1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 魚口ならセクシー。ファーストレディに学ぶ笑顔交際術

魚口ならセクシー。ファーストレディに学ぶ笑顔交際術

1,255

4月17日に亡くなった元ファーストレディ(第41代大統領ジョージ・H・ブッシュの妻)でありファーストマザー(第43代大統領ジョージ・W・ブッシュの母)のバーバラ・ブッシュ

彼女のお葬式が4月21日にヒューストンで行われました。

歴代大統領が勢ぞろい

そのお葬式の席での集合写真のメンバーがすごかったんです。

Paul Morseさん(@paulmorsephoto)がシェアした投稿 -

元ホワイトハウスのカメラマンだったポール・モースさんが撮影した、葬儀前のレセプションでのワンシーンでした。

車椅子は、故バーバラさんの夫、第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュです。後ろは左より、ローラ・ブッシュ(ジョージ・W・ブッシュの妻)、第43歳大統領ジョージ・W・ブッシュ、第42代大統領ビル・クリントン、その妻ヒラリー・クリントン、第44代大統領バラク・オバマ、その妻、ミシェル・オバマ、現ファーストレディのメラニア・トランプ。

アメリカ史に残るそうそうたる顔ぶれ。元大統領が4人、そして4人のファーストレディが一同に会しました(じつは第39代大統領ジミー・カーターも93歳で健在ですが、参列はありませんでした)。

珍しいメラニアの自然な笑顔

重鎮たちといっしょに写真におさまったメラニアの笑顔に驚きました。

アメリカ人の定番である「大きく口を開け、歯を見せる笑顔」をあまり見せないメラニア。じつは、彼女の表情は「fish gape(魚の開いた口)」と呼ばれています。つまり、魚のようにぽかんと口を少しだけ開けてニュートラルな表情をするのですが、それがセクシーに見えるという意見もあるようです。でも、ここでは自然な感じでほほえんでいます。

お葬式の撮影を担当したポールさんは、この写真についてリラックスして皆が集まり自然な笑顔を見せたのが印象的だったと語っています。

ブッシュ父子、クリントン、オバマら元大統領はチャリティ活動などで協力することが多く、一緒に写真に収まることもしばしばあります。彼らに混じって自然な笑顔を見せたメラニアは、ファーストレディという立場にだんだん慣れてきたのかもしれません。

The Houston Chronicles, New York Magazine, InStyle

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    魚口ならセクシー。ファーストレディに学ぶ笑顔交際術

    FBからも最新情報をお届けします。