1. Home
  2. マネー
  3. 気づくとお金が減っている人だけが知らないショッピングルール

気づくとお金が減っている人だけが知らないショッピングルール

1,099

たいして買い物をしていないつもりなのに、月末になるといつも財布が寂しくなる……。ムダ使いを減らせば少しはお金が貯まるとは知っていても、いつから、どうやって見直せばよいのか分かりづらいですよね。

ライフハッカー[日本版]の記事「ちょっとの意識で変えられる、衝動買いを抑える5つの出費ルール」では、ムダな出費を削減するためのルールを紹介しています。そのなかでも以下の3つは、お金の使い方を見直すために最適な視点です。

「10/10」ルールで衝動買いを抑える

20180530_tips_1

「今日だけ限定!激安セール」と売り出されている商品を見かけたら、買っておかないと損をしてしまうと思ったことは誰にでもあるでしょう。「10/10」ルールでは、「10分以上買うか迷ったもの」「1000円(10ドル)以上の買い物」、どちらかに当てはまる衝動買いは却下します。

衝動買いは、お金もそうですが、時間のムダ使いにもつながります。金額と時間に限度を設定すれば、衝動買いから生じるムダの削減が見込めます。

「使用回数」を予想して、1回の値段を計算する

20180530_tips_2

買うべきか迷っている商品をどれくらいの頻度で今後使うか考えたことはありますか?

多少高い買い物でも、頻繁に利用するものであれば、お金を払う価値があります。たとえば洗濯機を買おうとしているとき、5万円多く払えば乾燥機能がついてくるとします。洗濯物を干すためにかかる時間や洗濯回数、洗濯機が使える10年間程度で勘定したとき、5万円多く払う価値はあるでしょうか? あれば迷わず買いましょう。

「1週間待って」頭を冷やす

20180530_tips_3-1

1万円以上の買い物するときは、すぐに購入せず、1週間以上時間をあけてみましょう。1週間という期間は絶対ではなく、24時間でも3日でもかまいません。「買いたい」という気持ちのスイッチが入ると、冷静に考えることができなくなります。時間をあけることで強制的に合理的な判断ができる機会をつくりましょう。一定期間を置いてもやはり必要だというものだけに限定して買い物をします。

よい買い物はお金以上の価値を提供してくれる

効果的な買い物は人生をよりよいものにしてくれます。時間を節約してくれたり、モチベーションをアップしたり、支払ったお金以上の価値になり得るもの。それに、適度な買い物はストレス解消や気分転換になるので、ときには必要かもしれませんね。家計簿で毎月の支出を管理する際には、ムダ遣いのためのお金も多少入れておくのも一案です。

気がつけば今月もお金が減っていたなあ〜と思った方は、こちらの記事もご覧ください。

ライフハッカー(日本版)]Image via Shutterstock

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    2. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    5. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    6. これからは「生き方が働き方」に。好きなことを仕事にしていくヒント

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「直感に従えば、必ず答えが見つかる」理由

    10. 雨だけど「髪、まとまってる! 」って歓喜したい

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    3. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    4. もしも部下が発達障害だったら?

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    7. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    8. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    8. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    9. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    10. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    気づくとお金が減っている人だけが知らないショッピングルール

    FBからも最新情報をお届けします。