1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 星のちからを耳もと、指さきに。ジバンシィから、最旬のモードな星座ジュエリー

星のちからを耳もと、指さきに。ジバンシィから、最旬のモードな星座ジュエリー

「ジバンシィ」の2018年秋冬プレコレクションから登場したジュエリーがとても素敵なのでご紹介いたします。12星座をテーマにした「ゾディアックコレクション」です。

20180522_givenchy_1

写真はすべて「ゾディアックコレクション」より。

自分の星座をお守りに

「ひつじ」や「うし」など、12星座のモチーフをリングピアスのデザインに落とし込み、各星座にまつわる天然石を配して仕上げた、美しいピースたち。自分の星座をお守りのように身につけることができる、おしゃれなラッキーアイテムとして楽しめます。

20180522_givenchy_2

ブラック・オニキスを配した「さそり座」ピアス68,000円(税別)。

ちなみにアーティスティック・ディレクターのクレア・ワイト・ケラーが最初に手がけたのは、彼女の息子の星座「しし座」だったのだとか。

20180522_givenchy_3

指もとを華やかに彩るリング48,000円(税別)。「しし座」にはゴールド・シトリンが揺れる。

ファッショニスタほど、占いを好む?

以前、ファッション誌の編集部に所属していた際、占いの連載ページを担当しており、毎月、占い師と会っていました。彼は占星術師であり、大変なファッショニスタ。その彼がよく言っていたのが、ファッションデザイナーには占いを好む人が多いということ。

ファッションは、服そのものの形がいいだけではなく、時代や世相と服のムードが合うことで初めてそれが「おしゃれだ」と認識される。よって「先」を読む必要があり、だから彼らは占いを好むのではないか、というのが彼の分析。たしかに、一理ありそう。

20180522_givenchy_4

ライトピンク・ピンクオーツを用いた「やぎ座」。ピアスはどれもおおぶり。68,000円(税別)。

ゾディアックコレクションは5月11日から表参道店限定で販売がスタートしているのですが、なんとすでに完売しているアイテムもある模様。いまのムードにガチっとハマっている様子がうかがえます。

20180522_givenchy_5

ピアスには黒のリボンが付いていて、ペンダントとしても使用可能。別売りのゴールドチェーンもあり。

というわけで、気になるかたは、とにもかくにも店頭へお急ぎください。身につけられる最旬のラッキーアイテムが、お気に入りのファッションアイテムになるかもしれませんよ。

ジバンシィ

電話:03-3404-0360(ジバンシィ表参道店)

ジバンシィ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    星のちからを耳もと、指さきに。ジバンシィから、最旬のモードな星座ジュエリー

    FBからも最新情報をお届けします。