1. Home
  2. ライフスタイル
  3. カリフォルニアワインが変わった!ソムリエたちによる新ムーブメント

カリフォルニアワインが変わった!ソムリエたちによる新ムーブメント

20180512_carifolnia_wine_top

テラスでのブランチや、ピクニックランチが心地よい新緑の季節。アウトドアでの食事に合わせるなら、今、おすすめしたいのは「ニュー・カリフォルニアワイン」です。

ニュー・カリフォルニアワインって?

カリフォルニア州は、ワインの生産量世界第4位を誇るアメリカの約9割を産出する一大産地。以前はカリフォルニアワイン=果実味あふれる濃厚な味、というイメージでしたが、昨今は地産地消など食文化の変化に伴い、新しいスタイルのカリフォルニアワインが誕生しています。

そんな、ニュー・カリフォルニアワインのコンセプトは、

1.濃厚な風味のワインではなく、低アルコールでエレガント、長期熟成可能なワイン
2.1960〜70年代にカリフォルニアで造られていたクラシック・スタイルへの回帰
3.国際品種のみならず、多様なブドウ品種の可能性へのチャレンジ
4.旧世界の技術を尊重しつつもヨーロッパの模造品でない個性的なスタイル
5.テロワールの重要性に敬意を払い、カリフォルニアらしい太陽の恵みを感じさせるワイン
6.少量生産だが一般の愛好家にも手の出る価格帯

といったもので、最近のカリフォルニアワインは、原点回帰をしながらも、時代のニーズに沿った進化を続けているのです。

カリフォルニアワインを変えたソムリエたち

ニュー・カリフォルニアワインのムーブメントには、人気レストランのソムリエたちの影響も大きいといいます。

また、ソムリエ自身がワインメーカーになったケースも。ワイナリーのレオ・スティーンでは、デンマークの星付きレストランの元ソムリエ、レオ・ハンセンによって造られた、辛口のフードフレンドリーなシュナン・ブランのワインが人気。野生酵母によって発酵するなど、より自然に近い手造りのスタイルです。

こちらはアルコール感もマイルドで、アウトドアダイニングにもぴったりです。

20180512_california_wine-1

レオ・スティーン醸造家のレオ・ハンセン

また、若手の活躍も目ざましく、マイクロ・ワイナリーであるボドキン・ワインズのクリストファー・クリステンセンは、20代の若さで醸造家として活躍。フードフレンドリーでエレガント(上品)なスタイルのソーヴィニヨン・ブランを産み出しています。

彼の手がけるアメリカ初のソーヴィニヨン・ブランを使ったスパークリング、「NV ボドキン キュヴェ・アジャンクール ブラン・ド・ブラン」ドライで華やか。サラダやサンドイッチのようなカフェメニューから懐石料理のような和食にも幅広くマッチしそうです。

また、ラベルのデザインもおしゃれ。若い人や女性も手に取りやすく、ダイニングを彩るよいインテリアになりそうです。

20180512_california_wine-3

ボドキンワインズ醸造家のクリス・クリステンセン

ニュー・カリフォルニアワインは、特別な席で開けるだけなく、生活の一部として、日々の食卓に添えられる気軽さが身上。カリフォルニアの空を思わせる、気持ちのよい日本の初夏にトライしてみたい、新たなワインです。

[ 布袋ワインズ, カリフォルニア観光局 ]

Image via Shutterstock

松田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    9. できれば避けたい「気分の浮き沈み」。原因と対策について編集部座談会で考えてみた

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    7. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    カリフォルニアワインが変わった!ソムリエたちによる新ムーブメント

    FBからも最新情報をお届けします。