1. Home
  2. キャリア
  3. 仕事がすいーっと捗る、北欧のブレイク法「Fika」

仕事がすいーっと捗る、北欧のブレイク法「Fika」

1,060

20180530_fika-4

世界共通の働く女性の悩みといえば、タイムマネージメント。オフィスでの無駄な時間を省くべく、使えるテクノロジーは駆使し、コミュニーケーションも、メールはもちろんチャットやLINEなど、よりシンプルでタイムロスのない方向へと移行しはじめています。

この流れにより、会議などフェイス・トゥ・フェイスの機会は減少傾向……かと思いきや、スウェーデンでのオフィスでは、事情がまったく異なります。

逆の発想が成功を生む。Fikaの習慣

20180530_fika-1

ニューヨークには「Fika」という名前でチェーン展開するスウェーデンスタイルのカフェも。

スウェーデンのオフィスで午前と午後に習慣化されているというコーヒーブレイク「Fika(フィーカ)」。スウェーデンでは、会社の大小に関わらず行われており、15分から20分ほど仕事から離れて、コーヒーとともにシナモンロールや焼き菓子を楽しむのが一般的です。

Fikaの時間をとることで、生産性が下がらないか心配なところですが、総合的にみれば、業務のスピードアップやサクセスに繋がる要素を持ち合わせているようです。

Fikaが作業能率や職場環境を改善するかも!?

20180530_fika-2

ブリティッシュコロンビア大学の研究をはじめ多くの研究が、1日2回の休憩が集中力を持続するのに効果的だと結論づけています。寸暇を惜しんでフル稼働で働くよりも、かえって作業能率が上がる、というわけです。

さらに、同僚とのコミュケーションの時間になる、というのもFikaがサクセスに繋がる要因の一つ。女性は表情やボディランゲージを使って表現することが得意なため、フェイス・トゥ・フェイスのコミュニーケーションが情報伝達率を劇的に上げるのだとか。

また、Fikaで仕事の話をしなかったとしても、ポジションや性別関係なく交流があることが、社内の協力体制の土台をつくります。

20180530_fika-3

成功している人の多くが、感謝のノートをつけたり、感謝のメールを送る習慣があるとよく耳にします。

もともと、Fikaとは「スローダウン」や「日常への感謝」という意味の言葉。コーヒーを飲みながら、日々の感謝を同僚に伝えれば、職場の雰囲気の改善だけでなく、自分の思考にもポジティブな効果がありそうです。

スローダウンと感謝がサクセスに繋がるコーヒータイム、日本でも取り入れる価値がありそうです。

kitchn, treehugger, Harvard Business Review, Sciencedaily

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 世界で互角に働く人は、リベラルアーツを学んでる

    2. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 「疲れた〜」を解消する、美味なるごちそう

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. ツイてない仕事を好転させるシンプルな処方箋

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. わたしは何をがんばればいいの? 大人美肌の育て方

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    3. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    4. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    5. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    6. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    7. もしも部下が発達障害だったら?

    8. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    9. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    10. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    8. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    9. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    仕事がすいーっと捗る、北欧のブレイク法「Fika」

    FBからも最新情報をお届けします。