1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 色落ち?いたしません。カラーも乾燥も気にせず過ごせるウォーターリップ

色落ち?いたしません。カラーも乾燥も気にせず過ごせるウォーターリップ

1,663

食事時の口紅対策は、女性のマナー注意事項に頻出します。グラスについたリップに対してどう対処するのが正解か。グラスについた口紅のあとをナプキンで拭き取るなんてもってのほか。指で拭き取るのもグラスが割れる可能性を考えると得策ではない。つまり、すでについてしまった段階で「配慮なし」。ベストは、食事が始まる前にティッシュオフしておくことなのだそう。

ですが、お気に入りのリップカラー、ベストな状態で一度はお披露目したい……。となると、レストランで席についた後、サーブされるまでの間にいったん化粧室へ行く必要が出てきます。

マット仕上げのデメリットを克服した新リップ

淑女を目指すって、大変(ため息)……というわけで、色落ちしないリップのご紹介を。「クラランス」から誕生する「ウォーターリップ ステイン」。「キスしても落ちない。カップにつかない。メイク直し不要」がキャッチコピーとなっています。

20180423_clarins_1

「ウォーターリップ ステイン」各7ml 3,000円(税別)。ローズ系、オレンジ系、ヴァイオレット系の全3色。※2018年5月25日(金)数量限定発売

色落ちしないのは、さらりとしたマットなテクスチャーだから。仕上がり自体がティッシュオフされたような状態というわけ。

ただ、通常、マットリップには唇が乾燥しやすいというデメリットが。この問題を解消するために用いられたのが植物ベースのボタニカルフィルム。唇を優しく保護し、チュールレースのような柔軟な構造で、カラーを定着させると同時に潤いを逃しません。さらに保湿効果の高いオーガニックアロエベラや保護効果のあるアンティポリューションコンプレックスなどのスキンケア成分を配合し、乾きを寄せつけない仕組みに。

ベースとなる成分は、77%以上がフレッシュな水。よって一度塗りであればナチュラルに、高発色を望むなら重ねづけを。すばやく浸透し、染まるように色づきます。

20180423_clarins_2

忙しい平日はメイク直しの時間がなかなか取れず、夕方、ふと鏡を見て「げ、唇が素の状態に戻ってた!」と慌てることもしばしば。ウォーターリップ ステインなら、そんなヒヤッと感を味わうことも減るはずです。

クラランス

電話:03-3470-8545(お客さま窓口)

クラランス

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人生は山あり谷あり。思い通りにいかなくても賢明なことを行えば、明日はきっとうまくいく

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 充実したプライベートを過ごすための5つのTO DO /まとめ

    8. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    7. Google流コミュニケーションで、「会社にいるだけで疲れる」をなくそう!

    8. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    9. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    10. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    色落ち?いたしません。カラーも乾燥も気にせず過ごせるウォーターリップ

    FBからも最新情報をお届けします。