1. Home
  2. キャリア
  3. イライラはむしろ「ひらめきの起点」。人気経済学者のTEDトーク

イライラはむしろ「ひらめきの起点」。人気経済学者のTEDトーク

20180521_more_creative-1

最近読んだ本のなかでダントツにおもしろかったのが、『Fifty Inventions That Shaped the Modern Economy』。著者のティム・ハーフォードさんはイギリスの経済学者でジャーナリスト。彼のTEDトークがありました。

フラストレーションが創造力を高める

2015年9月にロンドンで行われた「How Frustration Can Make Us More Creative」トーク(日本語字幕あり)は、2016年に発表したティムさんの著作『Messy: The Power of Disorder to Transform Our Lives』(日本語訳『ひらめきを生み出すカオスの法則』)と関連しています。

ティムさんによると、フラストレーションや障害があるほうが、問題解決しようとする人のクリエイティビティが高められるのだそう。アメリカの有名ジャズ・ピアニストのキース・ジャレットが、ケルンのコンサートで欠陥ピアノを使いながらもジャズ史に輝く名演奏を遂げたエピソードを挙げながら、トークは展開していきます。

ふつうはよくないものと捉えがちな“障害”をクリエイティビティに活かすには、どのようにすればよいのでしょうか?

決まったやり方から離れてみる

20180521_creative_1

まず、決まったやり方から離れてみることが第一歩とのこと。トークでは、高校のプリントの書体を一般的なフォントから読みにくいフォントに変えたところ、学生の読解力が向上した例が挙げられていました。読みにくい書体をじっくり読もうとすることで、内容を熟読し、理解しようとする意識が高まるから、なのだそうです。

仕事でもプライベートでも決まった方法でやっていることはたくさんあります。家事の順番、通勤経路、ミーティングの進め方、メールの書き方など。少し面倒な方法をとることになっても、定番を崩して、違うやり方を試してみるとよいのかもしれません。

カオスな状況でもクリエイティブになれる

また、多くのプロジェクトやアイディアがあって、どこから手をつけていいかわからないときもあります。そんなカオス的状況にあってもクリエイティビティにつなげる方法が、先述の著書でシェアされていました。

たとえば、さまざまなプロジェクトに関わり続けているアメリカ屈指の振付師兼ダンサーのトワイラ・サープ。彼女はプロジェクトひとつひとつに箱を用意して、インスピレーションになったもの、たとえば気になった記事の切り抜きや舞台のプログラム等をなんでも放り込んでおき、煮詰まったときに箱の中身を取り出してみるそうです。

ティムさん自身のやり方は、壁一面のボードに、ポッドキャスト、雑誌記事の執筆、本やTV番組のアイディアなど、プロジェクトひとつずつを書いたインデックスカードを留めていきます。なかから重要度の高いもの3つを一番上に持ってきて、それに取り組むそうです。

目のつく場所におけばアイディアがひらめく

20180521_creative_2

壁のインデックスカードであれ、アイディアがつまった箱であれ、片付いていなくても、さりげなく目のつくところに置いて意識できるところからアイディアがひらめくんですね。そうなると、デスクの上がきちんとしていなくてもいいのかもしれません(極論ですが)。

以前こちらの記事で紹介した、なかなか読めない本の積ん読だって、一種のカオス。片付いていないことや一見ムダに思えることがあっても、そこから意外な解決策やクリエイティブな結果につながるなら、マイナスだとは決めつけられません。

障害ではなく、ひらめきの起点として捉える

筆者自身、物事はスムーズに進めたいタイプなので、障害が生じるとストレスになりがちに。しかし、問題や障害が生じた場合でも、焦ったりイライラする代わりに、そこからどんなクリエイティブな解決策が見つけられるのか、どんなひらめきにつながるのか視点の変換ができるとよいなと、ティムさんのトークや著作で学びました。そういうふうに捉えられたら、道が開けそうです。

TED, Tim Harford──Messy

Image via Shutterstock

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    2. ドライヤー、めんどくさい? アヴェダから最強時短アイテムが出たよ

    3. 「このまま今の会社で仕事を続けるのは難しい」と考えている人に提案したいこと

    4. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    7. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. ビットコインと思っていたら、ビットコインキャッシュだった!という話

    10. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    1. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    2. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. いくつあてはまる? 仕事もプライベートも充実しているリーダーが持つ5つの要素

    7. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「このまま今の会社で仕事を続けるのは難しい」と考えている人に提案したいこと

    10. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    4. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    7. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    8. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    9. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    10. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    イライラはむしろ「ひらめきの起点」。人気経済学者のTEDトーク

    FBからも最新情報をお届けします。