1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

2,666

foodie_mamezara_1

おしゃれでかわいらしい豆皿。自宅のテーブルコーデに取り入れたら、毎日の食卓がぐっと楽しくなりそう! 選び方や使い方のコツを、食メディア「FOODIE」から、ご紹介します。

豆皿を使いこなす、3つのテクニック

foodie_mamezara_3

各メディアで器の楽しみ方を提案する、器キュレーターのはるやまひろたかさんによれば、豆皿を上手に取り入れるには次の3つの点を押さえるとよいそう。

テクニック1:「和食以外」に使ってみる
テクニック2:「何枚か」を合わせて使う
テクニック3:「フラットな器」にまとめてのせる

小さな豆皿は、材質やテイストが多少バラバラでもおかしくないため、この3つに注意すれば、あとは自由に好きなものを選んでOKなんだとか。

foodie_mamezara_2

豆皿は、大きい器のようにかさばらず、収納の心配もありませんし、値段も、いわゆる「作家もの」でも、1,000~2,000円程度と手頃。失敗をおそれず、好みの品を探してみましょう。

シーン別、豆皿コーディネート例

【シーン1・おやつ】いつものお菓子も、豆皿があればよそいきに

foodie_mamezara_4

豆皿=和食のイメージがありますが、クッキーやチョコレートなど、洋風のおやつにも使えます。写真のように複数使うと、いつものおやつも特別な印象に。さらに、洋風の皿やボードにのせれば、まとまりや洋の雰囲気を出すことができます。

【シーン2・お酒】豆皿にのせて「乾き物」をシックな雰囲気に

foodie_mamezara_5

買ってきたおつまみも、パッケージのままでなく豆皿に盛るだけで気持ちが違うもの。「ここでは食器棚で眠っていた渋い漆器のお盆に豆皿をのせて、シックな雰囲気に」。

【シーン3・朝ごはん】おかずがないときこそ、豆皿の出番

foodie_mamezara_6

忙しい朝は、ごまや海苔、梅干など、冷蔵庫にあるちょっとしたものを豆皿にのせて。メインになる料理がない日も、食卓がさびしくなりません。

普段の食事に彩りを添えてくれる豆皿。お気に入りを一つずつ集める喜びも味わえます。気楽に、自由に、楽しんでみたいと思います。

FOODIE

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    9. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

    FBからも最新情報をお届けします。