1. Home
  2. ライフスタイル
  3. えっ、鼻!? 見た目も香りも最高なフレグランス

えっ、鼻!? 見た目も香りも最高なフレグランス

「自分の鼻」をコンセプトにしたフレグランスショップ「NOSE SHOP」が扱う初上陸ブランドを、つい先日、紹介したばかりなのですが、NOSE SHOPからまたしてもニュースが届きました。ご覧ください、このボックス。衝撃ですが、フタに「鼻」がついているのです。

20180530_adoseof_1

すべては妻の鼻を納得させるため。独学でスタート

これは「A DOSE OF SOMETHING GOOD」のプロダクト。シンガポール在住のオーストラリア人、ロバート・アップトンがオーナーを務める、フレグランス・アート・オブジェ ブランドです。

20180530_adoseof_2

ブランドヒストリーも香りも面白いのですが、まず気になるのはこの容器のルックス。ブランドのアイデンティティである鼻を主役にした、アートオブジェのようなパッケージを作るべく、花器制作で有名な「セラックス」とコラボして開発したボックスなのだそう。

20180530_adoseof_3

「キャンドル」全6種12,500円(税別)。ブランドのはじまりとなったフレグランスキャンドル。無鉛の芯がアロマをふくよかに広げる。

同ブランドの香りはすべてロバートがプロデュースしています。が、彼は調香師ではありません。本職はデザイナー(ゆえに見た目まで素敵なブランドです)。

なぜ香りの仕事を始めたかというと、きっかけとなったのは「最高の香りがするキャンドルが欲しい」というフレグランス好きな彼の妻のひと言

もともと香りの生成に興味を持っていたロバートは、関連本を購入したり、オンライン講座を受けたりしながら調香を独学で学んでいたそう。妻の願いを叶えるために香り探しを始めたものの、なかなか見つけることができず、自ら作ることを決意したといいます。

20180530_adoseof_4

ルームフレグランス「スナッフボックス」全6種16,500円(税別)。ボックスに入った14個の鼻の形の陶器にフレグランスオイルを垂らして楽しむ。天然香料と高品質な合成香料を主体にした心地よい香り立ち。

ピュアな香りが世界を席巻中

香り作りで彼が大切にしているのは、ブランド名にもなっている「a dose of(一滴の)」であること。フレグランスの多くは香りの素材を大量にブレンドしています(その数は100を超えることもしばしば)。A DOSE OF SOMETHING GOODでは、単一の香りを高配合させて1つのプロダクトを構成しているのが特徴。

厳選した良質な原料を使った香りは、「The Violent Woods」「Orange Flower Tattoo」など、プロダクト名もユニーク。ニッチフレグランスブランドの専門サイトでベストライン賞を受賞するなど、各国で話題となっています。

ちなみに鼻は、顔相学において「富を問えば鼻にあり」という表現もあるように、富の象徴でもあります。鼻が小さくて低い筆者は、このキャンドルを部屋において富を呼び込みたいと、そんな願掛けを画策中です。

A DOSE OF SOMETHING GOOD

電話:03-5357-7707(NOSE SHOP)

NOSE SHOP

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    えっ、鼻!? 見た目も香りも最高なフレグランス

    FBからも最新情報をお届けします。