1. Home
  2. ライフスタイル
  3. スニーカー通勤? アリです! ニューヨーカーたちはどうしてる?

スニーカー通勤? アリです! ニューヨーカーたちはどうしてる?

3,469

20180518_cafeglobe_sneaker_top

健康促進のために、普段の生活から気軽にウォーキングを取り入れよう。

スポーツ庁が、そんな呼びかけとともにスニーカー通勤を推奨する発表をしてから半年が経ちました。

映画で憧れたNYのスニーカー通勤

スニーカー通勤といえば、すぐに思い出すのが1988年の映画『ワーキング・ガール』です(恐ろしや30年前!)。

カーリー・サイモンによる主題歌『ステップ・バイ・ステップ』のPVでは、ヒロインたちがスニーカーを履いて通勤電車に揺られるシーンが垣間見られます。

「かっこいい!」と思ったものの、真似するに至らなかったのはその必要がなかったから。当時、著者は服装自由、スニーカーを履いての業務もまったく問題なしという職場にいたからなのでした。

そして、スニーカーで通勤しオフィスではパンプスというニューヨーカーたちの姿に、日本とは逆だと思ったものです。日本では、オシャレ靴で通勤し、オフィスに出社次第つっかけタイプのサンダルに履きかえる、なんてパターンがけっこうありますよね(とくに制服のあるオフィスでは、そんなイメージです)。

車通勤のときはどうしてる?

さて、ニューヨーク市を代表する電車通勤は、アメリカ全土からみると例外的といえます。全国的にみると、アメリカの大多数の人は車通勤。運転時とオフィスでシューズを分けている人も多く、夏ならビーチサンダルを含むサンダル類が人気。ヒールのある靴は運転しにくく危険なので、わたしも仕事でパンプスが必要なときは、フラットシューズで運転して、あとでパンプスに履き替えるようにしています。

ハイブランドも。盛り上がるスニーカー市場

newbalanceさん(@newbalance)がシェアした投稿 -

スニーカーといえば、定番は「コンバース」や「ヴァンズ」などの老舗、「リーボック」や「Keds(ケッズ)」。「ナイキ」や「ニューバランス」などのスポーツメーカーからは、機能性も高くデザインもスタイリッシュなスニーカーがどんどん登場しています。

Burberryさん(@burberry)がシェアした投稿 -

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿 -

それにいまでは「グッチ」や「ルイ・ヴィトン」といったハイブランドもスニーカーを展開し、ショーでもスニーカを履きこなすモデルも目にするようになりました。

Superga UKさん(@supergauk)がシェアした投稿 -

こちらはキャサリン妃のお気に入りの「スペルガ」のスニーカー。シンプルなデザインで履きやすそう。きれいな色が揃っているのにも注目です。いまでは素材やデザインもよりどりみどり。

通勤スタイルって自由じゃない?

2011年の東日本大震災以来、万が一のときに歩けるようにと、会社にスニーカーを置くようになった東京の友人がいます。たしかに長距離を歩くにはスニーカーがベスト。

政府が通勤にスニーカーをわざわざ勧めるということは、従来、スニーカーは通勤にはNGという暗黙のルールがあったことの裏返し。日本では公共の交通機関を使うことが多いので、他人の目も気になりますし、TPOを考えなくてはならない場合もあるでしょう。

でも、通勤中は勤務時間ではないし、スタイルはその人の自由なはず。スポーツ庁のキャンペーンでスニーカーで通勤する人は増えるのでしょうか。ひとまず、通勤シューズの選択肢が増え、スニーカー通勤が社会的に受け入れられそうな動きは歓迎したいです。

Fun + Walk Project

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    スニーカー通勤? アリです! ニューヨーカーたちはどうしてる?

    FBからも最新情報をお届けします。