1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 3割強の会社は始めてる。「思いやり」の再定義

3割強の会社は始めてる。「思いやり」の再定義

2,320

20180515_unconscious_bias_2

無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)」という言葉を聞いたことがありますか?

例えば「シニアはパソコンが苦手」「男性はリード役、女性はサポート役」「女性に責任の重い業務を担当させるのはかわいそう」「小さな子供を持つ女性に出張は無理」など、年齢や性別、子供の有無などによる思い込みのことを意味する言葉です。

多種多様な人材を積極的に活用しようという考え方、いわゆる「ダイバーシティ」が意識されるようになり、いち早く推進に取り組む企業の中で、この「無意識の偏見」についても研修を実施するなどの動きが増えつつあります。

よかれと思って、という好意がむしろ悪循環を生む

気をつけたいのが、この「無意識の偏見」は差別やハラスメントなどではなく、むしろ「思いやり」や「よかれと思って」という“配慮”から起こるケースが多いことです。そのため、その本人自身がその「思い込み」に気づいていないケースが多く、特に仕事などにおいては知らないうちに重要な機会損失につながってしまうケースもあります。例えば、男性の上司が重要な仕事を「配慮」と思い、あえて男性社員に任せた結果、会社での活躍の機会がないととらえた女性社員がその心情を話すことなく退職してしまう、などです。

だからこそ、“無意識”をきちんと“意識”し、理解するための取り組みが必要になってくるわけです。

想像以上に多くの職場に存在する「偏見」

20180516_unconscious_bias-2

サイコム・ブレインズが毎年実施している調査では、無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)が自分の職場に「存在している」または「ありそうな気がする」と回答したのは女性93%、男性85%と、性別に関係なく高い数字が出ています。その状況として一番多かったのが「職場における男女の役割・業務分担」という回答。自由回答では「事務職のいない部署では、コピーや文具発注・管理等の事務作業は女性に振られる」「雑用の大部分は女性が担当」などの事例も寄せられています。なんとなくぴんと来ていなかったとしても、こうやって具体的な例を聞けば「ああ、そういえばうちもそうかも」と改めて実感する人もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずはトップダウンから全体へ

20180515_unconscious_bias_1

それでは、無意識の偏見に対する理解や認識を深める取り組みをどれだけの企業がすでに行っているのかも見てみましょう。調査結果では、理解や認識を深めるアクションを自社が「取っている」と回答したのは36%、「取っていない」は45%という結果になっています。

具体的な取り組みの内容としては「管理職に対する研修・ワークショップ実施」が69%で1位に。次いで「組織全体での研修・ワークショップ実施」(40%)となっています。まずは組織を担う人材の理解を深めることに重点をおいていることが見て取れますね。サイコム・ブレインズ専務の太田氏も「無意識の偏見を取り除くためのアクションは、まずは組織風土づくりの旗振り役を担う管理職に対して研修やワークショップを行う事が必要です」とコメントしています。

さて、約三割強の企業が、すでに無意識の偏見を払拭するためのアクションを起こしているというこの調査結果。あなたは多いと思いましたか? それとも少なく感じたでしょうか。

ダイバーシティが進めば進むほど、コミュニケーションは多様化していきます。相手にとって本当の思いやりとはなんなのか。「無意識の偏見」がそれぞれの思いを損なうことがないよう、改めて考える時期に来ているのかもしれません。

サイコム・ブレインズ株式会社

Image via Gettyimages

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    2. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    3. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    7. ダルさや肌荒れは大好きな食べもののせい? 遅延性アレルギーを調べてみた/AVIの「工夫美容」#07

    8. リッチなアジア人増えてきた気がするけど、本当にそうなの?

    9. 嘘みたいに優秀!? 6人の賢者が教えるオイル美容のワザ

    10. 「いいね」「できる」で記憶は変わる。がんばりたくない人むけ自己改善法

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    3. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    4. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. ヘアケアだって印象管理。大人の品は艶髪でつくろう

    10. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    8. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    9. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    3割強の会社は始めてる。「思いやり」の再定義

    FBからも最新情報をお届けします。