1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 注目度、上昇中。コリをほぐし、呼吸も深まる「メルトバーム」

注目度、上昇中。コリをほぐし、呼吸も深まる「メルトバーム」

1,392

寒い時期は筋肉が硬直し、歩くことすら億劫なほど動きたくなくなるのですが、暖かくなってくると、一転、フィットネス欲がむくむく。せっかく身体を動かすのなら、より効果的に動かしたい! と思って、手にしてみたのが「エレメンタルハーボロジー」「メルトバーム」

20180509_elementalherbology_1

「メルトバーム」50ml 8,000円(税別)。バームを手で温め、香りを堪能したのち、こわばった筋肉に塗布してマッサージ。

血行促進と身体を温めるジンジャー、筋肉痛やコリをほぐすホーリーフ、血液循環を促して痛みを和らげるターメリックなどの有効成分が配合された温感バームで、運動前に使用すれば筋肉の和らぎがサポートされてパフォーマンスが上がり運動後に使用すれば筋肉疲労をすばやく落ち着かせるのに役立つ優れものです。

陰陽五行思想とアロマテラピーの考えを融合させたブランド

エレメンタルハーボロジーとはクリスティ・シメサによって2008年に創設された英国発のスキンケアブランド。Wood(木)・Fire(火)・Metal(金属)・Water(水)・Earth(土)の5つの要素の調和を保つ東洋医学の陰陽五行思想と、香りがベースとなるアロマテラピーの考えが組み合わせられているのが特徴です。

20180509_elementalherbology_2

肌のニーズやライフスタイルに合う、5つの要素を参考にセレクトを。混合肌の人はWood(木)、オイリー肌はFire(火)、エイジング肌はMetal(金属)、乾燥・敏感肌はWater(水)、そしてすべての肌タイプに合い、特に夏の終わりなどの疲れ肌におすすめなのがEarth(土)。左の「ウッドリジュボディオイル」はメルトバームと好相性。すべて145ml 7,200円(税別)。

クリスティはもともと、セラピストとしてオーストラリアで活動していました。オーストラリアにはアジアからの移民が多く、東洋医学に触れる機会も多かったため、西洋と東洋、両方からのアプローチを学ぶことに。その後、アロマテラピーの本場であるイギリスに拠点を移し、ハーブの研究を進めていました。が、ナチュラルな製品だけでは満足のいく効果が得られないことに気づきます。

そこで自然由来素材とパワフルな結果を求められる最新のテクノロジー成分、双方を組み合わせた、陰陽五行思想を基にしたオリジナルブランドをたちあげるに至ったのです。

日本では最初に「AOスパ」が、そして昨今では「The Day Spa」をはじめとするホテルスパでも取り扱いが始まるなど、注目度はじわじわと上昇中。

ちなみに新製品のメルトバームは、爽快感を高める香りを採用。スゥ〜と吸い込むうちに自然と呼吸が深まります。運動前後だけでなく、パソコンの使いすぎで重くなった肩や肩甲骨に塗ると、温かさと香りとで、心身ともに柔らかくなりますよ。

エレメンタルハーボロジー

電話:06-6227-8086(エレメンタルハーボロジー ジャパン)

エレメンタルハーボロジー

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人生は山あり谷あり。思い通りにいかなくても賢明なことを行えば、明日はきっとうまくいく

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 充実したプライベートを過ごすための5つのTO DO /まとめ

    8. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    7. Google流コミュニケーションで、「会社にいるだけで疲れる」をなくそう!

    8. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    9. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    10. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    注目度、上昇中。コリをほぐし、呼吸も深まる「メルトバーム」

    FBからも最新情報をお届けします。