1. Home
  2. ライフスタイル
  3. スニーカー通勤? アリです! ニューヨーカーたちはどうしてる?

スニーカー通勤? アリです! ニューヨーカーたちはどうしてる?

3,055

20180518_cafeglobe_sneaker_top

健康促進のために、普段の生活から気軽にウォーキングを取り入れよう。

スポーツ庁が、そんな呼びかけとともにスニーカー通勤を推奨する発表をしてから半年が経ちました。

映画で憧れたNYのスニーカー通勤

スニーカー通勤といえば、すぐに思い出すのが1988年の映画『ワーキング・ガール』です(恐ろしや30年前!)。

カーリー・サイモンによる主題歌『ステップ・バイ・ステップ』のPVでは、ヒロインたちがスニーカーを履いて通勤電車に揺られるシーンが垣間見られます。

「かっこいい!」と思ったものの、真似するに至らなかったのはその必要がなかったから。当時、著者は服装自由、スニーカーを履いての業務もまったく問題なしという職場にいたからなのでした。

そして、スニーカーで通勤しオフィスではパンプスというニューヨーカーたちの姿に、日本とは逆だと思ったものです。日本では、オシャレ靴で通勤し、オフィスに出社次第つっかけタイプのサンダルに履きかえる、なんてパターンがけっこうありますよね(とくに制服のあるオフィスでは、そんなイメージです)。

車通勤のときはどうしてる?

さて、ニューヨーク市を代表する電車通勤は、アメリカ全土からみると例外的といえます。全国的にみると、アメリカの大多数の人は車通勤。運転時とオフィスでシューズを分けている人も多く、夏ならビーチサンダルを含むサンダル類が人気。ヒールのある靴は運転しにくく危険なので、わたしも仕事でパンプスが必要なときは、フラットシューズで運転して、あとでパンプスに履き替えるようにしています。

ハイブランドも。盛り上がるスニーカー市場

newbalanceさん(@newbalance)がシェアした投稿 -

スニーカーといえば、定番は「コンバース」や「ヴァンズ」などの老舗、「リーボック」や「Keds(ケッズ)」。「ナイキ」や「ニューバランス」などのスポーツメーカーからは、機能性も高くデザインもスタイリッシュなスニーカーがどんどん登場しています。

Burberryさん(@burberry)がシェアした投稿 -

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿 -

それにいまでは「グッチ」や「ルイ・ヴィトン」といったハイブランドもスニーカーを展開し、ショーでもスニーカを履きこなすモデルも目にするようになりました。

Superga UKさん(@supergauk)がシェアした投稿 -

こちらはキャサリン妃のお気に入りの「スペルガ」のスニーカー。シンプルなデザインで履きやすそう。きれいな色が揃っているのにも注目です。いまでは素材やデザインもよりどりみどり。

通勤スタイルって自由じゃない?

2011年の東日本大震災以来、万が一のときに歩けるようにと、会社にスニーカーを置くようになった東京の友人がいます。たしかに長距離を歩くにはスニーカーがベスト。

政府が通勤にスニーカーをわざわざ勧めるということは、従来、スニーカーは通勤にはNGという暗黙のルールがあったことの裏返し。日本では公共の交通機関を使うことが多いので、他人の目も気になりますし、TPOを考えなくてはならない場合もあるでしょう。

でも、通勤中は勤務時間ではないし、スタイルはその人の自由なはず。スポーツ庁のキャンペーンでスニーカーで通勤する人は増えるのでしょうか。ひとまず、通勤シューズの選択肢が増え、スニーカー通勤が社会的に受け入れられそうな動きは歓迎したいです。

Fun + Walk Project

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    2. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 人間の尊厳を守る仕事をしたい/ソーシャルピーアール・パートナーズ 代表取締役 若林直子さん

    7. ウィーンの料理と雰囲気を楽しめるお店は、ここに

    8. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    9. 私だけじゃない!睡眠の悩みを解消するには/AVIの「工夫美容」#09

    10. 博学多才タイプ

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    6. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    7. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    8. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    スニーカー通勤? アリです! ニューヨーカーたちはどうしてる?

    FBからも最新情報をお届けします。