1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 座るだけでいいの!? 仕事のパフォーマンスを上げる魔法の椅子

座るだけでいいの!? 仕事のパフォーマンスを上げる魔法の椅子

アイディアが浮かび、健康体も目指せてしまう、魔法のような椅子があります。

「ing」と名づけられたこの椅子は、身体の微細な動きに合わせ、座面が前後左右、360度自由に揺れる設計

20180515_kokuyo_1

「コクヨ」が開発した「ing」。より身体を自由に動かせる「ラテラルタイプ」、背もたれに身体を預けながら動かせる「バーチカルタイプ」ともに88,000円〜(税別)。

リラックスと集中力をもたらし、思考力を高める

人が思考をめぐらせるとき、リラックスと集中ができる環境が必要となります。クリエイティビティを高めるには思考の解放が、そして思いついたことをまとめるには集中力が求められるからです。

ingに座って揺られている際の脳波を調べたところ、60分間で、7割の人に安静状態に分泌されるα波、6割の人に能動的で活発な思考や集中に関連するといわれるβ波の増加が認められました。創造性テストを実施したところ、有用なアイディアの発想数が一般的な椅子に座っているときよりも13%アップすることがわかったのだとか。

「集中とリラックスをバランスよく、継続的に行うことで脳が活性して、仕事のパフォーマンスが向上します」(ニューロスカイジャパン 生体信号研究者 政吉貞雄さん)

20180515_kokuyo_2

座った人の骨盤角度に追随し、背骨のS字にフィット。体格や姿勢に応じて座面前部が折れ曲がるため、小柄な人でも太ももの裏にかかる圧迫が少ない。

ちなみに創造性と集中力が高まるということから、以前、ウォーキング会議なるものが注目されました。歩くだけなので簡単ではあるものの、暑い夏、寒い冬は避けたいですよね……。でも、ingは座りながらにして心地よいリズムを生むことで、ウォーキング会議に匹敵する効果をもたらしてくれます。

座りながらにして動くことで健康面もサポート

「The descriptive epidemiology of sitting(座ることに関する記述疫学)」によれば、日本人成人の平日の総座位時間の中央値は1日7時間。これは世界の主要20か国でもっとも長いもの。また、長時間座位による健康リスクも指摘されています。ただ、これらの結果だけをみて、長時間着座は身体に悪いから立位で仕事しよう、と決めるのは拙速。なぜなら問題なのは、ずっと同じ姿勢でいることだから。

ingはこの問題も解決します。座面の揺れにより身体の動きが自然に引き出され、肩や腰の筋肉活動が発生。座りながらにして運動効果が得られます。カロリー消費量にすると、ingに揺れながら座って4時間デスクワークを行うことは約85kcalの消費に相当し、ウォーキング約1.5kmと同等というから驚き。

「座面が自由自在に動くため、骨盤をフレキシブルに動かすことができます。また、まっすぐにバランスをとって座ろうとするため、普段は使わない体幹も鍛えられると思いました。ちょっとした隙を見つけて、腰をまわしたり、上半身をひねったり。多忙な毎日を過ごすワーカーも、気が向いたときに気軽に運動ができますね」(ピラティスstudio-emi代表 千葉絵美さん)

20180515_kokuyo_3

座面が常に揺れながら身体の動きに追随し、体圧が分散される。

人間の身体は、動くためにつくられています。社会・経済活動のためとはいえ、1日の多くの時間をデスクワークに費やすことが、身体本来の機能に反することは想像に難くありません。ingで座ったまま身体を動かすことは、忙しい現代人が身体のためにできる最大限の譲歩なのかもしれません。

ing

電話:0120-201-594(コクヨお客様相談室、平日9:00〜17:00)

コクヨ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    2. Bluetoothにも採用の技術、開発者はハリウッド女優でした

    3. メンタルヘルスのプロに聞いた、精神力の鍛え方

    4. 折れない心「レジリエンス」を手に入れよう!

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 学校で教えてもらえなかった「文章の書き方」

    7. 上司は漫画を読んでいる。でもいつ、どこで?

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. みんな、「転職」してよかった? #ホンネ調査

    10. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    1. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    2. 豊かで幸せな40代をおくるために必要なスキル

    3. 学校で教えてもらえなかった「文章の書き方」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    6. Bluetoothにも採用の技術、開発者はハリウッド女優でした

    7. たったの3つで、ビジネス英語がようやく自分のモノに

    8. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    座るだけでいいの!? 仕事のパフォーマンスを上げる魔法の椅子

    FBからも最新情報をお届けします。