に添えられる気軽さが身上。カリフォルニアの空を思わせる、気持ちのよい日本の初夏にトライしてみたい、新たなワインです。

[ 布袋ワインズ, カリフォルニア観光局 ]

Image via Shutterstock

松田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    2. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 人間の尊厳を守る仕事をしたい/ソーシャルピーアール・パートナーズ 代表取締役 若林直子さん

    7. ウィーンの料理と雰囲気を楽しめるお店は、ここに

    8. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    9. 私だけじゃない!睡眠の悩みを解消するには/AVIの「工夫美容」#09

    10. 博学多才タイプ

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    6. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    7. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    8. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    カリフォルニアワインが変わった!ソムリエたちによる新ムーブメント

    FBからも最新情報をお届けします。