1. Home
  2. キャリア
  3. 仕事がすいーっと捗る、北欧のブレイク法「Fika」

仕事がすいーっと捗る、北欧のブレイク法「Fika」

1,648

20180530_fika-4

世界共通の働く女性の悩みといえば、タイムマネージメント。オフィスでの無駄な時間を省くべく、使えるテクノロジーは駆使し、コミュニーケーションも、メールはもちろんチャットやLINEなど、よりシンプルでタイムロスのない方向へと移行しはじめています。

この流れにより、会議などフェイス・トゥ・フェイスの機会は減少傾向……かと思いきや、スウェーデンでのオフィスでは、事情がまったく異なります。

逆の発想が成功を生む。Fikaの習慣

20180530_fika-1

ニューヨークには「Fika」という名前でチェーン展開するスウェーデンスタイルのカフェも。

スウェーデンのオフィスで午前と午後に習慣化されているというコーヒーブレイク「Fika(フィーカ)」。スウェーデンでは、会社の大小に関わらず行われており、15分から20分ほど仕事から離れて、コーヒーとともにシナモンロールや焼き菓子を楽しむのが一般的です。

Fikaの時間をとることで、生産性が下がらないか心配なところですが、総合的にみれば、業務のスピードアップやサクセスに繋がる要素を持ち合わせているようです。

Fikaが作業能率や職場環境を改善するかも!?

20180530_fika-2

ブリティッシュコロンビア大学の研究をはじめ多くの研究が、1日2回の休憩が集中力を持続するのに効果的だと結論づけています。寸暇を惜しんでフル稼働で働くよりも、かえって作業能率が上がる、というわけです。

さらに、同僚とのコミュケーションの時間になる、というのもFikaがサクセスに繋がる要因の一つ。女性は表情やボディランゲージを使って表現することが得意なため、フェイス・トゥ・フェイスのコミュニーケーションが情報伝達率を劇的に上げるのだとか。

また、Fikaで仕事の話をしなかったとしても、ポジションや性別関係なく交流があることが、社内の協力体制の土台をつくります。

20180530_fika-3

成功している人の多くが、感謝のノートをつけたり、感謝のメールを送る習慣があるとよく耳にします。

もともと、Fikaとは「スローダウン」や「日常への感謝」という意味の言葉。コーヒーを飲みながら、日々の感謝を同僚に伝えれば、職場の雰囲気の改善だけでなく、自分の思考にもポジティブな効果がありそうです。

スローダウンと感謝がサクセスに繋がるコーヒータイム、日本でも取り入れる価値がありそうです。

kitchn, treehugger, Harvard Business Review, Sciencedaily

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    仕事がすいーっと捗る、北欧のブレイク法「Fika」

    FBからも最新情報をお届けします。