1. Home
  2. キャリア
  3. 自由に働きた〜い! を願望じゃなくて現実に変えるメソッド

自由に働きた〜い! を願望じゃなくて現実に変えるメソッド

1,528

人生には思いがけないライフイベントが、多種多様にあるものです。ことに女性の一生においては言うまでもありません。予定通りにはいかない物事を想定しつつ、自分らしく働いていくためには、どういう備えが必要なのでしょうか。

秋山ゆかり著『自由に働くための仕事のルール』 より、自由に働くために大事なスキルをご紹介します。

20180602_book

同期よりも先にキャリアを積んでおく

たとえば妊娠、たとえば介護。望んでいるもの、そうでないものも含めて、不可抗力な事柄に対応するために仕事をスローダウンしなくてはならないときがあります。そうした中であっても確実にキャリアアップしていくためには、「前倒し」でキャリアを進めておくことが重要であると著者はいいます。

「前倒しキャリア」とは、同期よりも先に経験やスキルを身に着けておくことです。仮に3年分キャリアを前倒ししておけば、その後2年のスローダウン期間があったとしても、カムバックした段階で、1年分のアドバンテージが残っているという考え方になります。

さらに著者は、仕事におけるポータブル・スキルの重要さを語っています。ポータブル・スキルとは、文字通り、業種や職種を問わずに持ち運びできるスキルで、これを身に着けていれば、より自分の能力を生かせる会社への転職や、突然の部署移動でも人材価値を十分に発揮できるといいます。

ポータブル・スキル
業界や職種を超えて、どんな仕事でも必ず求められるスキルで、次の三つの領域に分けられます。

・対他人力 コミュニケーションに関するスキル
・対自分力 モチベーション、忍耐力、持続力など自分をコントロールするスキル
・対課題力 分析力、計画力、実行力など仕事の処理に関するスキル

4ページより引用

逆にいえば、「前倒しキャリア」を活かしていくためにも、このスキルが高くないと、組織の中で十分に活躍することはできないといえるでしょう。

孤独と向き合える「対自分力」をつける

shutterstock_558273469

昇進のタイミングで、急に周囲がよそよそしくなり、“孤独”を感じるという相談を、部下や友人などからよく受けます。

「経営者は孤独だ」という話を耳にしたことがある人は多いと思いますが、これは経営者だけに限った話ではありません。マネジャー昇進、部長昇進、役員昇進などのタイミングで、周囲から「浮いた」と感じることは必ずあります。

94ページより引用

スキルアップしておくべき対自分力として、孤独と向きあう力を著者はあげています。昇進による孤独感や、周囲との軋轢はなにも女性に限った話ではありません。しかし、女性の場合はキャリアアップする絶対数がまだまだ少ないこともあって、同じ立場で相談し合える人が作りにくいのが現実です。だからこそ、女性は孤独感をより強く感じやすいのかもしれません。

心理学で「同調行動」といわれるものがありますが、女性は子どもの頃から「周囲に合わせる」「誰にでもいい人である」ように動くことを教えられてきています。しかし、一定の役職からさらに昇進していくと、必然的に一人で動くタイミングが増えていきます。そして職務上、今まで育んだ関係性から離れなくてもならない状況も出てくるものです。

若くして次長、部長と昇進していった著者も「いつまで一人でがんばっていかなきゃいけないのかな」という思いがよぎることもあったのだとか。しかし、著者は昇進とともにすべてを失ったわけではなく、次の仲間を見つけるための成長のステージに立っているんだということに気がついたのだとか。そう思ったら、今まで悩んでいたことが、たいしたことではないと感じるようになったといいます。

孤独と向き合い、新しいステージに立っていく対自分力。限りなく重要であるといえるでしょう。

構想力は意外と大事。

shutterstock_580601857

① 女性リーダーにはビジョンがないのではなく、ビジョンを生み出すプロセスが異なり、周囲から評価されにくい
② 具体的な事実や分析結果、細部をないがしろにするのを危険ととらえ、根拠のないビジョンに基づいて指示を出さない
③ 女性はビジョンを重要視しない

137ページより引用

フランスのビジネススクールにおける調査結果によると、戦略の新たな方向性を指し示す「構想力」について、女性は男性に劣っているという結果が出たのだとか。それ以外のリーダーシップ項目のほとんどは女性の方が男性よりも高い評価を得ているのに、唯一劣っているのが「構想力」。この結果をさらに掘り下げたものが、女性リーダー3つの特徴であるといいます。この陥りがちな行動パターンを認識しつつ、「構想力」の向上をはかる必要があるといえるでしょう。

「構想力」は、大きなビジネスを生み出す際に必要不可欠なものであると著者はいいます。目の前にないものを想像して未来をイメージし、そこに対して行動していく対課題力であるといえるでしょう。新しい領域の資料を読んでいくときに、次の2点が重要であるといいます。

・複数の資料にどんな共通点があるのか
・今後どんな技術が発達し、どんな分野が伸びていくのか

聞き慣れない単語や専門用語が何度も出てくる場合は、「わからないことがわかった。何度も出てくるということは、いずれ理解しなくてはならないことだ」と認識。そして、先の2点にだけ絞って斜め読みするだけでも、多くの示唆が得られるといいます。

対課題力を意識しながら「構想力」を身に着ける。女性指導者のウイークポイントである未来を予測する感覚を磨いていきたいものです。

自由に働くための仕事のルール

著者:秋山ゆかり
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,500円(税別)

Image via Shutterstock

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    2. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    5. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    6. これからは「生き方が働き方」に。好きなことを仕事にしていくヒント

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「直感に従えば、必ず答えが見つかる」理由

    10. 雨だけど「髪、まとまってる! 」って歓喜したい

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    3. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    4. もしも部下が発達障害だったら?

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    7. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    8. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    8. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    9. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    10. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    自由に働きた〜い! を願望じゃなくて現実に変えるメソッド

    FBからも最新情報をお届けします。