1. Home
  2. コミュニケーション
  3. プロが教える、ゆるぎない信頼を築くための3ステップ

プロが教える、ゆるぎない信頼を築くための3ステップ

20180529_ted_trust

ニューヨーク・タイムズの記事「夫の隠しクレカ未払い約55万円。これってファイナンシャル不倫?」を読んで驚きました。アメリカ在住の筆者の周りでも、じつは似たようなことが知人に起こったんです。

クレカが原因で夫婦間の信頼が崩壊……

その知人とは、悠々自適の引退生活を送る70代のアメリカ人夫妻で、子どもはすでに成人。妻には夫に内緒にしていたクレジットカードの負債があり、自力では返済できなくなって、とうとう夫に打ち明けざるを得なくなったのです。夫妻にとっては返せないほどではなかったにしろ、新車が2台は買えるほどの金額。曲がったことやウソが嫌いな夫にとっては、なによりも妻が内緒でクレジットカードを使って借金額が増えていたことが大ショック。残念ながら、長年連れ添ってきた夫婦の信頼関係は崩壊してしまったようです。

「信頼」の専門家によるTEDトーク

そんなハプニングを聞いたあと、ハーバード・ビジネス・スクールで教鞭を執るフランシス・フライ教授のTEDトーク「How to build (and rebuild) trust」(日本語字幕なし)が目にとまりました。

教授は2017年、不祥事が続いて世間の信頼を失ったUber(ウーバー)の立て直しのために同社のコンサルタントをしたという、いわば信頼の専門家。なお、英語の「trust」は、日本語の信頼と信用の両方を含みます。

信頼の基盤になる3要素

フライ教授は、信頼には3つの要素があると語っています。

まず、authenticであること。その人らしさ、その人の真の姿、いつわりのない態度ということです。

つぎに、logic。つまり、論理、道理、行動の理由ですね。

そして、empathy。共感。自己中心ではなく、相手のことを思いやる気持ちがあるかどうか。

それら3つがしっかり確立することで信頼を築くことができるといいます。そのどれかが揺らいでいるとしたら、信頼も揺らいでいるのです。新しく出会った人と信頼を築きたいなら、また、失った信頼を取り戻したいなら、まずこの3要素を熟考してみましょう。

上の例だったら、妻にとってクレジットカードを使うことは自分の気持ちに正直だった行動で、自分らしさはあったのかもしれません。でも、「夫に黙って使う」「返済できなくなるまで使う」というのは、最初は意図していなかったかもしれません。その行動を続けたことは、理にはかなっていません。共感はどうでしょうか。夫がウソが嫌いな人だと知っていても、いえ、知っていたからこそ言えなかったのかもしれません。それこそがもっとも信頼を失う柱だったのです。

社会生活は信頼で成立している

トークの冒頭で、フライ教授はこういいました。

信頼を築く方法、そして失った信頼を取り戻す方法についてお話したいと思います。なぜなら、信頼こそがあらゆる行動の基盤であると信じているからです。もしお互いをもっと信頼できるようになれば、わたしたちはすばらしい進歩を遂げることができるでしょう。

人間関係の基本はなにかと聞かれたら、自分なら「愛」と答えるかなと思っていました。でも、このトークを見ると、やはり社会生活では、信頼や信用が基盤になっていることに納得が。レストランやタクシーなど、そしてオンラインショッピングなどのさまざまなサービスも、信用や信頼があるからこそ利用できるわけです。

スマホを置いて、相手の話を聞こう

立て直しのためにウーバー社に乗り込んで、フライ教授が最初に気づいたことは、会議に参加する社員の態度のひどさ。会議中でもみな自分のスマホでおたがいにメールし合っていたそうです。彼女が取った手段はまずスマホ禁止。おたがいの話にしっかり耳を傾けることから始めました。

もし信頼を失ってしまったら、まずは相手の話を聞くことから。自己保身や言いわけに走るのではなく、真摯な姿、論理、共感の3点を振り返る。そして、相手の立場や意見を理解したうえでの真摯な謝罪と対応、今後の防止策などを提示する。そのプロセスはどんな場合でも変わらないような気がします。

TED

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    4. 『スター・ウォーズ/エピソード9』キャスト決定! 気になるレイア役は?

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わずため息。時を忘れるパール展

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    プロが教える、ゆるぎない信頼を築くための3ステップ

    FBからも最新情報をお届けします。