1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 注目度、上昇中。コリをほぐし、呼吸も深まる「メルトバーム」

注目度、上昇中。コリをほぐし、呼吸も深まる「メルトバーム」

1,296

寒い時期は筋肉が硬直し、歩くことすら億劫なほど動きたくなくなるのですが、暖かくなってくると、一転、フィットネス欲がむくむく。せっかく身体を動かすのなら、より効果的に動かしたい! と思って、手にしてみたのが「エレメンタルハーボロジー」「メルトバーム」

20180509_elementalherbology_1

「メルトバーム」50ml 8,000円(税別)。バームを手で温め、香りを堪能したのち、こわばった筋肉に塗布してマッサージ。

血行促進と身体を温めるジンジャー、筋肉痛やコリをほぐすホーリーフ、血液循環を促して痛みを和らげるターメリックなどの有効成分が配合された温感バームで、運動前に使用すれば筋肉の和らぎがサポートされてパフォーマンスが上がり運動後に使用すれば筋肉疲労をすばやく落ち着かせるのに役立つ優れものです。

陰陽五行思想とアロマテラピーの考えを融合させたブランド

エレメンタルハーボロジーとはクリスティ・シメサによって2008年に創設された英国発のスキンケアブランド。Wood(木)・Fire(火)・Metal(金属)・Water(水)・Earth(土)の5つの要素の調和を保つ東洋医学の陰陽五行思想と、香りがベースとなるアロマテラピーの考えが組み合わせられているのが特徴です。

20180509_elementalherbology_2

肌のニーズやライフスタイルに合う、5つの要素を参考にセレクトを。混合肌の人はWood(木)、オイリー肌はFire(火)、エイジング肌はMetal(金属)、乾燥・敏感肌はWater(水)、そしてすべての肌タイプに合い、特に夏の終わりなどの疲れ肌におすすめなのがEarth(土)。左の「ウッドリジュボディオイル」はメルトバームと好相性。すべて145ml 7,200円(税別)。

クリスティはもともと、セラピストとしてオーストラリアで活動していました。オーストラリアにはアジアからの移民が多く、東洋医学に触れる機会も多かったため、西洋と東洋、両方からのアプローチを学ぶことに。その後、アロマテラピーの本場であるイギリスに拠点を移し、ハーブの研究を進めていました。が、ナチュラルな製品だけでは満足のいく効果が得られないことに気づきます。

そこで自然由来素材とパワフルな結果を求められる最新のテクノロジー成分、双方を組み合わせた、陰陽五行思想を基にしたオリジナルブランドをたちあげるに至ったのです。

日本では最初に「AOスパ」が、そして昨今では「The Day Spa」をはじめとするホテルスパでも取り扱いが始まるなど、注目度はじわじわと上昇中。

ちなみに新製品のメルトバームは、爽快感を高める香りを採用。スゥ〜と吸い込むうちに自然と呼吸が深まります。運動前後だけでなく、パソコンの使いすぎで重くなった肩や肩甲骨に塗ると、温かさと香りとで、心身ともに柔らかくなりますよ。

エレメンタルハーボロジー

電話:06-6227-8086(エレメンタルハーボロジー ジャパン)

エレメンタルハーボロジー

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    9. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    注目度、上昇中。コリをほぐし、呼吸も深まる「メルトバーム」

    FBからも最新情報をお届けします。