1. Home
  2. キャリア
  3. これからの転職面接は 「何をした」より「何ができる」の時代へ

これからの転職面接は 「何をした」より「何ができる」の時代へ

1,105

転職活動をしているのに、採用通知がもらえず落ち込んだことはありませんか?

採用してもらえないのは、能力が足りないのではなく、旧時代の古くさい自己PRをしているからかもしれません。人工知能(AI)や深層学習(ディープラーニング)が仕事の第一線で活躍する日は遠くなく、単純作業に関してはロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)をすでに導入している企業も出ています。企業が求める人物像は着々と変化しているのです。

採用プラットフォーム「Headlight」CEOのジェイソン・シェン氏は、TEDトークのなかで「20世紀の採用方式はうまくいかなくなった」として、新しい時代のキャリアプランで意識しておくべき3つのことを提案しています。シェン氏が提案する、新時代のキャリアリクルート論に照らし合わせて、旧時代的な転職活動をしていないか確認していきましょう。

1. 経歴だけを評価する企業は避ける

20180523_tips_3

私たちはどこで学んだか、どこで働いていたか、ということに固執しがちです。しかし過去の実績に頼り、似たような人しか採用しない組織は旧時代的かもしれません

TEDトークの中でシェン氏は、とある財政難に陥ったメジャーリーグ球団が、打率の面では評価されないが、チームの得点や勝利に貢献できる人材を雇用することで再建できた例をあげています。このように、能力の高いチームにはさまざまな方面から人材が集まります。

逆に言えば、学歴や企業の名前だけで採用をジャッジする組織は避けるべきですし、過去の所属をセールスポイントにするのはやめておきましょう。

2. できるスキルを伝える

20180523_tips_2

スポーツ選手や俳優がオーディションで審査されるように、ビジネスパーソンもスキルを評価されるべきだとシェン氏は語っています。たしかに多くの採用現場では、過去の実績や経験を語らせますが、面接会場で実力を試すことは多くありません。たとえば新商品の販促プランや市場分析などを提示することで、求職者の実力が見えてきます。

また、採用される側も、じっと黙っているのではなく

従来の履歴書や添え状以外で、自分独自のスキルや能力を示せる方法を探しましょう

TEDより翻訳引用

と、シェン氏は積極的なアピールをすすめています。筆記試験のような基礎力も大切かもしれませんが、自分のアピールをしっかりと評価してくれる企業を選ぶとよいです。

3. 自分の全体像を伝える

20180523_tips_1

こちらのトークでは、「白人の話はよく聞かれるが、黒人やアジア人は無視されがちだ」という話が紹介されていますが、企業の採用担当者も同じような偏見があるかもしれません。日本であれば、転職回数が多い人は、好意的に評価されない傾向があります。

採用担当者としては、転職を繰り返すに至ったストーリーを想像するべきですが、面接を受ける側も伝える努力をしたほうがよいでしょう。異業種で新しい技術を身につけたかった、海外進出をして新しい挑戦をするために退職するしかなかった、など結果に至るまでの経緯があるはずです。物語を共有して全体的な人物像を伝えましょう。

シェン氏のトークから、既存の転職フォーマットに自分を入れ込むのではなく、自分の全体像を相手に伝えることがポイントだということが見えてきます。古い慣習にとらわれず、自分の物語をしっかりと話すことを大切にしてください。

[TED]

Image via Shutterstock

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    4. 『スター・ウォーズ/エピソード9』キャスト決定! 気になるレイア役は?

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わずため息。時を忘れるパール展

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    これからの転職面接は 「何をした」より「何ができる」の時代へ

    FBからも最新情報をお届けします。