1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

2,414

foodie_mamezara_1

おしゃれでかわいらしい豆皿。自宅のテーブルコーデに取り入れたら、毎日の食卓がぐっと楽しくなりそう! 選び方や使い方のコツを、食メディア「FOODIE」から、ご紹介します。

豆皿を使いこなす、3つのテクニック

foodie_mamezara_3

各メディアで器の楽しみ方を提案する、器キュレーターのはるやまひろたかさんによれば、豆皿を上手に取り入れるには次の3つの点を押さえるとよいそう。

テクニック1:「和食以外」に使ってみる
テクニック2:「何枚か」を合わせて使う
テクニック3:「フラットな器」にまとめてのせる

小さな豆皿は、材質やテイストが多少バラバラでもおかしくないため、この3つに注意すれば、あとは自由に好きなものを選んでOKなんだとか。

foodie_mamezara_2

豆皿は、大きい器のようにかさばらず、収納の心配もありませんし、値段も、いわゆる「作家もの」でも、1,000~2,000円程度と手頃。失敗をおそれず、好みの品を探してみましょう。

シーン別、豆皿コーディネート例

【シーン1・おやつ】いつものお菓子も、豆皿があればよそいきに

foodie_mamezara_4

豆皿=和食のイメージがありますが、クッキーやチョコレートなど、洋風のおやつにも使えます。写真のように複数使うと、いつものおやつも特別な印象に。さらに、洋風の皿やボードにのせれば、まとまりや洋の雰囲気を出すことができます。

【シーン2・お酒】豆皿にのせて「乾き物」をシックな雰囲気に

foodie_mamezara_5

買ってきたおつまみも、パッケージのままでなく豆皿に盛るだけで気持ちが違うもの。「ここでは食器棚で眠っていた渋い漆器のお盆に豆皿をのせて、シックな雰囲気に」。

【シーン3・朝ごはん】おかずがないときこそ、豆皿の出番

foodie_mamezara_6

忙しい朝は、ごまや海苔、梅干など、冷蔵庫にあるちょっとしたものを豆皿にのせて。メインになる料理がない日も、食卓がさびしくなりません。

普段の食事に彩りを添えてくれる豆皿。お気に入りを一つずつ集める喜びも味わえます。気楽に、自由に、楽しんでみたいと思います。

FOODIE

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    4. だれも、あなたの話を聞いていないから『1分で話せ』

    5. どうなる閉経・更年期? 40代カラダの不安は婦人科検診でスッキリ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. オフィスにこれ、あったらいいな。#ホンネ調査

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    10. 寝ている間に肌をリセット。ロクシタンから初の夜用美容液

    1. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    2. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    5. 身体のダメージは絶大。気をつけるべき脱水症状のサイン9つ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    9. FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

    10. だれも、あなたの話を聞いていないから『1分で話せ』

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    6. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

    FBからも最新情報をお届けします。